←戻る
【劇場665】劇場公演 木曜の部エクストラ村 [920番地]
~市内警備中の全車両に告ぐ、逃亡者が市内を南に向かって逃走中!~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7
icon 小松伊吹GM
(生存中)
icon 渋谷凛
(生存中)
icon セレナ
(生存中)
icon 高垣楓
(生存中)
icon オデッセイ
(生存中)
icon 北条加蓮
(生存中)
icon 神崎蘭子
(生存中)
icon 双葉杏
(生存中)
icon 大槻唯
(生存中)
icon 森久保乃々
(生存中)
icon サトシ
(生存中)
icon 神谷奈緒
(生存中)
icon パーシヴァル
(生存中)
icon 橘ありす
(生存中)
icon IA
(生存中)
icon 明石
(生存中)
icon 結月ゆかり
(生存中)
村作成:2016/02/25 (Thu) 22:02:23
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 小松伊吹GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 2407 (小松伊吹02)」
小松伊吹GM 「■はじめに■
ここはアイドルマスターの好きな人を中心に開催されている人狼サーバーです。
アイマスキャラが多いですが、アイマスキャラ縛りではないので気にせずに参加してください。
楽しく自由に人狼しましょうね。


■注意事項■

・COはわかりやすく。基本的には独自の形でいいのですが、他の参加者の事を考えて。
・リスキーな戦略を実行した場合は、その後リスクの影響を受けた人との関係に気を配りましょう。
・霊界・終了後の議論は穏やかに。特に相手の人格などを否定するなかれ。


■初心者の方へ■
人狼・共有になった場合は夜の間に素直に仲間へ自分は初心者だと打ち明けて
どのように動けばいいのか指示を仰ぎましょう。
全員初心者だった場合?開き直りましょう(ぉ
また、その他の役職やわからない人狼用語がある場合は
http://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
で調べるか、過去ログで確認してから参加推奨です。

■経験者の方へ■
この村は人狼をネタにしたアイマス動画をより楽しむために、人狼を知らない人も一度やってみようという経緯でスタートしており、
初心者やプレイ回数の浅い人、ブランクのある人、わかめて鯖以外でしか経験の無い方が多数参加しています。
そのため、細かなミスや用語の誤解、セオリー通りではない言動、タイプが遅く返答や反論が遅いという事がございます。
経験者の方は、その点ご了承していただいた上、間違いを指摘する場合や取るべき戦術を主張される場合は、
何故そうなるかという説明も含めて、あまり強い語調を用いないようお願いいたします。

■マナー(ルールではありません)■

あまり不快感を誘発するような言動は控えましょう。ゲームの楽しみやゲーム性そのものを損ないます。戦犯CO駄目絶対。
本人以外によるニコマスP名での参加もできるだけ控えましょう。
結果から他プレイヤーを責めたりするのも好ましくありません。どちらの結果も人狼なのです。
画面の向こうには他人がいます、熱くなることもありますが最終的に仲良くプレイ出来るといいですね。


★回線等の事情により、投票ボタンを押しただけでは投票がなされていない場合があります。
必ず、「○○さんに投票しました」という表示を確認するようにしてください。
特に、週末等、回線が重い時は気をつけて、締め切り1分前ぐらいには投票を入力するようにしましょう。

名前の変え方:行動内容から名前変更を選んで、発言内容欄に名前を入力して行動
アイコンの変え方:行動内容から追加アイコンの変更を選んで、発言内容欄に番号を入力して行動


■再ログイン方法■
ページを閉じてしまった場合は、以下の方法で再ログイン出来ます。
ログイン→自分が参加している村を選択して「ログイン」をクリック。
→自分の名前を選択→パスワードを入力→「村に行く」をクリック。」
小松伊吹GM 「【四条劇場の特徴】
1--狩人の「護衛成功」と人狼の「狐噛み」判定は出ません

2--夜の共有の「ヒソヒソ」発言(アオォーンの共有ver)は表示されません

3--遺言は前日にしか書けません。温めているネタは今のうちに解放しましょう

4--超過時間でも喋れるけど、狼は独り言になるので相談はできません(共有は喋れます)

5--占い結果と霊能結果は、朝に出ます。呪殺と噛みが同時の場合、狐は生存します」
小松伊吹GM 「■禁止事項■

・PP回避目的を除く村人騙り
・システムメッセージのコピペ使用
・AAを用いた占いCOまたは霊能CO(占い理由は可)
・占い理由と占い結果の同時貼り付け(騙りによる銃殺対応などに差がですぎるため)
・超過前の噛み実行(※超過前噛みは、原則的に全視点で詰んだor狼側の勝ちが確定したor狼側から投了宣言があった場合のみ許可とします)
・かけもちプレイ
・突然死(可能な限りGM付きの場合は回避させるよう努力しますが万が一回線トラブルなどで突然死した場合は必ず謝罪を)
・他者に対する「戦犯」等の発言
・事件前日を含め、昼の会話で初心者であることを明かす行為(騙り初心者COも禁止です。冗談でもやめましょう)
※アイマス村への初参加COはOKです。但し人狼経験の有無は昼間に言わないこと。

昼AAの使用は自由ですが、過度の大型AAの使用は控えていただけると幸いです
またシステムメタに繋がるので、占いや狩人といった村役職の投票は超過時間前にお願いします」
小松伊吹GM 「※13人共有恋人ルール
 
 13人村のときだけの特殊ルールで
 共有の2人を恋人陣営として扱います
 
 すなわち
  1.村陣営
  2.狼陣営
  3.恋人陣営
 の3つの勢力の戦いになります
 
・各陣営の勝利条件
  1.村陣営 :『通常の勝利条件』&『共有の片方(もしくは両方)を死亡させること』
  2.狼陣営 :『通常の勝利条件』&『共有の片方(もしくは両方)を死亡させること』
  3.恋人陣営:『共有2人とも生存して村終了』
     共有の相方が死んでも後追いはありません。負け確定のまま生き続けましょう。 

・初日犠牲者が共有だった場合
  恋人陣営は不在です
  共有は村人陣営扱いとなり、CO禁止です
  この場合、他のプレイヤーは恋人陣営不在を知らないまま戦うことになります」
小松伊吹GM 「【四条劇場からのお願い】

1.戦犯とか軽々しく口に出してはいけません。

自分の立ち回りがうまくいかなかったのは残念な事です。
でもそれで自分戦犯とか言い出すのはいかがなものでしょうか。余計につらくなるだけですよ?
あ、人を戦犯とか言うのはもっとNGです。
開始後だからとて人を呪わば穴二つ。出来るかぎり他参加者を尊重してさわやかに終わりましょうね

2.まったり仲良くいきましょう。

勝利を求めるのも一つの楽しみ方ではあります。
でもそれだけだと疲れませんか?
時にRP、時にしっかり。メリハリは大事ですけどガツガツしすぎずほどほどにゆるく、まったりと。
みんな仲良く終了後も和気藹々。それがプロデューサーの目指す理想の公演です。
できれば、協力してくれると嬉しいです。

3.他の参加者を尊重しましょう。

相手も人。その言葉は『自分のやり方』を意識しているとついつい忘れてしまいがちなポイントです。
いや、わかっていても「その考えをしている人はおかしい」
とか思ってしまう時だってあります
でも、そこは結構大事なのです。
やりすぎなければ殴りあうもいいでしょう。論戦もいいでしょう。
でも、勝敗が関係無くなった時・・・
例えば、霊界や終了後に於いて
「言い過ぎたかも」「ごめんね」などの少しのフォローで構いません。
「これが正しいから私は悪くない」ではなく、相手が傷ついているもしくは気にしているようならフォローも忘れずにしましょう
ちょっとした気遣いが、場の空気をよくしてくれます。」
小松伊吹GM 「開始予定は22:30!
入ってきていーよ!」
小松伊吹GM 「開始予定は22:30!
入ってきていーよ!」
小松伊吹GM 「失敗失敗、てへっ」
渋谷凛 が入場しました
渋谷凛 「よろしく」
kari が入場しました
kari 「よろよろしくー」
小松伊吹GM 「おっと、来てたね!いらっしゃい!」
高垣楓 が入場しました
高垣楓 「こんばんは。」
小松伊吹GM 「楓さんいらっしゃい!」
オデッセイ が入場しました
北条加蓮 が入場しました
小松伊吹GM 「変わった人が来たね……いらっしゃい!」
北条加蓮 「北条加蓮 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 2249 (北条加蓮03) → No. 1259 (北条加蓮)」
高垣楓 「きちゃいましたー、伊吹ちゃん」
北条加蓮 「こっちかな。
こんばんは、よろしく」
小松伊吹GM 「加蓮もいらっしゃい!
トライアドが二人だね!」
オデッセイ 「火星でなんとか生き残るよ!」
神崎蘭子 が入場しました
双葉杏 が入場しました
神崎蘭子 「闇に飲まれよ!」
双葉杏 「さむいさむい」
北条加蓮 「まあ、凛もいたしね」
北条加蓮 「はい、やみのま>蘭子」
かり が入場しました
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → セレナ
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 2408 (セレナ)」
小松伊吹GM 「連続して濃いのがきた!?
シンデレラプロジェクトからふたり、いらっしゃーい!」
仮 が入場しました
セレナ 「改めてよろしくね」
北条加蓮 「凛 」
神崎蘭子 「や、やみのま……!?」
小松伊吹GM 「仮の二人もいらっしゃい!」
かりり が入場しました
神谷奈緒 が入場しました
パーシヴァル が入場しました
パーシヴァル 「ふん……」
北条加蓮 「そういえば奈緒がいないね」
小松伊吹GM 「お三方ご来場!
トライアドプリムスも揃ったね!」
北条加蓮 「あ、いた」
セレナ 「あーBINGOにならなかったね TP縦1列」
神谷奈緒 「遅くなったが宜しくー」
神谷奈緒 「居るぞー!?>加蓮」
渋谷凛 「ただいま
って加蓮も来たんだ」
神崎蘭子 「コキュートスの息吹に我が身打ち震えん、温もりを……」
小松伊吹GM 「奈緒、蘭子、凛でトライアドプリムスだった……?」
神谷奈緒 「凛まで、私もいるぞーーー!!??」
橘ありす が入場しました
北条加蓮 「・・・えーと」
神崎蘭子 「散りばめられしトライフォースの欠片、今ここに集えん」
橘ありす 「よろしく」
神谷奈緒 「くっ…二人して気づかない弄りとは…」
渋谷凛 「奈緒もか」
kari が入場しました
神崎蘭子 「我が身は既にトライフォースのひとつであった……!?」
北条加蓮 「冬の風にさらされて体が震えてる」
kari 「こんばんはー」
神谷奈緒 「そうそう、私も居るんだよ>凛」
kari5 が入場しました
北条加蓮 「おでんください でいいかな>蘭子」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 大槻唯
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 708 (大槻唯)」
渋谷凛 「いや私は単に待ちくたびれて今帰って来た所だから>奈緒」
「仮 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮 → 森久保乃々
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 1818 ([おどおど狩人]森久保乃々03)」
神谷奈緒 「ん?加蓮、カイロはもったか、マフラーは
寒さを放置してると、また寝こんじゃうぞ!?(わたわた)>加蓮」
大槻唯 「クローネも結構そろってーんじゃん。トライアドもありすちゃんもはろはろー」
オデッセイ 「妖怪一足りない状況」
神谷奈緒 「あ、そうなんだ
よかったー>凛」
渋谷凛 「そして二人には話さなきゃいけないことがあるんだ」
小松伊吹GM 「ありすと仮のふたり、いらっしゃーい!」
森久保乃々 「あの…よろしくお願い…」
神谷奈緒 「唯もよろしくー>唯」
森久保乃々 「むーりぃー…」
神谷奈緒 「ん?なんだー?>凛」
北条加蓮 「もう少しずつあったかくなってるし・・・
そ、そこまでもう体が弱いわけじゃないから・・・>奈緒」
橘ありす 「パー様をかけたアイドルたちの戦いですか?」
渋谷凛 「実は私、ずっと自分をクールタイプだと思ってたんだけど喰種タイプだったんだ……」
神崎蘭子 「お、おでん……?」
小松伊吹GM 「まあまあそういわずに!>むーりぃ」
北条加蓮 「温もり<おでん」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → IA
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 2075 (IA)」
神谷奈緒 「そうはいってもだなー、季節の変わり目のほうが体調くずしやすいって
いうだろー?>加蓮」
IA 「いあー」
神谷奈緒 「なんだ、東京喰種のドラマでもやるのか??>凛」
かりぃ が入場しました
かりぃ 「こんばんはー」
渋谷凛 「加蓮は妹タイプだからね
仕方ないね」
パーシヴァル 「取り合う必要など無い
全員俺の家臣だ」
北条加蓮 「いやうん・・・そうはいうけどさ・・・>奈緒」
kari5 「kari5 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari5 → 明石
アイコン:No. 2108 (ドラえもん) → No. 1555 (工作艦「明石」)」
神崎蘭子 「……武士は喰わねど高楊枝! 堕天使にマナなど不要!」
橘ありす 「苺おでんをどうぞ>蘭子さん」
橘ありす 「さぁさぁさぁ」
大槻唯 「全員俺のハーレム?>パーちゃん」
渋谷凛 「プロフィールにちょっと仕込みしてただけなんだけどね>奈緒」
神谷奈緒 「とにかくー、また寝込まないようにこれもっとけ(手袋手渡し)>加蓮」
セレナ 「いや、私はサトシに付いていくから家臣はちょっと・・・>パー様」
北条加蓮 「堕天使は武士だった・・・?」
明石 「明石 さんが登録情報を変更しました。」
神崎蘭子 「む、むーりぃ……!>橘さん」
神谷奈緒 「細かいなー!?>凛」
明石 「よろしくお願いしますね。」
渋谷凛 「だから私がPを食べちゃっても仕方ないよね?」
橘ありす 「いけるマナがあればいける>蘭子さん」
神崎蘭子 「背徳のカニバリズム!?」
パーシヴァル 「パーちゃんはやめろ>大槻」
神谷奈緒 「食べんな!?四方さんにでも頼んで、食料もらってこい!!>凛」
小松伊吹GM 「おっと、埋まってた!
ご来場感謝、だね!」
パーシヴァル 「後、妻は一人で良い」
小松伊吹GM 「準備やRP決めが終わったら開始投票お願いね!」
かりぃ 「かりぃ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりぃ → 結月ゆかり
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 1541 (結月ゆかり02)」
橘ありす 「あなたはロリコンですかそれともロリコンですか?>ぱーちゃん」
神谷奈緒 「パーちゃんがだめなら…パーマンはどう?>パーシヴァル」
結月ゆかり 「ここでゆかりさんのエントリーだァ!」
北条加蓮 「グールがプロデューサーを食べたらただのホラー映画のような気が・・・
というより私はグールとユニットを組んでたのかな・・・」
渋谷凛 「え、しょうがないなぁ
じゃあ
私がPを食べ(意味深)ちゃっても仕方ないよね?」
神崎蘭子 「春がもたらせし恵みの果実を撃ち殺さん神をも恐れぬ所業……!」
セレナ 「それだと人形の鼻を押す系ヒーローじゃん>奈緒」
IA 「ゆかりちゃんだー」
パーシヴァル 「今のところ女の好みは無い。小児性愛主義者でも無い>橘」
明石 「時速119キロで飛べそうな人ですね>パーマン>奈緒さん」
神谷奈緒 「むっ?それはダメか…>セレナ」
渋谷凛 「そういう乗ってくれる二人が好きだよ私>加蓮、奈緒」
橘ありす 「そんなあなたに杏さんを譲渡します」
神崎蘭子 「否!>渋谷さん
魔王の盟約により彼の者の魂は魔王たる我が手中に有り!」
パーシヴァル 「皆してあの駄犬みたいな呼び方をするんじゃあない!」
神谷奈緒 「意味深ってなんだよ!?意味深って!?>凛」
かりり 「かりり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりり → サトシ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 2293 (サトシ)」
神谷奈緒 「なっ!?なにいってんだよー!?>凛」
神崎蘭子 「け、契約はいまだ結ばれせずなれど……」
パーシヴァル 「キングは一人! この俺だ!」
セレナ 「サ、サトシ!?」
パーシヴァル 「誤爆した」
橘ありす 「人は苺を食べたことで知恵がついたって言われるくらいだからね>蘭子さん」
渋谷凛 「パーシヴァルで体柔らかいロリッ娘思い浮かべたらアラサー」
北条加蓮 「まゆとかそのあたりを突破できたらいいんじゃないかな・・・」
明石 「Pさんもモテモテのようですね」
サトシ 「なんだ、セレナもいたのか!
一緒に頑張ろうな!」
神崎蘭子 「されど、来るべき黙示録の日には!」
セレナ 「う、うん・・・///」
神谷奈緒 「まゆぇ…>加蓮」
北条加蓮 「それ林檎じゃないかな>ありすちゃん」
橘ありす 「年上の方々はPさんという架空の人物を奪い合ってる」
明石 「うちの鎮守府もシュラバヤ沖開戦がおきてなきゃいいんだけど」
渋谷凛 「ふーん
蘭子って分かりにくい言葉使うようで
プロデューサーの事だと分かりやすいよね」
神崎蘭子 「アダムとイヴが口にせしは春の恵みたる宝石であった……?」
橘ありす 「苺のお薬出しておきますね」
神谷奈緒 「架空なのか!?あそこで、なんか仏頂面してるあのPは
架空だったのか!?>ありす」
小松伊吹GM 「大丈夫そうかな?
じゃあ凛はタイミングを見てカウントよろしくね!」
北条加蓮 「まあ凛が先陣切って疲弊した後に私がラスボスとして現れるよ」
橘ありす 「え?何が見えてるんですか>奈緒さん」
北条加蓮 「左手には奈緒」
サトシ 「キング……パーシヴァルはポケモントレーナーの王様なのか!?」
神谷奈緒 「加蓮の場合ラスボスとして出てきても
病弱で、疲弊してそうなんだよな…」
渋谷凛 「じゃ
ククク、凛はこの中で一番の小物」
北条加蓮 「やられてる!?」
渋谷凛 「トライアドの面汚しよ」
橘ありす 「トライアド

蘭子
奈緒」
セレナ 「四天王ネタかしら?」
橘ありす 「こんな感じですか」
明石 「もしろ薬草や回復魔法で倒せそうですね>奈緒さん」
パーシヴァル 「どっちかというと決闘者の王様」
神崎蘭子 「自傷せし堕天使!?」
神谷奈緒 「なんで、私左手なんだ??」
北条加蓮 「なんか酷いこと言われているような気が」
渋谷凛 「我ら三天王のグワーッ」
オデッセイ 「床上手?(難視)」
サトシ 「四天王!?
もしかしてあの四天王なのか!?」
パーシヴァル 「なお中の人は5D'sと無印以外分からん模様」
神谷奈緒 「ゾンビ系じゃないからな!?一応、そっちけいじゃないはずだからな!!??>明石」
結月ゆかり 「ゆかりさんはカイザーフェニックス派です」
北条加蓮 「・・・(にこっ>奈緒」
セレナ 「もうやられちゃったんだけど・・・勇者は空気読みなさいよ」
渋谷凛 「打ちきり」
ゲーム開始:2016/02/25 (Thu) 22:34:59
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
セレナ 「よろしくね」
双葉杏 「よろーっと」
双葉杏 「杏はもぐりたいかなー」
橘ありす 「苺ロード」
「◆小松伊吹GM 『市内警備中の全車両に告ぐ 逃亡者が市内を南に向かって逃走中
幹線道路を封鎖し、逃亡者を捕獲せよ!』
なんてね、今日はご来場ありがと!
この村はアタシ、小松伊吹とプロデューサー(伊吹疾風◇1qfrROV/6o)でお送りするよ!
聞きたいこととか言いたいことあったら遠慮なく『>GM』で言ってね!」
セレナ 「今回は潜伏するわ サトシの呪殺対応だけはしておくね」
双葉杏 「やりたい事があるんだったら合わせるけどね」
橘ありす 「ブクブクブク」
「◆小松伊吹GM 四条劇場では、木曜日以外にも村が立ってるからよかったらそっちもよろしくね!

・月曜日の初心者村       (GM:イズーンさん、ykkさん)
・火曜日の普通村        (GM:サリエルさん)
・土曜日の闇鍋村        (GM:スケアクロウさん)
・月に一度、月末日曜日の女神村 (GM:ykkさん)

この四つがあるよ!これ以外にも、不定期に村がたったりすることもあるから
予定が空いてる時なんかは来てくれると嬉しいな!

ちょうど今週の日曜日は女神村の日だからね!」
橘ありす 「んー」
橘ありす 「誰も騙らない」
橘ありす 「新しい」
「◆小松伊吹GM 木曜日の村も、プロデューサー(伊吹疾風◇1qfrROV/6o)と
有栖酸さんの二人で交互に毎週お送りするよ!」
橘ありす 「ッて言うことで、弱いけど騙るね」
双葉杏 「じゃあおねがーい」
橘ありす 「呪殺対応とかできないからよろー」
セレナ 「ありすちゃんお願いね」
セレナ 「さっきも言ったけどサトシ狐で呪殺の時は私が出るわ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
小松伊吹GM は無残な姿で発見されました
神崎蘭子 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
小松伊吹GMさんの遺言                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : :``丶
.             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
.           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ‘:,
          /: : /: : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.‘,
            /: : /: : : /: : : :./: : :/|: : :/\: : : : : : : : : : :.‘,
.           |: :./: : : /: : : :./: : :/: |: :/   :,: : : : : : : :. :. :.‘:,
        /: /.:. :. :.|: : : :/: : :/  |斗----ミ: : : : : : : : : : : |
     _/イ:. :. :.:.斗-‐/|:. :./  |/     :,/|: : : : : : : : : |
      /  :|: :/: : : :|:/ :|/     ,ィf竓≧ミ: :./: : : :. :./
.     /   ∨:. :. :.寸≧ミメ     〃んしハ }} /: : : : : /
..    /    ,∧: :/: :人 ∨し:,.      乂::.ツ,ノ:/: : : : : ∧      おつかれさま!来場ありがと!
.    /    /::::∨:ト : : :.ゝ''^     :.:.:.:.:.: /: /: : : : イ  〉
   〈    |::::::: Ⅵ:::〉__:., :.:.:.:.   ′    /イ: : : : : :{_,,/
     \   | :::::::: /: : :込、   、_ ノ  イ: ≧===≦:\
..     \ l::::::::: |: /: : : : : 〕iト  ___,,.. く /: : : : : : : : : : :乂_     せっかくだし楽しんでいってね!
         7 >┐_|//: : : : : : : : : : : }    ./: : : : : : : : : : : : : 「
.       /   /_ノ,人: : : : : :/ ̄ ,ノ   乂: : :/: : : /: /: :/
      〈   __ } /\{ヽ//\        }/}: :/}/Y
.        ∨ニニ\|   ∨/     /__ // ``ヽ  |
          |\ニニ=|  //          / /     |. ‘:,
       /  :}二= | .//          / /      :|/ /
     // ̄/二=/∨〈    /      ,/ /       / .〈
神崎蘭子さんの遺言

                〃ヽ     ァ⌒\ヾ、ァ=、
                    <ヾマ/ ̄ ̄\ 。oィ⌒ハ ヾ,。o∞
           /7 ,イk≧ /  「  ヽ \ .Y了不Y §
         アヽj:{ j! V, |  (●)(●) | 圦、ゞ从jo°
     ィニ 、ィ(〈‐-。ooooo |     |     |..ト込tftャわア⌒ゝ‐、
     |', ,圦 ` ̄ ̄´ §..|   __´_  |   !}トミ.`≠´くノア,ハ
     V ヽふゝ、__` ̄§ .|   `ー'´   |   ...,ゝ、` ̄ア //、 、
     ハ、 \`ー=ニ§/i!..ヽ       |   〃〆ァ<,_彡 イ≦ハ
      ゝ、\≧=二彡° i ヽ     ノ  .个〈 `ー辷=-_ノ´ノ彡'′)
       `¨┬r=‐'′   〈IIIIIYiな<jレ'′ `Vマン   `トニ´∠ニ≠′
       、_)ノ ,≠=、_/しj彡‐ァ-、不Yj、,z、j         (f`ヽ
           |::|`</宀'ア,ニニアァァzzゥ-ミテーァ     ァ≦三三二>  ァ=ニ7
           `ミヽ{(抔^ノ ニ弌;サ,r彡<>;;斗'"      {::!   ♂°  /ニニ7
        ___ >亢イ,ィ 仄j}〉ァr‐…≦t、il|       ,ゞゝ §  /ニニニ7
       /::/´⌒アァ{苡)}乍≧r{从〈、-=ニ=- ’i!   r气ヽjイ⌒廴_‰仁ニニニ。o∞o
       {::ゝァ≦¨;;;;≧茨f_:.;苅メ、;;〉〉-==-/ニ{r=ニ≠、ノ勹/_ jイ⌒j:)%ニ§ニニ≧,
       ‘ ⌒TI´⌒'i`~`廴〈£;/λ-=ニ-《ニ∥二《ノヽフ≧、jo∞oニニ§=§≠⌒ヾj
          L≧、 |  .|! 〉Yiヾ>、=\;〉=j!≠,イくイ > }iヽ、iレ:/≠♂X§====-、
        i〔   `‘ l   l∨;1;|i-=====-`二ニ―(/ ヘ-¬ー'≦リtニo°o∞。ニ<´ ̄ `
        マ\   |  !}ゝl ;|!=========‐r=┘__ノ-く´〉::{!{/、了メ&ニニ&ニニヾ二二ア
         マニム  。   ノ,ア|;;| `マ≦´⌒之_(ーノ⌒ハ{::ヽ.V`lヽ、ン`マニ§ニニニ`く
         ヾニニ>'ゝ-'イ.ノ|;;|うイ/ァ、_): :\: :\アメ⌒:::λ }r‐、ヽ、ニニニ§マニニニニ、
          ゝー=={ 圦ヽ;;|`Y彡: :ヾ_i、ィ二く ァ^::彡 〉jf辷;イ ノニニ♂ムニニ`マニニム
       _ -=ニニニニ/~ .ァ刈;;ト、≧ア: :>ij て)^"´::二∠=イ二ノoo♂ニニムニム `マム
     ≠=¬´ ̄アニニ=゙ー/´.|;;|`込`ミ、_>::Y⌒´ノアァ´ニ§§iイ´ ̄へニニニハニム  ヾハ
   /≠´  /ニ{ζ\<イ〉 .|;;| \-∞o∞\ノ二ノ∞o。&♂ニマム ζィ'f>、ニリニハ   リ
   '’    /ニニニム∫、 ´イ゙、 |;;| ヽ、` ~ァ§ニニ≧=―-ァ二ニ≠ノ  マ才'\ニニ}
       /ニ>´ ≠)と__λ_.〉|;;| i\.\丈゙=&%ニ≪、ハ_>く >´''´    マニ`マ\ニ≧、ノ
      />´  ≠{^<¨´  ァ'~.|;;|.|  ` 、\ー&-‰'′/:.:.T ̄        ,ニニムヾハ` ̄´
      〃   /=/ヽヽ ̄∨イ´|;;|.|-、_ `¨´ ‰ °':.:.:.:.:。  ァ‐''¨¨¨¨¨¬j!ニニハ ヾ、
      {{   lア≠ニ辷=┐ヘ、 /.|;;l」  丶、    ,イ:.:,:イぅλ′   -‐―-、 i{ニニ|  .}.}
     リ   /ニ≠イニニニ=-ア: :.|;;l -、   ` 、 ∠`_。s企イi . :'": : : : : : : : トニニl|  リ
        /≠=アニ/  〃.: ::|;;|: : :.`ヽ,  ,仁ニ.ア 〉、ニニニλ : : : : : : : : : : l マア  ´
        ;≠   lニ/ ,イ/: : : :i;;| : : : : : :ソ/ニニ/ /ニムニイ ゚.: : : : : : : : : : :| 〃
       K    V´,イニ/: : : : :|;;| : : : : / ニ/ ,ニニムニ}  。: : : : : : : : : :!
           ー≠'" .: : : : : .j:;;ト,: , ′ノ ´  /ニニニ〉'   ヽ: : : : : : : : :`ヽ、
              ノ: : : : : :〈=f/     ≠ニ>´     ヽ: : : : : : : : : : : `: 、
            . . :'´: :j: : : : : :}l }      '"⌒         ヽ: : : : : : : : : : : : :\
          /: : : : :'": : : : : /¨                   ヽ; : : : : : : : : : : : : :ヽ
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
「◆小松伊吹GM それじゃ、みんな頑張ってね!
そしてなにより楽しんでね!」
神谷奈緒 「凛ーーー!!あの無駄にB級ギャグマンガ
っぽい演出はなんだったんだーーー!!」
北条加蓮 「おはよう。こんなに着込んでると動きづらい・・・(もこもこ
なお、ここまで着こまなくても大丈夫だからさ、脱いでいい?」
パーシヴァル 「王者の鼓動、今ここに列を成す!
天地鳴動の力を見るがいい!
シンクロ召喚! 我が魂、レッド・デーモンズ・ドラゴン!」
双葉杏 「占いCO
神崎蘭子●○」
結月ゆかり 「おはようございます。」
森久保乃々 「占いなんですけど…帰りたいんですけど…
蘭子さんは○●…です…」
セレナ 「おっはよー!!」
サトシ 「なんかすげえスピードで走る青いポケモンを見たぜ!
今まで見たことないやつだ!」
神谷奈緒 「…酷いものをみた<蘭子の遺言」
橘ありす 「おはようございます」
北条加蓮 「あ」
双葉杏 「光の早さで左を占うとどうなるの?
リアルな話すると多分お前の住んでる街が消し飛ぶ
光速で左占いほどの質量(約200?300グラム)
の物体が動いたら想像を絶する衝撃波が発生する
ましてそれが地表と激突したら地球がヤバイ
お前の左占いで地球がヤバイ
さらにリアルな話をすると、
今現在の理論では物体は光速に近づくにつれ
質量は増加するので射出された左占いが光速なったなる為、
瞬間に質量=∞(無限大)と重力崩壊を起こし想像を絶する
ブラックホールが発生するそれが一瞬で太陽系飲み込み、
5秒以内に銀河を飲み込むのでお前の左占いで宇宙がヤバイ
また左占い側をリアルに説明すると、
光の速さで左占いをすると、左占いはスターボウを見る。
左占いの後方は漆黒の闇が、そして左占いの進行方向には
全ての周囲の風景が一点にあつまるように見える。
そして、ドップラー効果で七色に輝いて見える。
お前の左占い素敵。」
オデッセイ 「おはよう~」
高垣楓 「占いCO 占い先:神谷さん ○」
森久保乃々 「占いとか、むーりぃー…
とりあえず、14歳ということで占っておきます…」
明石 「工作艦、明石です。泊地での応急修理ならお任せください! 第一線での艦娘をサポートしますね!」
パーシヴァル 「消し炭になっておけ>遺言」
IA 「おはよー」
サトシ 「霊能者だぜ!」
神谷奈緒 「占い3ねー」
橘ありす 「楓さん吊ってまた明日」
オデッセイ 「だぶるで○●! ダブルで○●!!」
IA 「霊能CO」
高垣楓 「理由
アイコンが紫で、狐持ってそうなので銃殺狙いで占った」
パーシヴァル 「早速破綻した占いがいるんで吊っておけ」
大槻唯 「共有CO! 相方生存中!」
渋谷凛 「そして
やられたと見せかけてラスボスとして復活する私」
明石 「あ、楓さんは共有なら撤回しておいてくださいね」
双葉杏 「蘭子、さらば
シンデレラガールの蘭子ではいろいろ転がして儲けさせてもらったよ」
橘ありす 「これが苺ぱわーです(手をかざしながら」
セレナ 「とりあえず霊共有は伏せて」
サトシ 「……」
オデッセイ 「と言うことは溶けたという話ですね(´・ω・`)」
北条加蓮 「おっと、そうだね。楓さん吊りで」
セレナ 「って思ったけど遅かったか」
IA 「ほむ…」
森久保乃々 「えーと…その…対応されてるんですけど…
真のアピールとか」
結月ゆかり 「蘭子さん(?)が闇に飲まれましたね。
今日は高垣さん吊りで良いかと思います。
と打ってる途中にポンポン役職が出てきて草が」
大槻唯 「あー、じゃあもうでてきていいよ>相方」
高垣楓 「共有COにスライド」
森久保乃々 「むーりぃー…」
オデッセイ 「3-2-1把握」
パーシヴァル 「人外露出しすぎィ!」
セレナ 「今日は楓さん吊りね 」
サトシ 「呪殺出てるから伏せる必要はないんだぜ>セレナ」
橘ありす 「楓→霊能→霊能
苺パワー」
神谷奈緒 「なんというか、楓さん
また来週ー!!神谷が神埼にみえたが
神谷って私じゃないかよー!!」
高垣楓 「相方はゆいちゃん」
セレナ 「あ、ハイ」
北条加蓮 「霊能は出ちゃったからいったんそこは」
双葉杏 「「神」しかあってない騙りがいるからみんなでマサラタウン張りにさよならばいばいしよっか」
オデッセイ 「2-2-2確認、霊ロラがど安定かな~?」
パーシヴァル 「ウッソだろお前……>楓共有」
サトシ 「呪殺で潜る意味ってあるのか?」
北条加蓮 「・・・なるほど・・・え、そういう・・・え・・・?」
橘ありす 「それじゃあ霊能ロラってどうぞ」
双葉杏 「なーんだ>共有騙り」
渋谷凛 「奈緒>え、私が後々復活する前フリ」
神谷奈緒 「…銃殺対応間違えた共有騙りって意味あんのかこれw」
橘ありす 「ないよ>サトシ」
結月ゆかり 「アッハイ。 楽していい村なんてないって事ですね。わかります」
橘ありす 「サトシさん」
パーシヴァル 「本当に共有らしい」
IA 「まあ、神谷さん釣って霊能ロラで狩人保護で共有か占い指定でゴリ押しで行けるね」
大槻唯 「うん。楓さんは会い方だよ。」
北条加蓮 「あーじゃあ霊ロラするの。どうなの?」
神谷奈緒 「復活すんのかよー!?>凛」
明石 「じゃ、霊ローラーで基本的に狩人が頑張るゲームですね」
IA 「あっはい>スライド」
森久保乃々 「えーと…霊能に混じってないならロラでいいと思うんですけど…」
橘ありす 「やりたいからやるただそれだけ>奈緒さん」
神谷奈緒 「あ、ちなみに共有騙りって
共有が占い騙ったって意味ね」
高垣楓 「ごめんなさいね。真占いを1日でも生き残らせるために出ちゃった」
双葉杏 「あんねー
占いを騙るんだったら、もっと即効中の即効ででたほうがいいよ>楓さん
占い騙る意味って言ったら、騙り抑制くらいしかないんだけど、遅いと語り抑制にもならないからさ」
パーシヴァル 「じゃあ霊ロラでいい(謙虚)」
セレナ 「結局2-2だったのねー まぁ占い初日ないんだし霊吊りでいいかなーって」
IA 「狩人頑張ってイキロ」
神谷奈緒 「まあ、よくある理由だなー>ありす」
オデッセイ 「で、どうするの? 6吊り4人外、ぼかあ色々なことを考えて霊ロラ推すけど、他の人はどーなの? 」
北条加蓮 「まあこれ占い師残し続けるパターンでもいい気がする」
サトシ 「じゃああとは頑張ってくれよな!」
渋谷凛 「理由も速度も似たり寄ったりだから
まぁ明日次第かな」
セレナ 「まぁ国王はときに謙虚な姿勢がないと指示されないしいいんじゃない?(適当)
>パー」
橘ありす 「今日は苺パワーが強すぎて共有にあたってしまったパターンが濃厚ですけどね>奈緒さん」
IA 「しょーじき状況的に霊能ロラしてでいいかなぁ」
サトシ 「オレは録画したポケモンを見てるぜ!」
オデッセイ 「この呪殺対応はしかし強いの しかもダブルで○●出してるし、囲いがないのは楽だけども」
結月ゆかり 「まぁがんばりますよ。ニートロイド出ないところを見せてやります。
(なお2日後から)」
森久保乃々 「えーと…その…どうしたら…
人外狙いでいいんですよね…?」
高垣楓 「ライン戦をするならグレラン、そうじゃないなら霊能ロラがいいかな」
北条加蓮 「方針的には話すことが特にない感じだね。
まあ占い理由とかをふむふむと見ながら考えてく」
セレナ 「そうそう私のトライポカロン回が放送するんだよね!!ただ地方の都合上
見れないんだけど・・・」
渋谷凛 「Vガンでも最初にやられた変態覆面がラスボスだし>奈緒」
高垣楓 「ゆいちゃん、どうする?」
橘ありす 「逆に聞きますけど
霊ロラ今更言ってる人は
それ以外にやりたいことあるんですかね?苺ですか?」
パーシヴァル 「占い2人の理由がどっちも似たり寄ったりだから正直な話見極めるのが難しいくらいしか言うことが無いな」
神谷奈緒 「苺パワーってなに!??>ありす」
大槻唯 「霊脳ロラで、サトシ君からでいーい?」
双葉杏 「霊能ローラーしちゃだめな状況って実はあんまりない>オデッセイ
16人村で初日銃殺だしちゃった場合にちょっと考えるかなってくらい」
IA 「というわけでわっちはスヤァするぞ!(どっちにしろ釣られる」
オデッセイ 「いぎなーし」
北条加蓮 「ライン戦はおそらく霊真狼想定でないと厳しい気もする>楓さん」
サトシ 「えー」
神谷奈緒 「お、おぅ…クロノクルぇ>凛」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
渋谷凛0 票投票先 →サトシ
セレナ0 票投票先 →サトシ
高垣楓0 票投票先 →サトシ
オデッセイ0 票投票先 →サトシ
北条加蓮0 票投票先 →サトシ
双葉杏0 票投票先 →サトシ
大槻唯0 票投票先 →サトシ
森久保乃々0 票投票先 →サトシ
サトシ14 票投票先 →IA
神谷奈緒0 票投票先 →サトシ
パーシヴァル0 票投票先 →サトシ
橘ありす0 票投票先 →サトシ
IA1 票投票先 →サトシ
明石0 票投票先 →サトシ
結月ゆかり0 票投票先 →サトシ
サトシ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
双葉杏 「めんどっちいなー
初日銃殺だした占いとかPCの調子悪くなって潜伏すれば良いのに」
橘ありす 「ありがとうございます>杏さん」
双葉杏 「信頼勝負にいくとして、無駄吊り1を稼がないとだめ」
セレナ 「まぁまぁ、呪殺対応ありがとね?>杏」
橘ありす 「●引かれなければグレランだし」
橘ありす 「なんとかなるなる」
双葉杏 「二人ががんばりたいんだったら即噛んでもいいよ」
セレナ 「私はどっちでもいいとは思うけど」
橘ありす 「どっちでもいいよ」
橘ありす 「対抗噛むなら狩人日記つけなくちゃだけど」
セレナ 「せっかく呪殺の心配いらない状況なんだし続行したらいいんじゃない?とは思ってるよ」
双葉杏 「んじゃ、今日のところは灰噛むわ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
神谷奈緒 は無残な姿で発見されました
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
明石 「クレーンにあまり触ったら危ないですよ?……あっ!そこはもっと危ないです!」
双葉杏 「占いCO
結月ゆかり○」
パーシヴァル 「占い噛まれたら役吊りきりで構わん」
渋谷凛 「サトシから吊った理由:巨乳幼馴染みとかそんなリア充許されざるだよ
巨乳年上ジムリーダーがいるじゃない」
IA 「霊能結果:サトシ○
投票者:サトシ以外の全員」
森久保乃々 「なんですかこの状況…いぢめですか…
加蓮さんは…○…です…」
オデッセイ 「おはよ~」
北条加蓮 「パーシヴァルがなんか余裕なさげに見えるのは気のせいかな。単純なイメージ。
明石と凛が沈み気味で、ありすちゃんが飛ばし気味。
奈緒は奈緒だね、って感じ。」
橘ありす 「苺ございます」
結月ゆかり 「おはようございます。銃殺出た時の反応から、占い師の印象は杏さん>森久保さん に見えますね」
双葉杏 「霊能ローラーっていうのは、1人外吊れるけど、確実に1村陣営吊っちゃう戦法でもあるわけで
初日に銃殺できたから、1人外減っているって事を考慮しても、発言数の少ない明石、凛、ゆかりあたりは全部吊りでケアはちょっとやりたくない
ってことで、占いのほうでケア」
セレナ 「おはよー」
高垣楓 「おはようございます。」
橘ありす 「◇北条加蓮 「ライン戦はおそらく霊真狼想定でないと厳しい気もする>楓さん」
>村に取って連携のとれない狼-狂って厳しくはないよね」
森久保乃々 「発言が多い場所は吊れないので人外だと厄介なので…
…初日から人外見つけるとか、むーりぃー…」
パーシヴァル 「狩人生存確定なら良い」
大槻唯 「おはよー。」
渋谷凛 「な、奈緒ーーー!
奈緒がかまれたら……」
橘ありす 「んー」
パーシヴァル 「あ、平和じゃなかった」
オデッセイ 「これは狩人狙いだよなあ~ 怖いなあ」
セレナ 「うーん呪殺でたはいいんだけどどっちもどっちって
感じなんだよねー

だか占い師に関してはまだなんとも言えないって感じ

明石さんの中身が醜いから占ってほしいってかんじか」
双葉杏 「遺言ないから、結果隠し出来ないのがいやだな~」
明石 「灰抜きですか
慎重な狼さんなんですね」
渋谷凛 「いったい誰が私にツッコミ入れるの?」
橘ありす 「ぱーちゃんどういうこと?
◇パーシヴァル 「狩人生存確定なら良い」
>希望?確信?
森久保乃々 「初日があるので確定はしてないと思うんですけど…>パーシヴァルさん」
北条加蓮 「あー、単純にライン戦にならないんじゃない? と思ったってのが>ありすちゃん」
IA 「まあ、割りと厄介な方の結果かねぇ」
オデッセイ 「とりあえず霊ロラ続行で明日から勝負」
北条加蓮 「え、そこなんだ・・・>凛」
結月ゆかり 「北城さんの腕が…  右か左かは忘れましたが」
セレナ 「それにしてもサトシに投票させるなんて・・・・共有の鬼ー!!」
橘ありす 「New→勘違い」
双葉杏 「遺言があれば真決めうちしてもらわなくても、霊能ローラーしてる間に隠せるのに」
パーシヴァル 「灰噛むってよく分からんが噛んでくれるなら別に構わん。
見る必要もなくなる」
パーシヴァル 「平和が出たって思ったの!(ばんばんばんばん)」
大槻唯 「んー。狩人狙いかな」
北条加蓮 「でも奈緒が噛まれたので左手の盾・・・
もといトライアドが寂しくなっちゃう」
森久保乃々 「って釣られたけど共有ですら無いんですけど…その…本当にどういう意味ですか?>パーシヴァルさん」
双葉杏 「遺言がなんにもないと、死体なしと勘違いする人が居るってものの文献でみたことがアル>パーシヴァル」
橘ありす 「苺上げます
機嫌直してください>ぱーちゃま」
結月ゆかり 「北条さんって一発変換できないからめんどくさいですよね。辞書登録終わったらしときます。」
渋谷凛 「というか占い死んでると思ったがそんな事はなかったぜ(アイドルマスターヤマト)」
高垣楓 「狩人狙いなのは噛みから見てわかることですから、狩人には抜かれては困るところを守ってくれれば嬉しいわ」
北条加蓮 「パーシヴァルは空にいないので余裕がないみたいなの」
オデッセイ 「しかし神谷噛み…… 寡黙でもなくかと言ってはしゃぎ過ぎでも無かったわけだから、なかなか んで、占いもダブルでそれなりの喋り位置 んー 寡黙に一人、激しい所に一人 占い師 で3狼と読むが が、それは予想だから外すかもしれない」
IA 「狼結果であれば占いを完全に放置で進めたがこの結果だと占いが噛まれないとどっかで真か決めるかロラの必要があるし
(狼結果でも真どっちか決める必要はあるちゃあるのだが」
パーシヴァル 「受け取ってやろう>橘」
セレナ 「狩人狙いだとしてもなーって感じなんだよね 
昨日の時点占い師の信用なんて同じだったんだし 
役職抜くきあるなら今日かんでくると思うんだよね」
大槻唯 「起きた事はしょーがない☆ 霊脳ランナウェイでいいかな?」
双葉杏 「発言薄いところをうらなったけど、凛と明石はじつはそこまで占いたくはないんだよねー」
オデッセイ 「とっても好きさ>ランナウェイ」
渋谷凛 「加蓮 つ 左手に剣を。右手に盾を」
結月ゆかり 「占い抜かれないなら狼は初日で信頼差ついたなぁって思ってるんでしょうね。」
橘ありす 「苺のお浸し」
高垣楓 「私はある程度、占いの真偽はつけてるわ
>セレナさん」
セレナ 「まぁ信用勝負してきたとして狼候補が狩COとかされると詰むから
狙ったっていうのはわかるけどね」
北条加蓮 「別にグレーをザックザックしながら(指定ならその方がいい)
両視点で詰めていけばよくない?<占い二人」
高垣楓 「ロラは完遂でいいでしょう」
パーシヴァル 「ぶっちゃけ信用の差などないぞこの占い」
北条加蓮 「つまり奈緒で相手をたたききる>凛」
双葉杏 「凛と明石はどっちも挨拶遅くて、狼だったらそのまま吊ったほうが良いし
村だったら、占って対抗に●でパンダにされるのが嫌」
オデッセイ 「占いはなあ、どっちもどっち。 それが真! って思ったところを仕組んでやっていたら偽だし あえて偽っぽくやってるかも知れんし」
IA 「\チュドーン/ってされる運命なのです!」
北条加蓮 「すごいね奈緒、どうやったんだろう」
渋谷凛 「発言薄いんじゃないよ
研ぎ澄ませてるんだよ>杏」
セレナ 「まぁこれに関しては私の意見だからねー
共有が真偽見えてるならそれはそれでいいよー>楓」
橘ありす 「世界で一番美味しい苺がスルーされてる・・・」
オデッセイ 「まあなんにせよ何処に○が出るか? 何処に●が飛び出してくるか? が明日の焦点ですね」
大槻唯 「奈緒ちゃんはまあ狩人狙いだと思うので、灰をどんどんせばめてねー。よろろ」
渋谷凛 「えっ>加蓮」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
渋谷凛0 票投票先 →IA
セレナ0 票投票先 →IA
高垣楓0 票投票先 →IA
オデッセイ0 票投票先 →IA
北条加蓮0 票投票先 →IA
双葉杏1 票投票先 →IA
大槻唯0 票投票先 →IA
森久保乃々0 票投票先 →IA
パーシヴァル0 票投票先 →IA
橘ありす0 票投票先 →IA
IA12 票投票先 →双葉杏
明石0 票投票先 →IA
結月ゆかり0 票投票先 →IA
IA は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
橘ありす 「霊能が誰なのか一瞬解らなくなった」
橘ありす 「苺です」
双葉杏 「んじゃ、信頼ってことでいい?」
橘ありす 「いいよ」
セレナ 「いいよー 杏ちゃんのこと真で見ている人いるみたいだし」
双葉杏 「ういじゃあ」
双葉杏 「共有噛み」
双葉杏 「囲わないから何とか生き延びて」
セレナ 「了解」
双葉杏 「明日生き延びたら、何でも出来る」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
高垣楓 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
IAさんの遺言 .          /                   \
       /                 }      \      ) )
      /              /    }\  :、    \______
.      ′      /  ___/_j{     -}―Χ-\     <
      j/     :{: { // /,ハ     ノ 斗ャ=ミ ヽ   \ `'ー――ァ
、__/     /{: {  斗ャ=ミi{   / 斤ーハ⌒ハ∨   \ }、   /
. \____,     / :{: { 芹z‐Vハ{ /   {/{:::}/} { :   ヽ   V⌒ ̄
  乂__    /  {: {,/ハi/{::::}/}{ :{   乂ーシ { :  :i } }        最近妹のONEちゃんをどの鯖でも見なくて寂しいです
  \_____/   {  V 乂ーシ 乂  、  ̄  { :   :i } .ハ     い
      「  {.   { :从    ̄     ′    ,ハ,} : :} }/ハ   .あ
     |  ハ   {    \         _   / i} : :} }   }   l
.     i| :|: \  \    ヽ.、    ´  / { /./ :} }   }    :
.      j| ;L、 \  \  \≧=‐-‐=チー‐<∨/  / / /
     / !/   \  \  \   ヽ三彑/     〉′./ {,/:}
.    / j{    \____    Y   }     _/ / / / /   ノ
   / /∧________ノ{、⌒′ ノヽ }\___________} /イ乂{ /}
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
明石 「提督、チョコのお返しは!? ……そろそろ? 大淀と楽しみに待ってるね! ねえっ!?」
橘ありす 「苺です。
ぱーちゃまが可愛いとです。
苺です。苺です。苺です。」
双葉杏 「占いCO
北条加蓮○」
パーシヴァル 「占いの○が死んでなきゃ両占い視点で○2つあるんで指定で良い。
グレランするなら知らんが」
オデッセイ 「おはよーさん」
北条加蓮 「左手に剣をって言われたから奈緒で斬ってみた。剣になるなんてすごいな。>凛

パーシヴァルがなんかこう、触れてはいけない位置に行っちゃった気がする、うん。
占い位置としてはオデッセイが割と希望したいところかな。
しゃべってるようだけどいまいちつかめないというか、そんな感じ。

ありすちゃんはいったんおいていいよ、動いてくれたほうが嬉しい」
橘ありす 「◇渋谷凛  「発言薄いんじゃないよ
研ぎ澄ませてるんだよ>杏」
◇渋谷凛  「Vガンでも最初にやられた変態覆面がラスボスだし>奈緒」
>さすが凛さんです。
焼き苺をあげましょう。」
森久保乃々 「帰ってもいいですか…?駄目ですかそうですか…
結月さんは○…です…」
双葉杏 「対抗の理由は「発言多いところを占った」なんだけど
発言の数だったら奈緒も橘も10で加蓮は9発言
なんで、10のほうを無視してるのかなて考えると、ちょっとむりして囲った可能性が見えたので対抗占い」
セレナ 「おはよー」
結月ゆかり 「セレナさんは狼っぽく無さそうですね。という昨日でした。
今のところ杏さん真っぽく見てるので、狩人狙いで噛んでいくならゆかりさん仕事しなくてもいいのでは?という考えが頭を。」
森久保乃々 「発言の少なさから見て囲ったように見えるんですけど…
他の占い箇所を見切るとか…むーりぃー…」
大槻唯 「はろー」
オデッセイ 「ダブルでクロス! 確定○が増えたね~」
セレナ 「◇オデッセイ 「これは狩人狙いだよなあ~ 怖いなあ」
この発言が気になったなー
なんか即答しているのが気になるなーって 
占い噛みじゃなかったことに関してもノーコメントだったし
グレー噛みが起こることが分かっていた狼なんじゃないかなーって

明石さんは・・・わからないなぁ・・・共有に委ねるって感じかな」
橘ありす 「共有噛みですかそうですか」
渋谷凛 「割りと灰から噛むなら
占いの信用差は歴然みたいに言ってる場所吊りたい気はしたんだけど
ゆかりなんだよねぇ」
双葉杏 「杏は加蓮が囲いじゃないって信じてたよ☆」
パーシヴァル 「えぇ…そういう指示だったっけ…?>両方とも対抗の○占い」
北条加蓮 「お弁当が二つ(自分が含まれていることに絶望する顔)」
大槻唯 「共有狙いかー。さよなら楓さん」
橘ありす 「両方ともお互いの○占ってるすばらです」
オデッセイ 「狩人狙いじゃない灰噛みの理由って何?>セレナ」
森久保乃々 「えーと…違ったみたいです…」
明石 「○2つ増えましたね
共有抜かれてますけどトータルだととんとんぐらいかしら」
双葉杏 「ほんとほんと☆
確定○を作ろうと思ったんだよ☆」
結月ゆかり 「ゆかりさんが輝かしい○。
だが共有が噛まれていて不穏な空気が…」
北条加蓮 「・・・うん、まあ、うん(占い理由を見ながら)>杏」
橘ありす 「ただ、加蓮が○に疑問ががががが
まあ、単純に昨日の理由の通りってことなんでしょうね」
渋谷凛 「ありす>なら私は焼きマシュマロ一護味をあげる」
パーシヴァル 「確定○作るという方針だと灰の俺たちが狼吊れってことですねわかります」
セレナ 「んー加蓮ちゃん占いかー わりとしっかりグレー見ている印象だったから
人外は薄いんじゃないかなと思ってたんだけどなー」
双葉杏 「杏の目を見て
これが嘘をついている人の目にみえる?(きらきら>加蓮」
オデッセイ 「まあ意図せずしてグレーが全視点5人に確定したので この中に2/5いることはほぼ間違いない(霊能に狼が出ていた場合は除く)」
結月ゆかり 「まぁトライアドの二人で指定とか頑張ってください。」
森久保乃々 「明らかにあたしを吊らせに来てるんですけど…いぢめですか…」
橘ありす 「苺→一護
苺は擬人化すると男の子だったんですね>凛さん」
セレナ 「まぁ共有と交換して確定○ができたらよしとしておこうかな」
渋谷凛 「楓さんは逝ってしまったわ
課金の理に導かれて」
森久保乃々 「あたしには、占い位置判断とか」
北条加蓮 「いやそこで疑われても。狂人だとか叫ぶならまだしも>ありすちゃん」
パーシヴァル 「○に狂人いたら後々きついという話なのだが、占いの2人が考慮してるように見えない件」
森久保乃々 「むーりぃー…」
オデッセイ 「グレーは6人だけど、まあグレー視点だと自分含めないから5人ということで(´・ω・`)」
双葉杏 「凛が発言を研ぎ澄まさせているらしいから、今日それが見れるかどうか」
大槻唯 「まあ、確定○もらえたしいいかなー?」
オデッセイ 「・グレー
渋谷凛
セレナ
オデッセイ
パーシヴァル
橘ありす
明石
森久保乃々 「なので、その…占って欲しい位置があったら…進言をお願いします…」
オデッセイ 「恐らく2/6」
渋谷凛 「まぁゆかり○は個人的には嬉しいかな」
北条加蓮 「待って、10歩譲ってクローネのほうだから>ゆかり」
大槻唯 「指定したほーがいい?」
パーシヴァル 「こういう占いになると思わなかったので究極的には占いだけみてれば良かろうとばかり思ってたので灰は全く見てない(ドヤ顔)」
双葉杏 「んー、びみょ」
橘ありす 「橘苺に改名する可能性」
結月ゆかり 「ゆいにゃんとしぶりん、間違えてメモしてた件。
危ない危ない…」
オデッセイ 「指定ほしいっちゃ欲しいかなあ>大槻共有」
渋谷凛 「ありす>サウザーだって苺味だしね」
橘ありす 「・・・・・・え?>凛さん」
北条加蓮 「この展開だと灰指定はありだと思う。
今日は時間が足りないからグレランも手といえば手だけど>唯」
オデッセイ 「ただグレランだと情報が出るから、そこはそこで良いと思うけどね」
双葉杏 「明石とか占いたくない(理由は昨日言った)ので
指定ならそこらへんがいい>大槻唯」
大槻唯 「現状五十歩百歩なのよねえ。グレランでもいいけど」
橘ありす 「認めない・・・それは認められない・・・」
渋谷凛 「タダ>指定するならするで余裕が必要かな」
パーシヴァル 「今から指定するには遅い…遅くない?」
セレナ 「どっちでもいいんじゃない?まぁ私としてはグレラン派なわけだあけど」
橘ありす 「遅い>ぱーちゃん」
オデッセイ 「あと5人で三匹だから、まあ今日はグレランでも良いのかも」
大槻唯 「グレランで」
パーシヴァル 「間に合うように思えんのでなしくずし的にグレランになる」
オデッセイ 「5日」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
渋谷凛1 票投票先 →明石
セレナ0 票投票先 →オデッセイ
オデッセイ3 票投票先 →明石
北条加蓮0 票投票先 →オデッセイ
双葉杏0 票投票先 →明石
大槻唯1 票投票先 →明石
森久保乃々0 票投票先 →パーシヴァル
パーシヴァル1 票投票先 →オデッセイ
橘ありす0 票投票先 →明石
明石5 票投票先 →大槻唯
結月ゆかり0 票投票先 →渋谷凛
明石 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
双葉杏 「●打ったところが狩人だとこまるから、一応狩人日記書いておいて」
セレナ 「(ガッツポーズ)」
セレナ 「もうできてるよー」
双葉杏 「オデッセイに●の予定だったんだけど、今日指定をほしがったから
そこを占うとちょっと不味い場合がある」
橘ありす 「狼が0票」
橘ありす 「苺大作戦CO(狩人)
苺による苺のための苺をおいしくするアイドル

2日目 杏さん
普通に速度重視系狩人
占い分厚い(1行)Vs占い1行で見極めなんて
むぅーりぃー

3日目 杏さん
加蓮さん占いはいいとして○は微妙
どう考えても発言が狼目線でしかないです(ライン戦云々)

4日目 杏さん」
橘ありす 「って書いてたけど
セレナのほうがいいかな」
セレナ 「オデッセイは狩りありそうかなーって感じがするな 」
双葉杏 「んじゃ●が狩人COしたらセレナがお願い」
セレナ 「りょうかーい」
双葉杏 「バッティングしないように」
橘ありす 「はーきー」
双葉杏 「パーシヴァルに●にするわ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
北条加蓮 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
明石さんの遺言 提督、何ですかその指輪? 私の艦内工場で少し加工します? 
もう…誰に上げるんですかぁ? えっ、私!? 嘘ぉ…!? 
はぁあ…大事にします! ありがとう!



…提督 提督自身も時々修理しないとダメですよ? 私がメンテ…しておきますね
北条加蓮さんの遺言 これで熱中症になったらどうしよう・・・

               ぬ く ぬ く

                  も こ も こ
                           '⌒⌒ヽ
                  ....::'"´ ̄´"'::...      )
                   /:/:(.:.:.`ヽ..:.::.:.:.:.:.\ ー
                /:/八:.|\.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:,ハ
            ,'⌒⌒  .:.:|-‐-\ >‐-.:.l.:.:.:|.:.:.:!
         (     )|.:.:|__    _\j.:.:.:|/.:l|    rr=━=r┐ (
           ー  |.:.:| }l「     }l「  |.:/八ノ|   {{     }} ノ
                |.:.:. //////   )人   ./ ̄ ̄ ̄∨「
               〉人   -   _,,..ィ冖i({.:.:.:.:  |      |/
                  lハ:.:.)厂「 ̄ /i:i:i:〉.:ノ.:|ノ)ノ  \    /
                  いハ:ノ|i:i:|V7Vi:i:i:i/厶イ!  [「[「[「[「[「[「[「[「]
                /.,.,.|ir─┐i:i:i/ .,.,.,∧   .|| || || || || ||
                ,厶-‐==y==─<⌒.,.,∧  || || || || || ||
                {.,.,.,.,.,.,.,.,.}.,.,.,.,.,.,.,.,`ヽ.,.,.,.,}  || ||=i||i=|| || ||
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
双葉杏 「占いCO
パーシヴァル●」
森久保乃々 「占いとか…むーりぃー…
橘さんは●…です…」
パーシヴァル 「◇オデッセイ  「ただグレランだと情報が出るから、そこはそこで良いと思うけどね」
霊能いない状況でのグレランの票にどういう意味があるんだろうな」
森久保乃々 「橘ありす 「ただ、加蓮が○に疑問ががががが
まあ、単純に昨日の理由の通りってことなんでしょうね」

これを確定○になってから言い出す訳がちょっと分からないんですけど…
それに吊れる位置でも無さそうなので狼だと怖いので…はい」
橘ありす 「橘苺ありすいきまーす!!」
双葉杏 「占いだけみてれば良いって言ってるんだけど
おとといの時点で
◇パーシヴァル 「ぶっちゃけ信用の差などないぞこの占い」
こんなこと言ってて、そこまで見てる気がしない
ついでにおとといを見直してみると、死体なしがどうのっていうのを何回も言っているのがなんかきにいらない」
橘ありす 「あの状況下で明石どっちも占いしてないなら投票するよ。」
大槻唯 「そこねえ。」
セレナ 「おっはよー」
結月ゆかり 「おはようございます。私しか渋谷さんに投票しないんですね―
割と謎い。」
パーシヴァル 「森久保ォ! お前真だったんかぁ!」
橘ありす 「それじゃー杏真でどうぞ」
オデッセイ 「おはよーさん
昨日は明石さん なんたってここに色出されたら吊らざるを得ない 偽っぽく思った占い師でも擁護できない」
双葉杏 「橘はだまっといて
狩人だったら損だから」
渋谷凛 「加蓮は死んだ
もういない」
森久保乃々 「●…です…」
オデッセイ 「うわー、杏信じてえ」
橘ありす 「モゴモゴモゴ」
結月ゆかり 「北条さんの左手から身体まで噛んでいく狼…
なるほど。狼は北条さんのことを恨んでいる人物…」
セレナ 「パー様かぁーうーん」
橘ありす 「苺おいしいです」
大槻唯 「両者COあるー?」
森久保乃々 「あたしの投票先を占うっておかしいと思うんですけど…どうなんですか…?」
渋谷凛 「奈緒と加蓮がいなくなった部屋はガランと広くなったよ……」
結月ゆかり 「それは貴方です渋谷凛さん(ドーン

というのは置いといて、ダブル●ですか。co聞いてうんぬんですね。」
オデッセイ 「グレランで情報出るでしょ>パーシヴァル」
パーシヴァル 「ぶっちゃけ明石みたいな場所吊ってる時点でそこ投票者に狼がいるようにしか思えなかったがドンピシャだった
橘ありす 0 票 投票先 → 明石
双葉杏 0 票 投票先 → 明石」
双葉杏 「パーシヴァルから吊りね
霊能は狂人が出てて、対抗は狼と思うんで、まだあと1匹残ってるはず」
セレナ 「まぁたしかに占い師気にしてる感じはしたけど 
昨日の最後の共有に対する発言が村っぽいような気もしたからなぁー」
パーシヴァル 「なにの情報だ…?>オデッセイ」
橘ありす 「明石残せる理由どうぞ>ぱーちゃま」
渋谷凛 「あ、今ならプロデューサー連れ込み放題じゃん」
オデッセイ 「ぶっちゃけ、明石投票は消去法だけど普通にありだからね? だって発言数少ないじゃん? ○だとしても●出してきたら擁護できないもん」
パーシヴァル 「今の時点で占い決め打ってるとか言うなら知らん」
橘ありす 「占いしてるならまだしもしてなければ昨日の時点で吊りですが」
渋谷凛 「苦楽を共にした二人を恨む理由なんてないんだなぁ>ゆかりさん」
双葉杏 「そういう事よね>オデッセイ」
パーシヴァル 「あそこが狼に見えるというならお笑い種だ>橘」
森久保乃々 「えーと…」
オデッセイ 「例えば昨日明石投票しているのか、他の人を吊ろうとしているのかとか
或いはどこを疑っているのかとか、わかるじゃん>パーシヴァル」
双葉杏 「流ゆかり占いでちょっとリスク背ってから、さらに明石占いなんてリスクは背負えない」
橘ありす 「村に見える理由は?>ぱーちゃま
私は何も見えないから吊ったの」
セレナ 「明石さんに至っては中身が分からない以上なんも言えなかったし
吊りって選択はあったんじゃない?ただ私はオデッセイのほうが気になっただけだけこ」
結月ゆかり 「欲望が前の発言で漏れてしまっていますが…>渋谷さん」
渋谷凛 「明石投票理由?
杏がなんかSG用意してる狼に見えたから」
大槻唯 「なければパーちゃんつりで」
オデッセイ 「正直橘アリスって初日から結構多弁だったから、●出すとしたら良い位置なのよね、逆にパーシヴァルは抑えていた感じだから、と言う感じ」
結月ゆかり 「どうも、流浪の詩人 流ゆかりです。」
双葉杏 「お」
渋谷凛 「正直私狼位置で吊らせたいのかなとか思ってたら意外にも他に●出てたっていう」
オデッセイ 「だからと言ってアリスが○というわけでもないのだけれど……」
パーシヴァル 「昨日の時点で5吊りで、グレランになれば発言の薄い場所が狙われるのは明白だろう?
狩人騙りのコマを狼が残しておきたい状況で吊らせると思うのか?」
双葉杏 「投票見てなかったけど、身内投票してるじゃーん
やるぅ」
双葉杏 「「流石に」がなんかぬけちゃった>ゆかり」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
渋谷凛0 票投票先 →パーシヴァル
セレナ0 票投票先 →パーシヴァル
オデッセイ0 票投票先 →パーシヴァル
双葉杏0 票投票先 →パーシヴァル
大槻唯0 票投票先 →パーシヴァル
森久保乃々0 票投票先 →橘ありす
パーシヴァル7 票投票先 →橘ありす
橘ありす2 票投票先 →パーシヴァル
結月ゆかり0 票投票先 →パーシヴァル
パーシヴァル は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
双葉杏 「凛に●で決め打ちが良いと思われます」
双葉杏 「原理上、身内切りも出来るはできるんだけど」
セレナ 「異議なし」
双葉杏 「やんないほうがいい
対抗が●打ってたら「身内きりしそうなのはどっちか」って発想になったらこまるしね。」
セレナ 「●貰った場合狩COいる?」
橘ありす 「私は狩人COする?しない?しないでいいね」
双葉杏 「大槻唯噛み」
双葉杏 「橘は狩人COしないでいいよ」
双葉杏 「仮想狼は凛だから、凛が狩人COしたらセレナがお願いって感じ
それ以外ではセレナもしないで良い」
双葉杏 「オデッセイに●の予定だったけど、味方に引き入れたほうがよさそう」
セレナ 「はいはいー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆小松伊吹GM システム:投票制限時間をリセットしました。」
大槻唯 は無残な姿で発見されました
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
双葉杏 「占いCO
凛●」
オデッセイ 「おはよー」
セレナ 「おっはよー」
結月ゆかり 「おはよーございます。
●が出たのでその人の発言も参考になるでしょう。皆さん殴り合い頑張りましょう。」
森久保乃々 「むーりぃー…
オデッセイさんは○…です…」
渋谷凛 「それとこれは話が別なんだなぁ>ゆかり」
橘ありす 「苺狩り!
フライパンとガスコンロ持って行かないと
いちごパスタから、苺の甘酢あんかけまで
なんでも作れる!」
双葉杏 「オデッセイはすりよりっていうより、なんか本当に素直なこと言ってそう
狐っぽさはあるかもだけど狐は初日にぬっころした
のこるはセレナと凛だけど、凛のほうが推理が少ないと思ったんで凛占い」
森久保乃々 「単純に考えると、杏さん真に見てるここが一番●が出そうなので…はい」
セレナ 「オデッセイに関しては怪しんでたけど
明石さんのくだりが村っぽい発想だなーって感じかな
まぁ●でたら考えるって感じかな?」
オデッセイ 「うわ~~~~ うわ~~~~ 困る奴来た」
渋谷凛 「アッハイだと思った>杏騙り」
橘ありす 「凛吊ってまた明日」
結月ゆかり 「これは私を狙った陰湿ないじめですね。間違いない>共有噛み」
双葉杏 「杏視点で確定」
森久保乃々 「えーと…見つけてない狼がいるとしたらセレナさん…のようです」
双葉杏 「ゆかり占いのときに凛うらなっときゃもっと楽だったね。
そこはごめん。」
セレナ 「うーん?これだと森久保視点潜伏死してなければわたし人外になるんじゃ?」
オデッセイ 「杏偽だと今日が最終日ですねえ」
結月ゆかり 「残り3吊りなので、森久保さん視点の●吊りましょうか。
杏さんでも橘さんでもどっちでもおk」
渋谷凛 「まぁいいや
じゃありす吊ってまた明日
今日私●出すなら
多分3Wいる」
橘ありす 「確定○は私たち目線結構重要だから>杏」
オデッセイ 「まあアリス吊りが安定かなあ…… 問題を明日に先延ばしにするだけだけど」
セレナ 「私としてはありすちゃん吊って森久保ちゃんが私にどういう結果だすか
見てみたいって感じかな」
森久保乃々 「対抗狼として…霊能が真狼だった場合も…狼ではありませんが…>セレナさん」
橘ありす 「私は生存勝利が好みなんだけど(憤怒>オデッセイ
まあ、苺の宿命か」
双葉杏 「あ」
結月ゆかり 「まぁ占い師vs灰 ってちょっと不公平な殴り合いな気がするので
橘さん吊りましょうか。明日決め打ちですし」
渋谷凛 「杏はなんか急に言葉少なになったねぇ」
セレナ 「まぁそうなんだけどさ それなら確定○噛みにくいんじゃないかなーって
少なくとも加蓮さんが唯さんより先に噛まれることないんじゃない?>森久保」
双葉杏 「明石村か
罪もない明石をよくも吊ったな!許せない!」
オデッセイ 「正直セレナ狼読みしてたんだよなあ、ここで寡黙位置に●とか困る」
双葉杏 「まったく、なんてひどいやつらなんだ
つみもないあかしをつるだなんて」
オデッセイ 「でも実質明日俺が決めるよなあ うーむーうーむー」
双葉杏 「オデッセイかゆかりが決める事になるね>オデッセイ」
橘ありす 「苺のお造りでも差し入れしましょうか>オデッセイ」
渋谷凛 「霊どっちか―森久保―私―パーシヴァル
杏ね主張はこう」
結月ゆかり 「どっちも同じ立場ですけどね。そうなったら頑張ってくださいね>オデッセイさん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
6 日目 (1 回目)
渋谷凛2 票投票先 →橘ありす
セレナ0 票投票先 →橘ありす
オデッセイ0 票投票先 →橘ありす
双葉杏0 票投票先 →渋谷凛
森久保乃々0 票投票先 →橘ありす
橘ありす5 票投票先 →渋谷凛
結月ゆかり0 票投票先 →橘ありす
橘ありす は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
セレナ 「ありすお疲れ様」
双葉杏 「オデッセイ噛み」
セレナ 「了解 一応ゆかり護衛日記付けるけどいらないよね?」
双葉杏 「グレランのときの投票くれない?」
双葉杏 「凛って誰に投票してた?」
双葉杏 「死体なしがでて、凛から出てきたらでて」
セレナ 「明石さんだったはずよ」
双葉杏 「ふむふむ」
セレナ
◇渋谷凛 「明石投票理由?
杏がなんかSG用意してる狼に見えたから」」
双葉杏 「それも材料に使えるかな。一応。」
セレナ 「なしならCOなしでいくよ」
双葉杏 「オデッセイ噛み」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
オデッセイ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
オデッセイさんの遺言            ____         / ̄ ̄ ̄\  
           /     \      /        ヽ   みんな~
        /         \    /         \ 
        /           \  / _,        ̄)
        |  i          ヽ、_ヽl |        |
       └コ            l ∪  |          |
          |   ,、___,    ノ    |    ,、   |  
          ヽ_二コ/   /     ヽ  / \  /    
        _____/__/´     __ヽノ____`´
                                      ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                       d⌒) ./| _ノ  __ノ
                                      ---------------
                                      制作・著作 NHK
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
双葉杏 「占いCO
森久保乃々●」
渋谷凛 「だったらありすの「また明日」っておかしくない?
「凛さんとむーりぃ吊って終わります」
じゃないの?
村最初の勢いはどこ行っちゃったのかなって話でさ」
渋谷凛 「私や明石は吊りで処理したい
ってのは素村なら解るよ
だけど吊る前提が先にあって
私達以外で●出でない(出さない)のが杏の発言の前提に既にあるよね」
森久保乃々 「セレナさんは●…です…」
結月ゆかり 「おのれオデッセイ。思わせぶりな事を言いおって。」
森久保乃々 「理由っているんですか…?最後の完灰ってだけなんですけど…」
結月ゆかり 「じゃぁ完全に私が判断役ですね…  わかります。」
セレナ 「おはよー もしかしてと思ったけどうーん・・・」
双葉杏 「一応いっとくけど
ありすーパーのランのときに、共有はパーを選んだわけで
ようするに、アノ時点で共有は杏のほうを真と見てくれてたはずなのよ」
渋谷凛 「じゃ、ゆかりは占いか灰というか私とセレナか
どっち吊るかだけ決めてね」
双葉杏 「で、その杏が狼で、共有をわざわざ噛むいみなに?ってこと
狩人が共有護衛してるかもっていうのは、普通に予想できるわけで
そこで、死体なしがでたら、騙り狼にとって「●が狩人だったら面倒」って自体がおこる」
森久保乃々 「セレナ 「うーん?これだと森久保視点潜伏死してなければわたし人外になるんじゃ?」

昨日見逃してましたがこの発言が視点漏れだと思うんですけど…
あの時点でサトシさん真の霊能真狼の可能性はあったんですけど…」
渋谷凛 「はいはい
私占い噛まれてると思うって言いました
杏も自分で共有は杏信じてたって今言ったよね?
灰も最初に噛まれたよね?」
双葉杏 「杏はそんなリスクを背負う必要は無い
杏を真に見ているであろう共有を噛むリスクを背負わないといけないのは向こう側」
セレナ 「◇渋谷凛 「明石投票理由?
杏がなんかSG用意してる狼に見えたから」
りんは今まで占いに関する発言をしていなかったのに急に杏偽主張らしい
発言がでてきた これは信用勝負で最後に競り勝つために信用を落とそうと
した人外のものなんじゃないかな?
結月ゆかり 「あ、占い師ランでいきますからね。票合わせてくださいね。」
双葉杏 「たぶん、凛がもともとの騙り狼だよ
初日の挨拶すっげーおそいもん。」
渋谷凛 「何で噛まれてないのかな杏?
狼だもんね噛まれないよね」
セレナ 「それに関しては昨日発言したよね?>森久保
それなら加蓮→唯って感じの噛みにはならないって」
森久保乃々 「橘ありす 「ただ、加蓮が○に疑問ががががが
まあ、単純に昨日の理由の通りってことなんでしょうね」

あとは…5日目に占った理由のこれです
言い出したタイミングがおかしいと思うんですけど…

双葉杏 「噛みの事を言い出すと
そもそも「護衛なんて杏に決まってるし占い噛めば良い」わけで」
渋谷凛 「私平均して朝遅いし
朝遅いから騙りそこねたって因果関係証明できないよね?>杏」
セレナ 「共有よりもかくてい○を潰した それは狼してん 霊狂がわかっていたからなんだよ>森久保」
双葉杏 「信頼勝負をそっちが選択して、なんで噛まれてないの?ってそれは殴りとして成立してない」
森久保乃々 「あたしが見つけられたのは…これくらいです…はい」
渋谷凛 「急に言ったら何が変なの?>セレナ」
渋谷凛 「違うよ
杏の殴りが成立しないって言ってるの」
双葉杏 「信頼勝負になって杏の騙り要素が「かまれてないから」だけっていうのは
要するに「殴れない」ってことなんだよ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
7 日目 (1 回目)
渋谷凛0 票投票先 →双葉杏
セレナ0 票投票先 →森久保乃々
双葉杏2 票投票先 →森久保乃々
森久保乃々3 票投票先 →双葉杏
結月ゆかり0 票投票先 →森久保乃々
森久保乃々 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
森久保乃々さんの遺言 .          ,  ´  ´           \ ト、
         /./  _  - ¨¨¨¨¨   、.   '.. 、:.,
.        //  ./ ':`¨´ :.`¨¨´: `¨¨、\   , }′
        ′ /: :ハ: : : : : : : : :: : : : : :..:∧  ′,:.        十 、
.         } /_ノ: '  ,: : ト、: : : :.、: : : : : : :.∧.  } |:..       〈|   ,
       八{/ 八:.,   ′: , \: : :.ト、: : : : : :、」 へ--- 、     `¨¨
          |´: | :′    ' :..  ` : : \: :'. 「⌒/{. }、〉  〉
.        j{ : | {___ 、{  __\{_.\ム__/{/|.ト、__ノ        |
        ∧: ト.l 丁示      丁示 }: / / 从 ∨.         |
        , /ト、|.ム ぅツ      ぅツ .,:/  、八:}`¨
       ′ l_{ ノ.∧: : :  '     : : : ′ イ: : ′       | |
        `¨   /:圦    __    .イ:{_.∧: :{_.          |
        r― '―λ>  ´  ̄  <}ー イ }.|ー‐‐}  _ 、
        |: : : : : :./{: : : :.≧=-≦   |.、: : :ノ- 、: :.:〈. /  ∨.   |
.      ,.へ.、.} : : : / ` 、___ノ |      }‐、__/  {_、___У   '..  |
      l    \{¨´   〉   `  _ イ    λ __ノ .′   }
     ∧    ∨八__|}.   ,  ⌒ 、     } ′〈 ,     ト、
.      ム    、.ノ__|.、 ///介' . \.  / |  , ∧.    | .}
       、     V\. 〈 ′ /| .i{ 、〉.八. ′ |. /  \   |. |
       ハ     |  \` ._/ j| | {¨´ | | _.} ′.    \. ′
      /  、   /    ∨|  i| | l. |  |/⌒.へ     }.  ∨
     ′八 >イ     /.Y⌒.j |__〉./     '.. 、_  /   }
.     \  、 /.     /. 八  、_ イ.      /Y、_/  /
       ` 、 >-=ニニ〈<  _  /.         |_.  ,
.        /´    , --- <./       _   ¨  `¨∨
        八    ′.  /.      _  ¨ `¨¨`     ノ
         \           _ ¨          八
          ∧        _. ¨            /
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2016/02/25 (Thu) 23:43:48
大槻唯 「悩んでいるw」
神崎蘭子 「えー……>パーシィ
(訳:こんな時間に揚げ物とか食べる男の人って……)」
神谷奈緒 「お疲れ様ーっと」
橘ありす 「おつかれさま」
オデッセイ 「これはしょーがない おつかれさん」
渋谷凛 「お疲れ様
駄目だったか」
北条加蓮 「お疲れ様」
結月ゆかり 「ぎゃーす。 お疲れ様でしたー」
高垣楓 「お疲れさまでした」
双葉杏 「おっつー」
大槻唯 「あー、おつかれさま」
IA 「お疲れ様ー」
森久保乃々 「むーりぃー…」
小松伊吹GM 「                /: : : : : : : : : : : : : : : : : :``丶
.             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
.           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ‘:,
          /: : /: : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.‘,
            /: : /: : : /: : : :./: : :/|: : :/\: : : : : : : : : : :.‘,
.           |: :./: : : /: : : :./: : :/: |: :/   :,: : : : : : : :. :. :.‘:,
        /: /.:. :. :.|: : : :/: : :/  |斗----ミ: : : : : : : : : : : |
     _/イ:. :. :.:.斗-‐/|:. :./  |/     :,/|: : : : : : : : : |
      /  :|: :/: : : :|:/ :|/     ,ィf竓≧ミ: :./: : : :. :./
.     /   ∨:. :. :.寸≧ミメ     〃んしハ }} /: : : : : /
..    /    ,∧: :/: :人 ∨し:,.      乂::.ツ,ノ:/: : : : : ∧      おつかれさま!!
.    /    /::::∨:ト : : :.ゝ''^     :.:.:.:.:.: /: /: : : : イ  〉
   〈    |::::::: Ⅵ:::〉__:., :.:.:.:.   ′    /イ: : : : : :{_,,/
     \   | :::::::: /: : :込、   、_ ノ  イ: ≧===≦:\
..     \ l::::::::: |: /: : : : : 〕iト  ___,,.. く /: : : : : : : : : : :乂_     今日の勝利は狼陣営だね!!
         7 >┐_|//: : : : : : : : : : : }    ./: : : : : : : : : : : : : 「
.       /   /_ノ,人: : : : : :/ ̄ ,ノ   乂: : :/: : : /: /: :/
      〈   __ } /\{ヽ//\        }/}: :/}/Y
.        ∨ニニ\|   ∨/     /__ // ``ヽ  |
          |\ニニ=|  //          / /     |. ‘:,
       /  :}二= | .//          / /      :|/ /
     // ̄/二=/∨〈    /      ,/ /       / .〈」
橘ありす 「ありがとです>杏、セレナ、IA」
セレナ 「お疲れ様ー・・・(ゲッソリ)」
神谷奈緒 「凛だけ、下界に残っちゃったか…お疲れ様」
双葉杏 「ノルマ達成したぞー」
北条加蓮 「杏があのタイミングで私を噛んだ理由が見えてない、加蓮です」
パーシヴァル 「ご苦労」
森久保乃々 「あたしに占いを渡すとか…いぢめですか…」
IA 「大体狼がなんとかしてくれました(小並」
オデッセイ 「パーシヴァル●だしのタイミングが完璧だったとしか言えない」
小松伊吹GM 「                /: : : : : : : : : : : : : : : : : :``丶
.             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
.           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ‘:,
          /: : /: : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.‘,
            /: : /: : : /: : : :./: : :/|: : :/\: : : : : : : : : : :.‘,
.           |: :./: : : /: : : :./: : :/: |: :/   :,: : : : : : : :. :. :.‘:,
        /: /.:. :. :.|: : : :/: : :/  |斗----ミ: : : : : : : : : : : |
     _/イ:. :. :.:.斗-‐/|:. :./  |/     :,/|: : : : : : : : : |
      /  :|: :/: : : :|:/ :|/     ,ィf竓≧ミ: :./: : : :. :./
.     /   ∨:. :. :.寸≧ミメ     〃んしハ }} /: : : : : /
..    /    ,∧: :/: :人 ∨し:,.      乂::.ツ,ノ:/: : : : : ∧      おつかれさま!!
.    /    /::::∨:ト : : :.ゝ''^     :.:.:.:.:.: /: /: : : : イ  〉
   〈    |::::::: Ⅵ:::〉__:., :.:.:.:.   ′    /イ: : : : : :{_,,/
     \   | :::::::: /: : :込、   、_ ノ  イ: ≧===≦:\
..     \ l::::::::: |: /: : : : : 〕iト  ___,,.. く /: : : : : : : : : : :乂_     今日の勝利は狼陣営だね!!
         7 >┐_|//: : : : : : : : : : : }    ./: : : : : : : : : : : : : 「
.       /   /_ノ,人: : : : : :/ ̄ ,ノ   乂: : :/: : : /: /: :/
      〈   __ } /\{ヽ//\        }/}: :/}/Y
.        ∨ニニ\|   ∨/     /__ // ``ヽ  |
          |\ニニ=|  //          / /     |. ‘:,
       /  :}二= | .//          / /      :|/ /
     // ̄/二=/∨〈    /      ,/ /       / .〈」
パーシヴァル 「ラーメンよりはマシ>カンジャキ」
神崎蘭子 「【劇場665】劇場公演 木曜の部エクストラ村 [920番地]
~市内警備中の全車両に告ぐ、逃亡者が市内を南に向かって逃走中!~


今日のハイライト:


                           /ヽ   /\        _
             /|\ | ヽ       〈三ヽ /三/|        / !    /!ヽ
             | l  ヽ |  ヽ      !\   / _|      /  |   ,' /  !
             | ヘ   !   ヽ    ( )){ }( ))     ,'   !_/ /  j  ジャンケンしようぜ
             ',  ヽ |    l      トイ`|i|⌒ Y=}     !    ', /   /
             ',  ヽ!≡   l      { ヽ || r‐'リ -i    !  ≡ !     /
              ヽ    ≡  !     | ミ )!!= 彡-ノ_   l  ≡ !   ,.'
               \   ≡ |   ,.-ノ / ! ト、トく   `メ、_',  = / /
                \ ≡ !  /てノしイ_人人ノ、    ヽ  /
                  \― |/ヽ ,イ- 、ヽ /   イ´ ̄ ̄ヽ_/
                   \ ヽ/  l  ヽi / ̄`!
                      ̄     〉―く ァ―‐‐j
 \ ̄\                 / ̄/
/l  \  \             /  / lヽ
| ヽ  ヽ   |             |   /  / |
\ ` ‐ヽ  ヽ   ●      ●  /  / ‐  /
  \ __ l  |  ||___|| /  l __ /
     \  \/       \  /
      /\|          |/\ 上等だ てめえだけには負ける気がしねぇ
    //\|          |/\\
    //\|          |/\\
    /   /\_____/\   \」
セレナ 「サトシサトシサトシサトシサトシ日記
【初日】護衛先:サトシにしたい
サトシが私が守るわ!!!誰も寄せ付けないよ!!
【二日目】護衛先:杏
うーん呪殺でたはいいんだけどどっちもどっちって
感じなんだよねー うーん・・・
まぁ占い文多い杏ちゃんでいいかな 喋っていたし
それにしてもサトシに投票させて共有・・・許さないから
【三日目】護衛先:森久保
うーん占い自体はそう信用差はないから○の白さで
判断って感じかな 可憐はグレーをよく見ている
って感じがするし村人の感じ 少なくとも
囲いではないんじゃないかな? なら森久保のほう
【四日目】護衛先:唯
両方確定○かー 考えるなー
共有をかんだってことはほぼ信用勝負路線だよね?
なら占い師はほぼ噛まれない 噛まれたとしても
確定○が多い状況だしなんとかなるはず 
共有頼りになるし護衛するよー
【五日目】護衛先:ゆかり
やらかした・・・・ 加蓮は確定○だけどサトシが真の時
狂人あるかもって理由で外しけど 真狼-真狼は考えにくいか
まぁ今日の噛みで潜伏狂人気にしてない感じがするから
確定○を護衛するよ!!共有は護衛されてそうだと思うだろうし

【六日目】護衛先:ゆかり
さてと・・・ここまで護衛外すとか・・・・
まぁとりあえず護衛先を決めよう オデッセイかゆかり
森久保ちゃん視点私が狼が濃厚だったら
オデッセイは私を怪しんでいたし森久保ちゃん偽なら
のこすはず だから今日はゆかりちゃんを護衛
これで有利になれる!!」
結月ゆかり 「まぁ違和感はありましたが全体的に見てそうなりましたね。
パーシヴァルさんの発言が共有勘違いしてた狼に見えたのもありますが…」
オデッセイ 「胃痛ポジションに行きたかった」
森久保乃々 「あたしが占いって時点で村負けは決まってたと思うんですけど…その…」
神谷奈緒 「そのハイライトどこにあったんだよーーー!?>蘭子」
セレナ 「って感じだったけど ゆかり狩りかぁ・・・こわかった・・・」
小松伊吹GM 「どこにそんな要素あったかな!?>蘭子ない夫」
渋谷凛 「まぁ杏は占い理由がなんかだろうなぁってのは」
結月ゆかり 「そこから、北条さん噛まれたのはパーシヴァル疑われていたからでは?と繫がって行き」
神崎蘭子 「どこ、って……決まってるじゃない?(自分の胸を指差しながら)>神谷」
森久保乃々 「もしかして…出なかったほうがマシでしたか…?」
北条加蓮 「返す返す悔やまれるんだよ、あの日噛まれたのが」
神谷奈緒 「わかんない、全然わかんないぞー!?>蘭子という名の白長饅頭」
結月ゆかり 「最終日の殴りだけは杏さん微妙でしたが、いやぁ、騙されました。」
オデッセイ 「森久保が偽だったら俺に●だしだよなあとか思いつつ、おーもうって感じで どうだろう、ぶれられたのかなあ」
神谷奈緒 「いや、でないともっと虐殺されていた…>乃々」
パーシヴァル 「あれで狼に見られるとどうしようもないな」
神崎蘭子 「胸を張りなさい>森久保
占い師になってしまった以上、最後まで諦めずに戦うことは義務なのよ

そして最後までキチンと戦って、言うべきことは言ったんだ
十分じゃないか。偉いぞ、グミをあげよう」
渋谷凛 「ごめんね
殴り倒せる感じではなかったからね>森久保
その主張は無理があるよねって路線目指したんだけど」
小松伊吹GM 「そんなことないよ、最終日だってちゃんと相手に殴りを入れられてたし
決め打ちタイミングまでは来れてるんだから、狼が一枚上手だっただけだよ!>乃々」
パーシヴァル 「把握ミスは基本的に取り返しがつかないから…」
北条加蓮 「実は二日目疑ってたけど、三日目にパーシヴァル村打ちしてた>ゆかり」
結月ゆかり 「狩人日記

1日目  護衛 不可  死体 GM 

理由
ゆかりさんが狩人でした。
鉄壁のブロックで役職を守っていきたいと思います。
…今、私の一部に注目した人は屋上。


2日目  護衛 杏さん 死体 かみやさん

理由 
初日銃殺という私に一番プレッシャーがかかる展開。いじめですか。
占い師は 最初から「対応された」と嘆いている森久保さんよりも
「破たんいるからそっち吊りね」という杏さんの方が、ストイックな
村の見方に見えます。よって杏さん護衛―


3日目  護衛 杏さん 死体 楓さん

理由 
初日護衛していたところから○をもらうと言う、何とも言えない感じ。
とはいえここで○をもらったなら、護衛ずらさないでいいですね。
未だ杏さんの結果0なので、gj出るとしてもまだ噛んできては欲しくないです。


4日目  護衛 杏さん 死体 森久保さん

理由 
深刻なゆかりさんいじめ>確定○
両方の灰は6人。なら占い護衛ですよね…
いまさら占いに+などもとめないスタイルで、
確定○になったので狩人日記本気ださなくてもよい…
よし、杏さん護衛。


5日目  護衛 杏さん  死体

理由 
まだ占い噛めるので占い護衛。もし共有gjだしても偶数ですからね。
森久保さんはrpでしょうかね?よくわかりませんが
今日の動きを見ても信頼特に変わらず。杏さんの方がいっぽ上ですかね。


6日目  護衛 セレナ  死体

理由 
狩人日記なんてもういらないでしょう(真顔)
神谷奈緒 「んー、どっちかというと杏の印象がいいから
その●でてやっぱり杏は真なんだっていう印象で
パー様狼じゃねってなったかもね?>パーシヴァル」
IA 「占いは」
北条加蓮 「噛まれてなかったら
パーシヴァルは吊るのも占うのも微妙っていうつもりだったからね」
渋谷凛 「まぁ加蓮は谷間あるからね
わかる、わかる>胸」
大槻唯 「ごめんねー。パーちゃんの占い理由と杏ちゃんのアリスちゃん占いよくよくみたら、ののちゃんの方が全うに全うジャンと気づいた後には死んでいた」
オデッセイ 「生き残ったら書いていたであろうこと
普通に考えたら杏が真、でも僕はセレナをぶっ飛ばしたい
普通に考えたら杏が真、でも僕はセレナをぶっ飛ばしたい
普通に考えたら杏が真、でも僕はセレナをぶっ飛ばしたい
普通に考えたら杏が真、でも僕はセレナをぶっ飛ばしたい
普通に考えたら杏が真、でも僕はセレナをぶっ飛ばしたい」
神谷奈緒 「なので、パーシヴァル狼と見た人はだいたいにして
杏に好印象を持ってる人ってのがあるから
その補正ってのが厄介だったかな」
オデッセイ 「セレナ パーシヴァル と読んでいたから 渋谷凛と来て大パニックよ」
森久保乃々 「えーと…その…」
北条加蓮 「いったい何のことなの・・・>凛」
サトシ 「お疲れさま!」
小松伊吹GM 「トライアドでは凛が一番ちっちゃいからねぇ、何がとは言わないけど」
オデッセイ 「杏に好印象持ってたのになんで胃痛ポジションじゃなかったんだろう(´・ω・`)」
IA 「正直あの展開はどんだけ信用取れるかってところで狼は自分を偽に思ってるところをカンだのがうまかった」
森久保乃々 「あの…あたしのまずかったところ…列挙してもらえますか…
多分ほぼ全部になっちゃうと思うんですが…」
渋谷凛 「噛みが良かったって感じになるのかな最終的には」
北条加蓮 「初手も杏のほうが印象はいい、
けどあれ対応できなさそうに見えて実は対応に使うの簡単だなー。
むしろ真っぽく見せたいからやったかなー とかも思ってたり」
神谷奈緒 「かまれたからねw>オデッセイ」
サトシ 「俺から先に吊ったのってなんで?>楓さん」
神崎蘭子 「【劇場665】劇場公演 木曜の部エクストラ村 [920番地]
~市内警備中の全車両に告ぐ、逃亡者が市内を南に向かって逃走中!~


最終日のハイライト:



◇森久保乃々 「あたしが見つけられたのは…これくらいです…はい」
◇森久保乃々 「これが…せい…いっぱい…です ジョースター…さん 受け取って…ください… 伝わって……… ください……」


                                      , -、
         ・,                         rく .:}`ヽ
              ({              ┌──v_f⌒゙=イヽ ヾj  ハ
              \i :       f^Y^|    j `ヽ,-、'´ ,イノ{  {__)ヽ
         {ヽ, i\ } }     __ _〉'´V|    /|/ ヽ)`Yノ   ゝ-く  }
  ' ・.    \ヾ、 V乂V_/`´ヾ`〉 >、/ト、/j /)ヾ/Y ̄       〉={
     ・ ,   \:/.:.:.:.:.:.:><レi__う/ヽ.ト -=i/ ノ :}  ノ       く (_i)
;,  (()    と⌒ヽ }::.:.:.:. /.:.:.:.:.:./.:`ヽ/人ラ´イ.:.:.:.::/            ̄
         ヽYj::rr-、::::::::::::::/.:.:/.:.::ハ/ }___j:. ノ
 :,   ・ ・ …-=イ::<ノ/〈ヾ::::::::::::::::::::::/:ノヽ-──<{_
:; ;; .' ⌒  、 __≧イ::ゝ、ノノ.:.:.::::::.:.:.:..人.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}ヘ
   。 ・ >三 ヲ:::::::::::::.:.:.:::::::::::/i {{ ̄>'⌒ヾ´ラヘ人r┐
_, -一' ´>≧イ:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::{:.:.:.>──---、ノ‐tァ'´)- } ,
,,,;;;..  '''  イ}:::::::/ }::::::::.:.:.:::::::.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄`ヽイ_ヲ
.....;;;;::.: . :,,'';;く:::/ /∧:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::>、
       〈7^i  .{:( ヽ::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.f´:.:.  \ \ヽ
    /  ゝイ   ゞ  >、:::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ`ヾ{:.:.:    ヽ,  j
  /               \::::::::::::::::.:.:.:./|ヨ   |:.:.:...::.:.:.:.:.:.}ヽ
                 <:::::::::::::::::/  |ヲ   人:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ:.:.}
                /:./⌒}fヽ:::/         \::::::::/:.:.人
| ̄ ̄/ /7/7          Yヽ_厶{ }:{           `ヽ{i.:./⌒}
|  / / ///            〈 /   ヽ!            乂 イヽ,
l  / 〈_//ノ    イ       ∨                     └イ ヽ
|  \__    / |__    /| /¨7                    }  ',
|      〉   {     ヽ-イ !|__/r‐┐                 乂__}
ヽ  } ̄ヽ/     レ' ̄ ̄ヽ_  l   └-/
 } |   lココ/〉        〈  !      |7  ___
 |/    _//         } {   <二 二〉 ア/
       ̄     ___/ /    /|/   }/  <二7    ()
              {____/               /二二>  /7」
北条加蓮 「面倒だから真目には見たけど、私はそんなに真贋差なかったかな」
渋谷凛 「ポジションが千早ちゃんだからね>GM」
神崎蘭子 「これでよし、と」
パーシヴァル 「俺が吊られる日の森久保の発言は良かったのだが、俺がフォローし損ねたのが痛い」
神谷奈緒 「私もそう夜言っていたら、気がついたら霊界だったよ、はっはっはっは>加蓮」
結月ゆかり 「5日目の橘●を吊ってもらおうとしていなかったのはんー?ってなりましたね。
こっから占い噛みでも狼十分に戦えるので、そうなると橘さん吊ってもらった方が真占い師良いと思います。」
セレナ 「狼目でみた理由あるかしら?>オデッセイ」
神谷奈緒 「乃々が不味かったというより
杏に好感持ってる人が村に残っていった
という方がいいかな>乃々」
北条加蓮 「でも杏が私噛んだのっておそらくそこじゃないよね?>杏」
渋谷凛 「加蓮>要約すると個人特定できるの最後の一行だけだから
そこまで占いに差は見なかったかな」
IA 「ちょっと早いがお疲れ様ー(ずぶずぶ」
双葉杏 「んー?」
オデッセイ 「基本的に変な絡み方して来た所(狼断定ではなく、なんかこう、推理の一つして)がパーシヴァルとセレナだった>セレナ
これで盲目的に吊れ吊れ言っていた場合は村目に見るんすけどね」
神崎蘭子 「ログを見てみるといいさ>森久保
割とみんな夜の間に喋っているぜ、占い師の印象」
結月ゆかり 「銃殺への反応については人それぞれなので特に言うことはないです。」
渋谷凛 「蘭子も年齢の割りには大きいしね
これから育つだろうし」
北条加蓮 「もともと杏を疑ってる人に●を出すのは杏にとってはダメージがない。
むしろ何とかして偽視させたいから攻撃してるという大義名分になっちゃったり。
浮いた分を吊りやかみで処理していくって感じなのかなーっと>奈緒」
オデッセイ 「盲目的に吊れ連呼=俺吊った後どうするんだろう
的だから、基本村と見る」
双葉杏 「加蓮噛みはー」
森久保乃々 「正直怖いんですけど…後で…見てきます…>蘭子さん」
セレナ 「あーたしかにそういう発言してたわね ありがとう参考にするね>オデッセイ」
北条加蓮 「それね。
一応いろんなところに左占いって書いてあったからめんどくさいかなと思ったけど
置換で一発で左占いにそろえられるかーとか思ってた>凛」
双葉杏 「灰に狼がひしめき合ってるから灰噛みはNO
確定○のゆかりはこっちにぶれそう
なら、加蓮ってだけ」
神谷奈緒 「陣地構築ゲームだからなー、信用戦って
どんだけ自分の味方作れるかってのが肝心だからね
そういった意味で、狼のゲームメイクの腕がでるからね>加蓮」
オデッセイ 「もっと杏に媚び売ってれば胃痛ポジションだったのかな?(´・ω・`)」
北条加蓮 「おうふ。>杏」
オデッセイ 「ただもっと媚び売っていた場合、杏盲信してそう」
神谷奈緒 「たぶん、私は狩人候補で噛まれたんだろうくらいだな…」
北条加蓮 「私は狼なら、信用戦の灰狼が一番好きだなー。
その次がグレラン大会の灰狼で、
その次はオリーブオイル>奈緒」
神崎蘭子 「そして信用勝負を挑む狼は基本的に自信があるから挑むのよ>森久保
噛み先で邪魔な位置は調整できるしな

お前さんに傾いた位置は噛まれている、だから【夜の発言】なのさ」
双葉杏 「奈緒噛みは」
オデッセイ 「でも杏視点
アリス-渋谷凛-オデッセイ-セレナ でセレナに●出さないとなると、渋谷凛になっちゃうよなあ」
サトシ 「うーん、楓さんいないみたいだな
お疲れさま!」
双葉杏 「挨拶の遅いところに1Wいると仮定して
その狼足りえないから噛んだだけ」
渋谷凛 「なので占い死なないのと
占い理由が執拗に私と明石について触れてるなら
あ、SGで吊りたいのねアッハイって感じに私は見たかな>加蓮
まぁ絶対的人外要素ではないんだけど」
神谷奈緒 「なんだ、オリーブオイルって!?>加蓮」
小松伊吹GM 「アタシがスレに報告しに行ってる間に捏造AA増えてるんだけど!?
仕事早すぎない!?」
神谷奈緒 「なんだ、狼候補にもならないから噛んだのか…>杏」
神崎蘭子 「オリーブオイルはオリーブオイルに決まっているオリーブオイル>神谷」
パーシヴァル 「信用勝負だから灰なんて見なくてもいい
そんな風に考えていた時期が俺にもありました」
北条加蓮 「騙るくらいならオリーブオイル>奈緒」
神谷奈緒 「白長饅頭さんはAA芸人でもあるからな>GM」
渋谷凛 「なんか噛まれないのが見えてる暢気に見えたんだよね私や明石に触れたのが
私噛まれたら村は吊るでしょって風でもなく」
結月ゆかり 「あとは発言ですね。と言っても私も銃殺2COでほぼ敗北したたちなのでアドバイスできるかどうか…
自分の投票成分を出すのは好印象でした。」
双葉杏 「途中まではオデッセイに●の予定だったけど
狩人っぽさがあって狩人だったらめんどうくさいし、こっちにぶれそうだから予定変更した。」
神谷奈緒 「お、おぅ!?何かわからんがオリーブオイルすげぇ!!>蘭子・加蓮」
渋谷凛 「加蓮はもこみち派?」
オデッセイ 「セレナ●だしの場合アリス無視して
セレナ→森久保 になってた」
北条加蓮 「すごいよ、私狂人でもオリーブオイル派だからね>奈緒」
神崎蘭子

\ ヽ、ヽ ヽ ヽ の    l   も  こ l
  l l ヽ ヽ ヽ_,ゝ そっ…l  っ  う l
  ヾ_r ヽ ヽ_,ゝー-、_   l  と  し l
  Y:::::::::::オリーブ::::::::::::~ヽl  素 た l
  l::::::::::::::::,‐ー-、:::::::::::::::l  敵 ら l
  ト、;;;;;;:::::~''ー'~::::::::::::::ノl   だ    l
  ゝ  ^u;;;;:::::,,;;;;u~"~ノl  と    l
  l~~ー--,.,.,__.,__,,ノヽ l  思   l
  l::::::::::::::::,‐ー-、:::::::::::::::l   わ    l
  ト、;;;;;;:::::~''ー'~::::::::::::::ノl   な    l
  ヽ  ^u;;オリーブ;u~"~ノl  い    l
   ~ー--,.,.,__.,__,,ノ l  ?   l
               ヽ_人__/」
大槻唯 「サトシさんから釣ったのはぶっちゃけ最初だし、どっちも変わらん面もあったけど」
神谷奈緒 「オリーブオイルってそんなにすごいんだな!?>加蓮」
北条加蓮 「ドーナツぅ!」
オデッセイ 「杏から●だされたら
ほげえええええええええええ パーシヴァルすまんごおおおおおおおおおおおおおお
って感じで発狂してました まる」
神谷奈緒 「法子がぶちギレないかな…>蘭子」
北条加蓮 「想像してみてよ奈緒」
神谷奈緒 「んー??」
北条加蓮 「狼が最終日に残ってるでしょ、でも絶対的に劣勢なの」
渋谷凛 「昔は化粧品としても使ったんだっけ?
どうだっけ?」
パーシヴァル 「とまあ、信用勝負で途中退場した村は特に言うことも無い。
ではな、お疲れ様」
北条加蓮 「もうここで終わりか、最後までよく戦ったなって狼が思ってるときに」
北条加蓮 「私がオリーブオイルをもってさっそうと狂人COする」
結月ゆかり 「自分が狼なら●を出してわざわざセレナを敵に回す必要はないだろうとかですかね?
心象は受け取る側の問題なのでそれっぽいこと言ったら良いんですよ。たぶん」
神崎蘭子 「「オリーブオイルはドーナツにも合うんですよ」

        ,,,,iiiiiilllllllllllllllllliii,,iiiiii,,,
       ,illllllllllllllllllllllllll!!!!llllllllllllllllllii,,
     ,illllllllllllllllllllllllllllll゙゙illlllllllllllllllllllllllli
   ,,iilllllllllllllllllllllllllllllllllliiillllllllllllllllllllllllllllll _
   lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiiii  ヽ
  ,illlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll  llllllllll
  llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll!゙  lll ll  iiii  ゙lll
  llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll!゙゙    lllii  lllli, ,,
  llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll!゙  ,,,,,,,,  ゙゙lllli, llllll, lll
 ノllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll!!゙゙゙  ゙lllli illllllll
  lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll゙ llllllllllllllllii,,  llllll!゙゙lli, ,,
__ノllllllllllllllllllllllll゙゙゙゙゙゙゙llllllll   ゙゙゙゙゙     lllll _
__ノlllllllllllllllllllli,  illllllll゙          llll __li,
   l! lllllllllllllllllliiilllllllllii,, _        ill! ll,,ヽ__
    llllllllllllllllllllllllllllllllllll           ,,,,,
   ,illlllllllllllllllllllllllllliiiiii,,,,,,, ,,,,ii    ,lll ,, ll゙゙゙
  / / llllllllllllllllllllllllllliii,,,       ,illll゙゙llll
     llllllllllllllllllllllllll゙゙゙゙    ,,,,  llllllli ゙゙
      ゙゙゙llllllllllllllllllllii,,,,,,,,,iiiilll!゙゙   ll,, llll
       lllllllllllllllllllllllll!゙゙      lllll
       llllllllllllllllll゙゙
        llllllllllllllllllllii,
       ,illlllllllllllllllllllli,」
北条加蓮 「オリーブオイルってすごいんだよ>奈緒」
オデッセイ 「なお遠坂凛でも発狂していた模様」
神谷奈緒 「なんか、狂人COとしてはいいけど、そのオリーブオイルが
とってもシュールだぞ!?>加蓮」
渋谷凛 「加蓮ってエッチなことのヌルヌルにもオリーブオイル使いそうだよね」
大槻唯 「(まあぶっちゃけ特にこだわった理由が無いかなー☆)」
オデッセイ 「とりあえず村建同村GMお疲れ様でした! 生き残りたかった(´・ω・`)」
神崎蘭子 「待って! ……こうしたら、もっと素敵だと思わない?>北条

(オリーブオイルを懐から出しつつ対抗狂人CO)」
大槻唯 「次は尾もっとがんばるぞー。お疲れ様」
神谷奈緒 「今日の教訓:オリーブオイルってすごいだな!!>加蓮・蘭子」
セレナ 「あーたしかにそういう発言してたわね ありがとう参考にするね>オデッセイ」
森久保乃々 「その…あたしは帰りますね…
お疲れ様でした…」
北条加蓮 「サラダ油じゃアイドルっぽくない気がするんだよね。
どちらかというとお母さん役の女優って感じ。違い、伝われ・・・!>奈緒」
小松伊吹GM 「AAを素早く用意するスキルは素直に尊敬しちゃうなぁ
それにしても流行ってるね、オリーブオイル?」
結月ゆかり 「自分が狼なら●を出してわざわざセレナを敵に回す必要はないだろうとかですかね?
心象は受け取る側の問題なのでそれっぽいこと言ったら良いんですよ。たぶん」
神谷奈緒 「くっ…私にはさっぱりわからないぞ>加蓮」
北条加蓮 「凛、聞こえてるよ>凛」
セレナ 「じゃあお先にお疲れ様 楽しかったわ じゃあねー」
結月ゆかり 「ちなみにセレナさん護衛は
もしセレナ噛みでGJ出たら、決め打ち失敗しても
狼視点どっちが狩人か分からない。というアレでした。

ではおやすみなさい。」
北条加蓮 「懐から・・・
ありかも。でもそこまで行くなら」
北条加蓮 「私なら懐からオリーブオイルを取り出すでしょ?

そこにさらにオリーブオイル>蘭子」
神谷奈緒 「それじゃ、お疲れ様ー」
神谷奈緒 「村建てありがとうねー」
神崎蘭子 「森久保。勝ちたければ方法は2つよ

対抗よりも信用を稼ぐか、結果(呪殺>●>●)で黙らせるか
あるいは判断役の目の前で5円玉を揺らすか、好きなのを選ぶといいだろ」
渋谷凛 「ゆかり>杏狼なら3Wだよほぼ>ありす生きてる朝で
だから森久保真捨てないならオデッセイでいい」
結月ゆかり 「というか私狼しか護衛してませんね。ゆかりさんマジ狂信者」
小松伊吹GM 「三つ目の技術は私も気になるんだけど!?>蘭子」
渋谷凛 「まぁ冗談はさておき
お腹壊しやすい人もいるから程々にね加蓮>オリーブオイルは」
北条加蓮 「こうやって五円玉を・・・
(ゆらゆら ゆらゆら)>GM、蘭子」
北条加蓮 「そ、そうだね>凛」
渋谷凛 「それじゃお疲れ様
GMは村立てありがとう」
神崎蘭子
 m(・∀・)
 /
◎ ))

3つ目の技術などない、いいね?>小松

 m(・∀・)
  \
 (( ◎」
北条加蓮 「ハイ・・・ミッツメノ ギジュツナンテ アリマセン・・・>蘭子」
渋谷凛 「お腹壊してグキュルいってる加蓮見てPが興奮するといけないからね」
小松伊吹GM 「アッハイ…………ソウダネアタシガマチガッテタネ!!>加蓮、蘭子」
北条加蓮 「そんなPは私自身扱いに困るよ・・・>凛」
渋谷凛 「今日は後ろで……とか言い出すPだったら間違いなく戦国武将」
渋谷凛 「それじゃ改めてお疲れ様
村のみんなはごめんね
及ばなかったよ……」
北条加蓮 「たぶんそのP、男の方に興味があると思うんだけど
・・・sideMのプロデューサー・・・まさか・・・?>凛」
北条加蓮 「う、うんあまり気にしないようにして私も立ち去ろうかな・・・
お疲れ様、またお願いね」
小松伊吹GM 「もう誰もいないかな?
それじゃあこの辺で閉めるよ!みんなお疲れ様!」
小松伊吹GM 「それからちょっと宣伝も!
四条劇場では定期村が次の日にやってるよ!

・月曜日の初心者村       (GM:イズーンさん、ykkさん)
・火曜日の普通村        (GM:サリエルさん)
・木曜日の村          (GM:伊吹疾風と有栖酸さん)
・土曜日の闇鍋村        (GM:スケアクロウさん)
・月に一度、月末日曜日の女神村 (GM:ykkさん)

なにかの記念日は、不定期村も立つかもね!」
小松伊吹GM 「                /: : : : : : : : : : : : : : : : : :``丶
.             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
.           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ‘:,
          /: : /: : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.‘,
            /: : /: : : /: : : :./: : :/|: : :/\: : : : : : : : : : :.‘,
.           |: :./: : : /: : : :./: : :/: |: :/   :,: : : : : : : :. :. :.‘:,
        /: /.:. :. :.|: : : :/: : :/  |斗----ミ: : : : : : : : : : : |
     _/イ:. :. :.:.斗-‐/|:. :./  |/     :,/|: : : : : : : : : |
      /  :|: :/: : : :|:/ :|/     ,ィf竓≧ミ: :./: : : :. :./
.     /   ∨:. :. :.寸≧ミメ     〃んしハ }} /: : : : : /
..    /    ,∧: :/: :人 ∨し:,.      乂::.ツ,ノ:/: : : : : ∧       特に今週の日曜日は、月に一度の女神村!
.    /    /::::∨:ト : : :.ゝ''^     :.:.:.:.:.: /: /: : : : イ  〉
   〈    |::::::: Ⅵ:::〉__:., :.:.:.:.   ′    /イ: : : : : :{_,,/
     \   | :::::::: /: : :込、   、_ ノ  イ: ≧===≦:\
..     \ l::::::::: |: /: : : : : 〕iト  ___,,.. く /: : : : : : : : : : :乂_      よかったらみんなも来てね!
         7 >┐_|//: : : : : : : : : : : }    ./: : : : : : : : : : : : : 「      それじゃあ、ご来場ありがとうございました!
.       /   /_ノ,人: : : : : :/ ̄ ,ノ   乂: : :/: : : /: /: :/
      〈   __ } /\{ヽ//\        }/}: :/}/Y
.        ∨ニニ\|   ∨/     /__ // ``ヽ  |
          |\ニニ=|  //          / /     |. ‘:,
       /  :}二= | .//          / /      :|/ /
     // ̄/二=/∨〈    /      ,/ /       / .〈」
双葉杏 「明日は探偵村やるからそっちもよろしくねー」
小松伊吹GM 「あっと、探偵村が抜けてた!
金曜日は四条と真紅合同で探偵村をやってるよ!
GMはジョインさんで、真紅と四条、交互に村が立つみたい!」
結月ゆかり 「灰の数ばかり見て黒とか見てないという凡ミスを…
次は頑張ります。きっと、maybe」