←戻る
【劇場番外】劇場公演 初心者の部村 [929番地]
~初心者歓迎村、代理GMその1やで!~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
icon 横山奈緒GM
(生存中)
icon 的場梨沙
(生存中)
icon 島村卯月
(生存中)
icon 輿水幸子
(生存中)
icon 由嶺名居 天子
(生存中)
icon 幽香
(生存中)
icon ドラゾンビ
(生存中)
icon 小早川紗枝
(生存中)
icon 神谷奈緒
(生存中)
icon 結月ゆかり
(生存中)
icon 我那覇響
(生存中)
icon 渋谷 凛
(生存中)
icon 高峯のあ
(生存中)
icon ユエル
(生存中)
icon 高垣楓
(生存中)
icon 周防桃子
(生存中)
icon 赤馬零児
(生存中)
村作成:2016/03/07 (Mon) 21:57:14
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 横山奈緒GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 1620 (横山奈緒02)」
横山奈緒GM 「【入村許可制】
 ・この村はGMが入村許可を出してから入村になります。
 ・初心者枠>優先枠>全開放いたします。
 ・名称と枠条件を変更したからよく確認してくださいね。

【入村条件】
 ・《初心者枠》
   あらゆる人狼ゲームの普通村が50戦以下

 ・《優先枠》
  あらゆる人狼ゲームの普通村が100戦以下
   または式神研インターフェース、PHP方式人狼(四条劇場及び劇場と同じ人狼インターフェースの人狼)参戦数10戦未満

【トリップについて】
 ・ユーザ名の欄にトリップ専用入力欄があるので、自分が好きな文字を入れてください。文字列が作られます。
  成りすまし防止として、無用なトラブルを減らせるので入力するといいでしょう。(入力しなくてもOKですが」
横山奈緒GM 「【はじめに】
 ・ここはアイドルマスターの好きな人を中心に開催されている人狼サーバーです。
  アイマスキャラが多いですが、アイマスキャラ縛りではないので気にせずに参加してください。
 ・楽しく自由に人狼しましょうね。

【禁止事項】
 ・GM許可以外の超過前の噛み。
 ・無益な村人騙り。
  (3人最終日のPP時以外の村人騙りは禁止、という認識で結構かと)
 ・意図的な突然死、暴言。
  (昼夜、霊界下界問わず。マナーだけでなくゲームの面白さを損ねる行為となります)
 ・ゲーム放棄。
  (参加した以上は最後まで。匂わせる発言も控えてください)
 ・昼にAAの使用。
  (初心者が画面を見やすくするため。夜や遺言、開始前は自由にどうぞ)
違反した場合基本的に注意や警告を行いますが、悪質と判断した場合最悪管理人に通報させて頂きます。

【その他の注意点】
 ・完全ステルス防止のため入村時には一言挨拶してください。
 ・夜に【あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます】と表示されますが
  狼、占い、狩人以外は関係ないので落ち着いて。。
 ・占い師をCOするときは占い結果のみ。占い理由は二言目以降にしてください。
 ・参加者のアイコンのすぐ下のところにある音声でお知らせをonにすれば、投票はアラームで教えてくれます。
  突然死防止のためにonにしておくと良いでしょう。
 ・アイマス人狼の詳しいルールなどについては、以下のURLも参考にしてね
  http://www34.atwiki.jp/imasjinro/pages/1.html」
横山奈緒GM 「【四条劇場の特徴】
1--狩人の「護衛成功」と人狼の「狐噛み」判定は出ませんよー

2--夜の共有の「ヒソヒソ」発言(アオォーンの共有ver)は表示されませんよー

3--遺言は前日にしか書けません。温めているネタは今のうちに解放しましょう!

4--超過時間でも喋れるけど、狼は独り言になるので相談はできないよ(共有は喋れます)

5--占い結果と霊能結果は、朝に出ます。呪殺と噛みが同時の場合、狐は生存しますよー

こちら四条劇場の特徴なので目を通してくださいませ」
横山奈緒GM 「【初心者村に関して】
①--初心者村ですので、普段の村と違い、昼aaはご遠慮頂くと幸いです。夜や開始前、ゲーム終了後はご自由にどうぞ。

②--早噛み(超過前噛み)の許可は、基本的には出しませんので、ご了承下さい。

③--占い候補の人は、占い結果と、占い理由は忘れずに分けて下さいね!占い結果を一言目、占い理由を二言目、という風にしていただけると助かります!

④--初心者村、ということを忘れずに、慣れている方もそれを意識して発言、アドバイスをして頂けると嬉しいです。
  自分の知っていること、自分の常識を、相手がわかっているとは限りません。
  どうか、周りは皆初心者で、自分はその初心者に教える、助けるんだ、という気持ちを、ゲーム中、霊界でもって頂けると助かります。GMも助かります。

⑤--テンプレートには、改めて開始前に忘れずに、目を通していただけると幸いです。」
横山奈緒GM 「【便利な事】
A.1日の終わりに、右上の[別ページ]というボタンを押すと、ブラウザの別タブでその日の発言を残しておけますよ。

B.発言をまとめてくれる手動のツールは、四条劇場の管理人さんが制作された物がありますよ。
使い方は、その日の最後の発言と最初の発言までを選択して、コピーして、
↓のツールに貼り付けると、発言をまとめて見れますよ。
http://www.petitnoir.net/zinro/sasuga/jinrosiki_tool.html」
横山奈緒GM 「【アンカーに関して】
まず、最初の入村者以外の方は、準備が出来ましたら、投票→ゲームを開始する、のボタンを押して、ゲーム開始に同意して下さい。
最初の入村者の方は、全員の投票が終わりましたら、開始するときに、5…4…などのカウントしてから、同じくゲームを開始に投票して下さいね。」
横山奈緒GM 「【四条劇場からのお願い】

1.戦犯とか軽々しく口に出してはいけません。

自分の立ち回りがうまくいかなかったのは残念な事です。
でもそれで自分戦犯とか言い出すのはいかがなものでしょうか。余計につらくなるだけですよ?
あ、人を戦犯とか言うのはもっとNGです。
開始後だからとて人を呪わば穴二つ。出来るかぎり他参加者を尊重してさわやかに終わりましょうね

2.まったり仲良くいきましょう。

勝利を求めるのも一つの楽しみ方ではあります。
でもそれだけだと疲れませんか?
時にRP、時にしっかり。メリハリは大事ですけどガツガツしすぎずほどほどにゆるく、まったりと。
みんな仲良く終了後も和気藹々。それがプロデューサーの目指す理想の公演です。
できれば、協力してくれると嬉しいです。

3.他の参加者を尊重しましょう。

相手も人。その言葉は『自分のやり方』を意識しているとついつい忘れてしまいがちなポイントです。
いや、わかっていても「その考えをしている人はおかしい」
とか思ってしまう時だってあります
でも、そこは結構大事なのです。
やりすぎなければ殴りあうもいいでしょう。論戦もいいでしょう。
でも、勝敗が関係無くなった時・・・
例えば、霊界や終了後に於いて
「言い過ぎたかも」「ごめんね」などの少しのフォローで構いません。
「これが正しいから私は悪くない」ではなく、相手が傷ついているもしくは気にしているようならフォローも忘れずにしましょう
ちょっとした気遣いが、場の空気をよくしてくれます。」
横山奈緒GM 「【役割希望制に関して】
今週は役割希望制らしいで~。
ただ希望通りになるかは運次第!」
横山奈緒GM 「【最後に】
・人狼はみんなで遊ぶゲーム、言葉遣いや心遣いを気を付けたってなー
・本日の代理GMは、【イズーンP◇NPBEEpjgi2】プロデューサーと私、3rdライブ大阪公演のリーダー横山奈緒が務めさせていただきます~」
横山奈緒GM 「《初心者枠》
あらゆる人狼ゲームの普通村が50戦以下

解放!」
横山奈緒GM 「20分優先枠解放、30分全開放予定 なので覚えといてなー」
的場梨沙 が入場しました
横山奈緒GM 「よう来たなー、いらっしゃーい!」
的場梨沙 「よろしく頼むわよ」
島村卯月 が入場しました
島村卯月 「初めまして!よろしくおねがいします!」
横山奈緒GM 「いらっしゃい! 346プロのお二人さん!」
横山奈緒GM 「宣伝というのか、今週末はミリオンライブ大阪公演やで~!
私と恵美がリーダーやるから、暇な人はLVでも見てくれると嬉しいです!」
横山奈緒GM 「って、そろそろ優先枠解放やで~!」
横山奈緒GM 「《優先枠》
  あらゆる人狼ゲームの普通村が100戦以下
   または式神研、PHP方式人狼(※)参戦数10戦未満
(※四条劇場及び劇場と同じスクリプト「人狼式」で稼働しているサーバーでの人狼の参戦数を参照)

解放!」
島村卯月 「奈緒さん!あの、私参戦がまだ少なくて、どうしてもログに追いつかなくなることとかあると無言になっちゃうことあるのですが、寡黙吊りの回避のコツとかあったら教えてほしいです!」
輿水幸子 が入場しました
輿水幸子 「こんばんは、カワイイボクがやってきましたよ!!ふふーん!」
仮! が入場しました
島村卯月 「幸子ちゃん!よろしくお願いします~♪」
横山奈緒GM 「んー、そうやなぁ……結構ログ見るのは難しいのは仕方ないんやけど
逆に行ってしまえば、『必要な情報以外を見ないようにする』、ってすれば情報整理から喋りに移行しやすいで>卯月」
横山奈緒GM 「おっ! お二人さんいらっさーい!」
輿水幸子 「卯月さんどうも、グラブルにようやくボクもお呼ばれしましたよ!
ボクのかわいさが全空に広がっちゃいますね!!」
仮! 「仮! さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮! → 夢音名居 天子
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 241 (比那名居天子)」
夢音名居 天子 「宜しくお願いするわ」
横山奈緒GM 「占いCO、霊能CO、共有CO、この3つだけ見てあとは自分で考えた事だけを喋る
夜になったら取っておいたログを見て自分に対する発言をした人がいないかを探したりする、とかかな~?
あとはリアルタイムで人狼を観戦して、こういう発言を自分ならするってイメージしたり情報を整理しながら観戦してくとスキルは付いてくで」
島村卯月 「情報整理からの移行…、分かりました…!頑張ります!>奈緒さん」
夢音名居 天子 「夢音名居 天子 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:夢音名居 天子 → 由嶺名居 天子」
輿水幸子 「ログを全部見る必要はありませんよ。「誰が何をCOしたか」「投票指示があるか」
この二つを見逃さなければ大丈夫です。簡単に言ってしまえば
「大声発言を見逃さない」、これが大事ということですね!!」
横山奈緒GM 「ただログを見るんじゃなくリアルタイムで行われているゲームを情報整理しながら見る、個人的にはこれが一番ログを読んだりしやすいと思うかな~」
横山奈緒GM 「幸子ナイスアシストや! 大声発言や色つき発言はしっかり注視しておくとええってのは間違いないな」
横山奈緒GM 「30分丁度に全解放するから待っとってな~!>待機組」
かりいいい! が入場しました
輿水幸子 「カワイイボクはアシストだってこなせるんですよ!!(ドヤァ)>GM
初心者村以外に参加するのが怖いという場合は観戦者として内訳考察を
してみるのもいい勉強になりますね!ボクもそうしてきましたから!!」
島村卯月 「そうですね…みなさんの特別な発言に注視して、自分なりに推測していきたいと思います!ありがとうございます♪>幸子ちゃん、奈緒さん」
かりいいい! 「よろしく」
由嶺名居 天子 「我が同士達よ、集え!「ひんぬー」の名の下に!!」
横山奈緒GM 「いらっしゃい!」
横山奈緒GM 「全開放や!!」
ドラゾンビ が入場しました
小早川紗枝 が入場しました
神谷奈緒 が入場しました
かりです が入場しました
我那覇響 が入場しました
渋谷 凛 が入場しました
サイバネティックさん が入場しました
ユエル が入場しました
かりっとね が入場しました
周防桃子 が入場しました
Ⅳ が入場しました
神谷奈緒 「よろしくなー」
ドラゾンビ 「こんばんは、僕ドラえもん」
横山奈緒GM 「うおっ!? ま、満員御礼や!!」
由嶺名居 天子 「早い早いw」
「よろしくお願いしますゥ」
我那覇響 「自分がいれば 人狼退治なんて簡単さー!!」
小早川紗枝 「よろしゅう」
周防桃子 「こんばんわ、お兄ちゃんお姉ちゃん
よろしくね」
渋谷 凛 「よろしく」
ユエル 「方言がちとおかしくても堪忍な~」
かりです 「少々お待ちください」
サイバネティックさん 「…速い、だが尊い」
島村卯月 「みなさん、よろしくお願いします♪」
サイバネティックさん 「サイバネティックさん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:サイバネティックさん → 高峯のあ」
輿水幸子 「一瞬で埋まりましたね!!みなさんよろしくお願いしますよ!」
由嶺名居 天子 「この村には「ひんぬー」の同士が多そうで安心したわ」
かりいいい! 「貴女の名前って比那名居じゃあ」
かりです 「かりです さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりです → 結月ゆかり
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 1541 (結月ゆかり02)」
かりっとね 「かりっとね さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりっとね → 高垣楓
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 2140 (高垣楓02)」
結月ゆかり 「お待たせしました、結月ゆかりです」
高峯のあ 「……言葉はいらないわね。赤で示すわ」
ユエル 「紗枝はんもその辺りファイトやで―>京都弁」
高垣楓 「こんばんは」
かりいいい! 「かりいいい! さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりいいい! → 幽香
アイコン:No. 10 (さくら色) → No. 229 (風見幽香)」
高垣楓 「今日も賑やかですねー」
ユエル 「ああ、そこはうちも気になってたんや。なんか元ネタあるん?>由嶺名居という苗字」
小早川紗枝 「この瞬間を逃さぬようれっすんを積んだ甲斐があったというものどす」
由嶺名居 天子 「>かりいいい!
どうも、私はNHK(日本貧乳協会)東方支部長の「由嶺名居 天子(ゆれない てんし)」です。」
「Ⅳ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:Ⅳ → 赤馬零児
アイコン:No. 1644 (Ⅳ(フォー)) → No. 1902 (赤馬零児)」
ユエル 「なるほどなー>揺れない」
高垣楓 「あら~?それうみねことかであったやつだったかしら?<赤で示す>のあちゃん」
由嶺名居 天子 「本名はさっき捨てました。」
神谷奈緒 「さーて、遺言もよし。準備OKだ」
赤馬零児 「ジェネレーション・チェンジを発動……とでも言っておこうか」
輿水幸子 「おっと、投票はちゃんと済ませましたよ!!」
的場梨沙 「こんばんわー」
高垣楓 「ゆれないのは胸だけじゃなくて、意思もゆれないみたいね~>天子ちゃん」
渋谷 凛 「今日はいつもより調子がいいかな。うん」
ユエル 「しかしまあ機械なドラえもんはともかくとして、なんや社長さんのハーレムかいな?>ほぼ女子キャラ」
由嶺名居 天子 「ちょっと外すわ。すぐ戻る」
我那覇響 「あれ?未央がいないぞ?NGS解散って本当だったのか?」
ドラゾンビ 「ぼくドラえもん(お花摘みや飲み物の準備はOKかしら皆さん?)」
高垣楓 「未央ちゃんは、きっと劇のしごとがあってこれなかったのよ~>響ちゃん」
横山奈緒GM 「天子と幽香の準備が出来るまで待っててーなー!」
島村卯月 「そんな!未央ちゃんが居ないなんて…!」
ユエル 「よく見たらアンデットやないか!?>ドラゾンビ 」
赤馬零児 「ドラえもんは雄に設定されていると聞く
それに私はハーレムなどに興味はない>ユエル」
渋谷 凛 「未央は忙しいから……舞台とか」
神谷奈緒 「加蓮もいないみたいだな。案外未央と遊びに行ってたりして」
島村卯月 「あっ、未央ちゃんお仕事だったんですね!よかったです~>楓さん、凛ちゃん」
我那覇響 「なんだそういうことだったんだな、心配したぞー>凛 楓」
幽香 「なぜか私巨乳で描かれるのよ」
ドラゾンビ 「映画公開中だぞ、妖怪猫より上行ける自信ある>ユエル」
高垣楓 「なるほど~、二人でお出かけということもあるわね~>奈緒ちゃん」
渋谷 凛 「解散したわけじゃないよ。これからも一緒、それは違わないから」
由嶺名居 天子 「>楓
きょぬー滅ぶべし、慈悲はない」
高峯のあ 「…大きさにこだわるなんて…
まだまだ未熟ね…」
横山奈緒GM 「天子は大丈夫っぽいんか?」
島村卯月 「凛ちゃん・・・!」
小早川紗枝 「職務放棄とかあいどる以前の問題ちゃいます?」
由嶺名居 天子 「ちなみに私の横列は全員NHK入会の見込みがありそうな子です」
周防桃子 「ミリオンライブ勢が実質桃子一人だけってほうが重要だと思うな
バランスとる為にもシンデレラガールズの子から吊るのがいいと思うよ
響さんはいいけど」
横山奈緒GM 「(あ、機械云々と並んでたので機械トラブルで離席に見えとったけど普通に離席ってだけやった)」
高垣楓 「うふふふふ、ハイクヲヨモウ、天子=サン
という575はいかがかしら?>天子ちゃん」
幽香 「大きさに拘る人は未熟なのね。心も棟も」
由嶺名居 天子 「後でアイマス支部長に連絡しておきます」
渋谷 凛 「私達、3人揃ってニュージェネレーションズだからね
ダチョウ倶楽部みたいに」
赤馬零児 「島村卯月のスリーサイズは83-59-87だがいいのか?>天子」
輿水幸子 「なにやら→から不穏なオーラと発言が流れ続けてきているんですが・・・(ガクブル)」
横山奈緒GM 「桃子~、私の分も頑張ってーなー」
我那覇響 「まぁまぁ桃子、そう寂しがっちゃだめだぞー?>もももん」
高垣楓 「ダチョウ倶楽部さん…なんで芸人さんの方でたとえちゃったのかしらw>凛ちゃん」
神谷奈緒 「か、関西の星、横山奈緒やで~!>桃子」
ユエル 「はー、ドラはん今年はゾンビになるんか? そりゃまた大変やな―>映画公開中」
周防桃子 「よくわからないけど小さいので悩んでるのかなお姉ちゃん
桃子の踏み台でよければ貸すよ」
横山奈緒GM 「おっと、そろっとったな! 梨沙は準備出来たらカウントダウンしていいで~!」
小早川紗枝 「てれびを観るには入会せんとあかんかったんどすか…>天子はん」
由嶺名居 天子 「>零児
オウフ…」
輿水幸子 「例えがおかしくないですかね!?>凛さん」
横山奈緒GM 「奈緒は奈緒でも神谷やろ!>(神谷)奈緒」
我那覇響 「この前346プロのプロデューサーにスカウトされたぞ・・・・
どういうことなんだぁ・・・・」
的場梨沙 「OK、それじゃあ、カウントダウンいくわよ!」
渋谷 凛 「未央が竜ちゃんで、ジモンさんの野性的なところは未央で、
リーダーはリーダーだからやっぱり未央で……」
島村卯月 「何故私の3サイズを―?!>零児さん」
横山奈緒GM 「ちなみに私も84-57-83やで?」
ユエル 「いつでもええで―!」
輿水幸子 「未央さんしかいないじゃないですかやだー!!>凛さん」
由嶺名居 天子 「>紗枝
バストに地震のない方が入会対象です」
渋谷 凛 「……あれ? 何かおかしいかな?」
高垣楓 「奈緒ちゃんがどっちか
間違えないように「なお」さないとねー」
ユエル 「奈緒はん、意外とでかかったんやな……>84」
赤馬零児 「私の情報網を使えば、君のプロフィールなどすぐに分かる(メガネクイッ>島村卯月」
輿水幸子 「その誤字はわざとなんですか!?>天子さん」
ドラゾンビ 「よろしく」
周防桃子 「奈緒さんは二人いるけど、ミリオンライブのほうの奈緒さんは1日目で死んじゃうんだよ・・・
桃子の占いは当たる!」
我那覇響 「千早に聞かせたらいいと思うぞ・・・>楓」
由嶺名居 天子 「>GM
ちくせう・・・望みは隣の子だけね」
小早川紗枝 「うちは88-45-29で赤点だったわぁ>GMはん」
高峯のあ 「( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!」
的場梨沙 「3」
的場梨沙 「2」
輿水幸子 「な、なんでボクの方をじっと見ているんですか!?>天子さん」
由嶺名居 天子 「下にも居た!」
的場梨沙 「1」
小早川紗枝 「地震こわい>天子はん」
神谷奈緒 「あたしも83-58-81……って、何言わせてるんだ!?」
高垣楓 「あら?千早ちゃん、こういうの好きだったわね~>響ちゃん」
的場梨沙 「さあ。開演よ!」
ゲーム開始:2016/03/07 (Mon) 22:40:37
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
「◆横山奈緒GM ご来場感謝やで!
本日の代理GMは、【イズーンP◇NPBEEpjgi2】プロデューサーと私、ミリオンライブ3rdライブ大阪公演リーダーの横山奈緒でお送りさせていただきます~!」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆横山奈緒GM 占い師、狩人の能力実行(投票)は超過前に出来るだけ実行をお願いします。
人狼の噛み実行(投票)は超過後に、相談に則ってお願いします。
意図的な早噛み(超過前噛み)は基本的には止めて頂けると幸いです。」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆横山奈緒GM 覚えてるで~! 来てくれて感謝や!>該当」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆横山奈緒GM 【初心者村に関して】
①--初心者村ですので、普段の村と違い、昼aaはご遠慮頂くと幸いです。夜や開始前、ゲーム終了後はご自由にどうぞ。
②--早噛み(超過前噛み)の許可は、基本的には出しませんので、ご了承下さい。
③--占い候補の人は、占い結果と、占い理由は忘れずに分けて下さいね!占い結果を一言目、占い理由を二言目、という風にしていただけると助かります!
④--初心者村、ということを忘れずに、慣れている方もそれを意識して発言、アドバイスをして頂けると嬉しいです。
  自分の知っていること、自分の常識を、相手がわかっているとは限りません。
  どうか、周りは皆初心者で、自分はその初心者に教える、助けるんだ、という気持ちを、ゲーム中、霊界でもって頂けると助かります。GMも助かります。
⑤--テンプレートには、改めて開始前に忘れずに、目を通していただけると幸いです。

【四条劇場の特徴】
1--狩人の「護衛成功」と人狼の「狐噛み」判定は出ませんよー
2--夜の共有の「ヒソヒソ」発言(アオォーンの共有ver)は表示されませんよー
3--遺言は前日にしか書けません。温めているネタは今のうちに解放しましょう!
4--超過時間でも喋れるけど、狼は独り言になるので相談はできないよ(共有は喋れます)
5--占い結果と霊能結果は、朝に出ます。呪殺と噛みが同時の場合、狐は生存しますよー」
横山奈緒GM は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
横山奈緒GMさんの遺言                                        -,=--
                                   /: //:ヽ    ___
                                  Y: : : //: : : : ,` <: : : : : 、:Y
                                  . . . .{: : : {: : : ,ィi|__: : : : : : : : :}:}}
                            . : : : : , ---- 、 : : : : : : : : \: : :-、 ノノj
                              . : : : : : :/: /: : : :_: :ヘ: \: : : : ∨: :ノ {: {___
                          /: : : : : :/: : : :/: : |´.||`゙゙|: : : : ヽ\} : {: :|: : : : ヽ
                            /: : : : : :/: : : :/: : : | ||  |:}: : :゙,:∨:` 、: :! : : : : :{
                        .: : : : : : /: : :/j{: : :_:_} j}  |ノ: : :,:l: : |: :\:.ー,: : : : : `ヽ   ., -、
                         {: : : : : / : :j{゙ j{/___\    ヽ/j}: : |:.|:|: :∨: : : : : : /_ /: : : }
                         ∨: : :/: { : }  /f _笊ヽ     ,ヽ:ノ}ノリ`ヽ}: : : : ://ィァ : : : : /
                           }:/ : : 、ミ  ヾ マソ         __,  : : |Y: : : :/ .{:.{ ./: : : : : :{
                       /: : /: {-\___,            ,⌒`.: : ::}:|: : :∧   、゙/ : : : :_:_:_:`ヽ
                          /: :{/、: :| ヽ      , v-  、    : : :./ |: : {: : ー―):)/ ̄}: : :ノ ノ
                      /: : :| .゙、:! {          v   .}/ :ノ: : | : : : /イ  ー=イ:.イ
                          {: : : :|  ヾ、ー 、    乂    ノ  / :/人: : : : : /      .| : :!
                          |: : ト、_, __  ,} `      ー-- イ:/.}∧  ー        \{
                         ゙、: ∨´/     `ヽー―> - <  .j/
                        ,\{ /       ∨:::{__|-/ /、
                    /// /        }/y::::{〇}::::,:\--- 、
       .              { / / /       { ./ヽ/::::}イー'≧s。、,  ∨
                     Y|.{ _{_.{__     ヽ }:::ヽ:::ノァ_ィ-、_ァィ、,,ハ,, }
  __, -- 、             {从マ-ァィ_ァ、} \     `{\______ヽ ,--<
.  { y}:::::::::::::::\ __       .}イ / ¨   ノ{ヽ}、}    .}::::::::::::::::::::::j{:::::::::::::::::∨::::::::\
{` .し'./)::::::::::::::::::::::::::ヽ     ヾ/       `j{__ノ  /:::::::::::::::::::::::j{::::::::::::::::::::}::::::::::::::::Y
|  // )::::::/ヽ::::::::::::::::∨     /        /-{ノヽ イ::::::::::::::::::::::::::j{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
ヽ { { イ_::::/ {::::::::::::::::::/.、   ./        /  {j'´ ヽ::::::::::::::::::::::::::::j{::::::::::::::::::人:::::::::::::: ′
.  ーヽ  `)ヽ `}イ  ̄   \        /ー゙´.///∧:::::::::::::::::::::::::j{:::::::::::::::::::jO:::::::::::/    , -.、    今週はミリオンライブ3rdライブ大阪公演!
      ̄    ̄ .|       ゙,     .//////////∧:::::::::::::::::::::::j{:::::::::::::::::::j{::::::::::::'     /:::ヽ/ Y
              ゙,        }   //////////////}ヽ:::::::::::::::::::j{::::::::::::::::::j{:::::::::::i__.ノ:::::::::}つ     暇があったらLVでも見てくれると嬉しいです~!
              ∧       .///////////////./:/}:::::::::::::::::::j{::::::::::::::::::j{:::::::::::    }::::::::∧つ
          ///\     .///////////// 。s≦:://::::::::::::::::://:::::::::::::::::jO:::::::/    |:::::::::::::}-イ}
           ////// ー , -- ――――― ´ ̄ ̄::::`ヽ::::://::::::::::::::::://:::::::/ ̄ ̄.  ¨ `ヽノーァ

【四条劇場からのお願い】
1.戦犯とか軽々しく口に出してはいけません。
2.まったり仲良くいきましょう。
3.他の参加者を尊重しましょう。
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
神谷奈緒 「おはよう。凛はちゃんと起きてるか?」
輿水幸子 「おはようございます!!(ドヤァ)
カワイイボクを待たせるのは言語道断ですよ!
占いはCOをお願いします!!」
ドラゾンビ 「おはようさん」
ユエル 「おはようやな、みんな!」
島村卯月 「おはようございます♪COが気になるところです!」
的場梨沙 「おはよ!」
渋谷 凛 「占い師。高垣楓さん◯」
幽香 「おはよう」
由嶺名居 天子 「おはよう」
結月ゆかり 「おはようございます、結月ゆかりです」
高峯のあ 「ゴザ・ジョグ・ジョブビダバ」
赤馬零児 「異次元をも制する王の力、たっぷりと味わうがいい」
小早川紗枝 「おはようさんどすー
改めて皆様どうぞよろしゅうお頼み申しますー」
高垣楓 「お酒を避けちゃいけませんよ~
ということで、おはようございます
(ひっく)」
我那覇響 「自分に任せるんだぞー」
周防桃子 「おはよう」
渋谷 凛 「理由
楓さんのミステリアスでクールな感じ
ちょっと憧れちゃうかな。チェック
……卯月? 卯月はそのままでいいよ」
由嶺名居 天子 「占い1人かしら?」
結月ゆかり 「おっと、1COですか?」
ユエル 「あら? COひとりかいな?」
周防桃子 「桃子がこの村の霊能だよお兄ちゃんお姉ちゃん達
でも基本的に共有さんに指揮はお願いするからね
出方は伏せ展開にならない限りは出るよ」
高峯のあ 「…占い師がひとり… 共有は初日?」
赤馬零児 「グロンギ語か?>高峯のあ」
高垣楓 「あら~…私の冗談審査会になると思ったのに…>凛ちゃん」
小早川紗枝 「占い師はんが1人とはまた珍しいどすなあ」
神谷奈緒 「1COかな」
ドラゾンビ 「え、1-0?」
神谷奈緒 「共有COだ
相方は響だよ」
輿水幸子 「おや、占い1COですか?では霊能と共有にも出てきてもらいたいですね!!」
島村卯月 「1COですかね?」
幽香 「珍しいわね。1COなんて」
我那覇響 「じゃあCOするさー 共有者と呼ばれているぞー」
結月ゆかり 「えーと…1-0とは珍しいものですね」
ユエル 「えらい静かな朝やないか」
高垣楓 「1-1ですね~>ドラゾンビさん」
周防桃子 「ていうか、占いさんが出てから出ようと思ってたのに凛さんしか出ないんだね
これで●があっても桃子知らないよ」
由嶺名居 天子 「1-1-2まで把握」
的場梨沙 「占い1の霊脳1かな。共有2かな 了解だよ。」
赤馬零児 「このタイミングで霊能者が出てこないならば初日の可能性が高い
ならば渋谷凛は真でいいだろう」
小早川紗枝 「霊能者はんこれ潜ってるなら潜りっぱなしでもええんとちゃいますか?」
渋谷 凛 「私に任せて、って言いたいけど
さすがに1人じゃできることも限られるし、協力してね」
高峯のあ 「…残念ね…
……いえ、幸運だったと言うべきでしょう。そんな展開、つまらないもの」
ユエル 「珍しいな―。これは初日に役職もってかれたかいな」
ドラゾンビ 「ああ、赤いは霊能ね てことは1-1-2確認」
輿水幸子 「桃子さんが霊能で、奈緒さん、響さんが共有ですね!
ではグレランといきましょうか!」
結月ゆかり 「1-1ならそんなに珍しくはないんですけどね
1-0なら真-(初日)となりますね」
高垣楓 「霊能はどうやら零NO?ってね」
赤馬零児 「失礼した、周防桃子が霊能者か」
由嶺名居 天子 「10点 >楓」
渋谷 凛 「潜るのは好きじゃないかな
いないなら、それはいいけど」
幽香 「んで霊欠けのようだから潜伏とかぬかしてるやつ居ない限りほぼ真ね」
神谷奈緒 「さて、1-1か……
もちろん欠けもありうるけど、この段階から欠け言ってても仕方ないな
ユエル 「あ、霊能出たんやね。赤字で気づかなかったあ」
結月ゆかり 「っていましたね」
高垣楓 「がーん…>天子ちゃん」
小早川紗枝 「っておりましたか
赤すぎてまぶしすぎてようわからんわ」
周防桃子 「ごめん、大文字にするべきだったのかな?」
的場梨沙 「ちょっと厳しいわよ>楓」
神谷奈緒 「さて、今日はグレランで頼むよ」
島村卯月 「1-1-2まで私も把握しました!」
高峯のあ 「……霊能者。この狭き門を通るごとく柱の昼に、
…潜る意味なんて皆無だと思うけど、何を持ってそういうのかしらね…興味深い……」
ドラゾンビ 「ん~~~~~~~~~~~、難しい、難しい、そりゃあ素直に真-真と読みたいのが楽さ、でもそんな楽な感じじゃないんだろうなあ……」
輿水幸子 「1-1-2では役職欠けが濃厚ですね。ですがなにが欠けているかまで初日で
考察するところではないでしょう。」
渋谷 凛 「むしろいない方が嬉しい、っていうのは正直な気持ちかな」
高垣楓 「うーん…結構この状況にあった冗談できましたーってなったんですけどね~>梨沙ちゃん」
的場梨沙 「グレランね、解ったわ。」
高峯のあ 「……霊能は赤き真実で出てるわよ。…」
小早川紗枝 「基本的にかみんぐあうとっていうのはわかりやすく見せるのが人に優しい、って言われてますさかいに」
渋谷 凛 「悩んでくれていいよ、ドラちゃん
それがあなた達の仕事だから」
結月ゆかり 「今の段階では暫定的に真-真と見ますが…」
ユエル 「真-真なら楽なんやけどこう少ないと逆に難しいわあ。」
赤馬零児 「ならば話は変わってくるな
狂人や狼、狐が誰も騙らないと私は思っていない
従って渋谷凛は偽の可能性が高くなる」
輿水幸子 「グレラン了解です!」
幽香 「個人的に1*1は狼ー真で見たいのよね」
由嶺名居 天子 「今は凛ちゃん真だと思っておく。正直まだ判断出来ない」
小早川紗枝 「まあ赤いのも分かりやすいですけど
たまーーーに遊びで使う不逞者もちらちらいますし」
渋谷 凛 「卯月も。私が相手だからって油断したり、手を脱いたりしないこと
私が駄目だと思ったらすぐに指摘すること、いいね?」
島村卯月 「確かに真-真なら楽ですよね…」
赤馬零児 「赤文字で構わない、私達が見逃しただけの話だ>周防桃子」
ユエル 「占いのほうが、なんか?>赤馬社長」
渋谷 凛 「私も本気で卯月を見るから
手加減無し、だよ」
ドラゾンビ 「ん~~ 占い師は一応真じゃない場合は狼3匹ということも考えて 狼>狂>狐 と読むけど…… 霊能の場合は狂人>狼>>>狐かなあ……」
結月ゆかり 「噛まれないなら狼の可能性が高いと言わざるをえないんですよね」
神谷奈緒 「今日のグレーはこうだな
まあこのCOで間違える人もいないと思うけど
梨沙、卯月、幸子、天子、幽香、ドラゾンビ、紗枝、ゆかり、のあ、ユエル、零児」
幽香 「真ー真なんて人外全ニートよ?」
由嶺名居 天子 「目立つようにしてもらえれば大丈夫よ >桃子」
高垣楓 「そうですね~
こうカミングアウトの数が少ないと
皆とまどっちゃいますよね~」
島村卯月 「は…はい!島村卯月、頑張ります!>凛ちゃん」
周防桃子 「グレラン了解だよ」
ユエル 「かんにんなー。赤字でも目立つんやけど、CO、ってなかったから見落としてたんや―>桃子」
輿水幸子 「真―真の場合初日狂人の狼全潜伏コースですね。
まぁ噛まれたら信用する、でいいでしょう。」
的場梨沙 「COが少ないと逆にびっくりするわ。不思議なもんね」
高峯のあ 「……今から占い師の中身を推測できる人がいるならば、それはエスパーか仲間
…すべて彼女等に託せばいいんじゃないかしら…」
高垣楓 「はっ、カミングアウトがハミングアウト」
由嶺名居 天子 「なお、未央はいない模様 >卯月」
ドラゾンビ 「狼(狂人、狐)が語ってくれるだろ精神 あると思います>幽香」
赤馬零児 「そうだ、占い師の真が確定すればそれだけで大幅に不利になる
例えばこの場面、私達が勘違いしたように霊能が初日だったら渋谷凛は真で確定する
それは初日呪殺に対応を失敗したのと同じ状況ということだ>ユエル」
小早川紗枝 「真-真だからってそれだけで楽できるなら共有者も何もかも要らないんやけどなぁ」
高垣楓 「んー・・・なんか違いますね(あ、そうだ今日は日本酒にしましょう)」
渋谷 凛 「そうだね。だけど潜伏も騙りだよ?>幽香さん」
ドラゾンビ 「とりあえずグレラン把握よ」
輿水幸子 「もし初日占いなら凛さんは狼と見ますよ!」
我那覇響 「ちょっとダジャレのせいかお腹が冷えたぞ・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆横山奈緒GM システム:投票制限時間をリセットしました。」
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆横山奈緒GM 投票しっかり確認してな~」
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
的場梨沙0 票投票先 →幽香
島村卯月0 票投票先 →幽香
輿水幸子0 票投票先 →結月ゆかり
由嶺名居 天子0 票投票先 →結月ゆかり
幽香4 票投票先 →小早川紗枝
ドラゾンビ2 票投票先 →赤馬零児
小早川紗枝2 票投票先 →結月ゆかり
神谷奈緒0 票投票先 →小早川紗枝
結月ゆかり4 票投票先 →ユエル
我那覇響0 票投票先 →結月ゆかり
渋谷 凛0 票投票先 →幽香
高峯のあ1 票投票先 →赤馬零児
ユエル1 票投票先 →幽香
高垣楓0 票投票先 →ドラゾンビ
周防桃子0 票投票先 →ドラゾンビ
赤馬零児2 票投票先 →高峯のあ
2 日目 (2 回目)
的場梨沙0 票投票先 →幽香
島村卯月0 票投票先 →幽香
輿水幸子0 票投票先 →結月ゆかり
由嶺名居 天子0 票投票先 →結月ゆかり
幽香4 票投票先 →神谷奈緒
ドラゾンビ2 票投票先 →赤馬零児
小早川紗枝1 票投票先 →結月ゆかり
神谷奈緒1 票投票先 →小早川紗枝
結月ゆかり4 票投票先 →ユエル
我那覇響0 票投票先 →結月ゆかり
渋谷 凛0 票投票先 →幽香
高峯のあ1 票投票先 →赤馬零児
ユエル1 票投票先 →幽香
高垣楓0 票投票先 →ドラゾンビ
周防桃子0 票投票先 →ドラゾンビ
赤馬零児2 票投票先 →高峯のあ
2 日目 (3 回目)
的場梨沙0 票投票先 →幽香
島村卯月0 票投票先 →幽香
輿水幸子0 票投票先 →結月ゆかり
由嶺名居 天子0 票投票先 →結月ゆかり
幽香6 票投票先 →神谷奈緒
ドラゾンビ2 票投票先 →幽香
小早川紗枝0 票投票先 →幽香
神谷奈緒1 票投票先 →結月ゆかり
結月ゆかり5 票投票先 →ユエル
我那覇響0 票投票先 →結月ゆかり
渋谷 凛0 票投票先 →幽香
高峯のあ0 票投票先 →赤馬零児
ユエル1 票投票先 →幽香
高垣楓0 票投票先 →ドラゾンビ
周防桃子0 票投票先 →ドラゾンビ
赤馬零児1 票投票先 →結月ゆかり
幽香 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
我那覇響 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
我那覇響さんの遺言        /: : : : : : :/: : : : `ヽ ィ : : : : : > ..                   }     !
   :   〃: : : : : : / : (⌒> ´: : : : : : : : : : : : : : > ..          ;     |
.   ;   { : : : : : : : {マヽ/: : : : : : : : : /: : : : : ヽ: : : : : :>.、__           |
      { : : : : : : : : 〃イ: : : : : : : :}: :ハ: : : : : : :V:ヽ: : :: : 、/      ;      |
    i.  i:: :: :: : : : :/:/ : : : : : : : ;.イ::/  }: : : : : : :|: : } : : : : ヽ
    |.   |:: :: : ::: : ::V: : : : : : : : /斗' " |: : : : :八トV、 : : : : ハ    ;     |
    |.   |: : : : : : :V: : : : : : : : ;′..__ |ハ: :/     :ヽ: : ト、j            |
    {.   ;: : : : : : : { : : { : : : : ; `y´  ̄`       ⌒ヽ;〈: : リ               |
    \;′: : :: :: : }: ::八: : : ; し′          ^   {/ V      .}        }
       ヽ: : : : : : : V  `ヽ:j                V      /       ;
         \ : : : : {           /v' ̄ ̄ ̄`ヽ   }     /        /
         }}`ヽ: : >..、       {          }  / _〃 ̄ ̄ヽ     /
 \      }}  ⌒ヽ:_:_: : :> ..   ー ‐ ―   イ'⌒      ハ /
   }、     リ         `ヽ :〕 > ..       ,イ          }'
   /: :\   /            ≧.、   ≧ーイ)           ._j
  ;: : ハ ヽ/                   `ヽ   //           /
  /::/ ; Vノノ                 V) ((            厂
. /::/ ;′ : : `}ヽ                 〔O ̄ ̄O〕        /
 :/ ;: : : : : ハ               フ  ̄\    \. /ヽ
   ;′ : : : : : `ー-=、          /       >     ヽ : :\
  ; : : /}: : : : : : : : :} ヽ       /  ̄  ̄ `Y´  ̄   `ヽV⌒ ヽ
     今日はこれでおしまいにして 帰ってねるさぁー
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
島村卯月 「おはようございます♪昨日は幽香さんの発言が少なかったので疑って投票しちゃいました…」
由嶺名居 天子 「おはよう」
高峯のあ 「ラヂガギ・パジュス・ガセバギ」
ドラゾンビ 「おはようさん」
輿水幸子 「ふふーん、おはようございます!!
幽香さんの捨て票に三回目投票後に気が付きましたよ・・・
ゆかりさん投票理由は1-1で即座に真ー真で見る、といったところですね。」
赤馬零児 「小早川紗枝は現状では吊る気はない
可能であるならば明日以降に占って欲しい位置になるな

結月ゆかり、高峯のあの2名は発言が一つの事柄に偏っている
それが今日も続くようなら投票せざるを得ないな」
小早川紗枝 「ぐれーらんだむの結果よりも誰も死んでいない平和な朝を請い願うのみ」
渋谷 凛 「占い師CO。的場梨沙ちゃん◯」
ユエル 「共有抜きか―。」
由嶺名居 天子 「共有ーー!?」
神谷奈緒 「おはよう。げっ、相方噛みか」
輿水幸子 「いきなり共有噛みときましたか・・・」
高峯のあ 「……特にこれといった結果が出ていなかったらゆかりまで吊りきりで良い。
…星がそう伝えたわ。     」
結月ゆかり 「1CO占いの投票先を吊るのってあまり狼吊れないような気がするんですけどね
…共有投票してますが」
高垣楓 「響ちゃんが噛まれて、これが村に響きそうだったらどうしましょう?」
的場梨沙 「響きーーん!」
小早川紗枝 「また思い切ったことしてくれはりますなあ」
ドラゾンビ 「共有抜きで、占い師は一人のまま? 」
赤馬零児 「共有噛みならば渋谷凛の偽の可能性が高まるが、現状では放置でいいだろう」
周防桃子 「霊能CO 幽香さん○」
渋谷 凛 「理由
幽香さん投票者から選ぶよ
発言の割に票のない、っていうのは狼っぽい
発言が平坦なのは予想していない展開に驚いて、って感じ」
神谷奈緒 「うーん、占い1COの状態で狩人探さないってことは
占い狼と見せたい、あるいは本当にそうである噛みって感じだな」
由嶺名居 天子 「>楓
72点」
高峯のあ 「……共有を抜く。フフ、情熱的ね…」
ユエル 「占いや霊能はかみにいかんかったんやな。まあどっちも真でも、狩人いるかもやし、かみきるよりのこすほうが疑惑にはなるんかいな」
結月ゆかり 「共有噛みなら恐らくGJ回避なのではないでしょうか」
高垣楓 「んー…残念ですね<幽香ちゃん○」
周防桃子 「投票を見る限り、ゆかりさんも幽香さんも吊逃れはしてないんだよね
なのでどっちも今の時点では吊りたくなかったってのはあるかな
なので残ったゆかりさんは別に村確定とは思わないけどもうしばらく残しておいていいんじゃない?狐じゃないだろうから

それはそれとして共有の響さんはゆかりさん投票だったのに
ドラゾンビ 2 票 投票先 → 幽香
小早川紗枝 0 票 投票先 → 幽香
と3回目の投票でこうなったのは不思議といえば不思議かな

迷うなら共有に合わせたほうがいいと思ったんだけど」
赤馬零児 「ふむ……」
高垣楓 「あら?結構高いですね>天子ちゃん」
小早川紗枝 「占いは1人のみ。まさか1-1で霊能護衛なんてやってるようなことはしとらんと信じる」
輿水幸子 「占いか霊能チャレはGJ出されると踏んだんでしょうね・・・」
ドラゾンビ 「偽と思うならさっさと吊っても良いんじゃないの? そりゃ7吊り5人外だから余裕有るけどさ、そう読むなら早め早めに行った方が良いんじゃない?>赤馬零児」
高峯のあ 「…占いがひとりならば、ゆかり残しの展開はあまり考えてなかったのだけれども」
結月ゆかり 「そりゃ狼には届いてませんよね、と」
赤馬零児 「GJを回避するにしても、狩人の可能性がある灰を噛めばいい
共有を噛むということは役職を恐れていないということだ>結月ゆかり」
神谷奈緒 「GJ回避って言ったって、灰噛みでGJ出ることなんかこの状況でまずないだろうし、なら灰で狩人探したほうがよくないか?>ゆかり」
渋谷 凛 「人柱、だからね>楓さん

私は同じ立場でもしない
だって、トップになるためにここに来ているから」
由嶺名居 天子 「占い噛めないと思っての共有だと考える」
神谷奈緒 「さて、今日もグレランでお願いするよ」
輿水幸子 「幽香さんは捨て票していましたし素村でしょうね、はい。
彼女の分まで頑張らないといけませんよ!」
ドラゾンビ 「まあ今日他のが出ないとなるとどっかで渋谷凛を切り捨てるか或いは盲信するかを決めなきゃならないね……」
小早川紗枝 「1人のみならほとんど全員が灰である以上
たとえ真だとしても放置できるさかいに今日の噛みだけを見て特に評価を下げるとかそういうのはあらへんわなぁ」
的場梨沙 「共有狙いなら占いは偽が高いってことよね。」
赤馬零児 「まだ占い師を吊る場面ではない
最速でも明日で構わないさ>ドラゾンビ」
渋谷 凛 「だから、かな
……こういう挑戦的なことをされると、なんかね」
高峯のあ 「……それはもし仮に真とすると、後回しにしかならない悪手よ>むねない天子」
渋谷 凛 「滾ってくるんだよね」
結月ゆかり 「むしろ1-1こそ霊能なのではないでしょうか…?1COの占いが真の時ってそんなに無いものですし>紗枝さん」
ユエル 「とりあえず何人かは潜伏してるやろうし、グレーの幅縮めないかつ噛めそうな確実な敵かんだってとこやろか」
高垣楓 「んー…柱とはいえだけど
単純なはなし、この形で1-1でもし偽がいるとしたら
それは凛ちゃんの占いの位置にいるという推察がでてくるわけなのよね~」
由嶺名居 天子 「占いはもう少し見ておきたい >ゾンビ」
神谷奈緒 「あ、あと凛は占い理由を弱く発言にしてもらえると見やすくて助かるかな」
輿水幸子 「グレラン了解です!このまま占い噛まれないようでしたら
切るタイミングはきっちり決めておかないといけませんよ!!」
結月ゆかり 「どの道初手共有護衛ってまず無いので、そういう噛みかと思われます」
島村卯月 「グレラン了解ですー♪」
渋谷 凛 「あなた視点、仮に私が偽だとしても囲われている人外候補は楓さんだけ>梨沙ちゃん
楓さん視点でもそれは同じ、なら少なくとも今日の灰吊りで吊れる可能性はあるってことだよ」
高峯のあ 「…●を吊れば占い師を残すリミットが増える…
……あからさまにいくか、安定をとるか、ね」
高垣楓 「となってくると、もし凛ちゃんが偽だったケースで
幽香ちゃんの位置って非狼の位置になるから
もったいないわね~というのがあったというところかしら<幽香ちゃんについて」
周防桃子 「グレラン了解だよ
まあ共有が噛まれるって事は狩人も生きてる可能性高いし
狐も狼は把握してないから悪い事ばかりじゃないよ、うん」
小早川紗枝 「捨て票にしては中途半端すぎる思いまへんか?
うちが気にしすぎているだけなら別に問題ないんですが>幸子はん」
ユエル 「占いが偽やったにしても、その占い筋は後で資料になるもんな。無論本物なら本物で大助かりやけど」
的場梨沙 「狐さんもいるし、真だというなら、探してもらわないといけないしね。>馬さん」
渋谷 凛 「なら、自分視点の可能性を活かして灰を見る
それが村人の仕事」
ユエル 「と、グレラン了解や―」
渋谷 凛 「……ふぅ。ちょっと喋りすぎたかな」
赤馬零児 「渋谷凛が真の場合でも、私たちに渋谷凛を偽目に見せるためにあえて共有を噛んだという可能性はある
しかし呪殺に一切対応できない等、それ相応のリスクはある」
神谷奈緒 「まあ1COなら、なぁ
呪殺でも出ない限りは途中で切らないとな>幸子」
渋谷 凛 「卯月」
ドラゾンビ 「最終的に幽香に投票したけど、正直票入り二択で少なかった方投票したけど、うーん…… ○かあ」
島村卯月 「は、はい?!>凛ちゃん」
ユエル 「ん、指名かいな?>卯月」
渋谷 凛 「状況は私にとってあまり良くない、だけど【信じて】とは言わない
卯月は全力で私を見て、そして灰を見て」
輿水幸子 「ええ、そのタイミングはそちらにお任せしたいと思っています>奈緒」
赤馬零児 「真に狐を始末させるというなら、ここで共有は噛まないと私は見るがな
呪殺を出されたら、真が完全に確定してしまう>的場梨沙」
渋谷 凛 「そこから感じたものを、言うのが卯月の仕事だよ
夜の時間は長いからね」
小早川紗枝 「だったらそれこそ初日から凛はん吊ってしまったほうがりすくまねじめんとになりまへん?
1--1の占いは偽だっていうなら>ゆかりはん」
ドラゾンビ 「この噛みするってことは、強い所に一匹二匹いそうだね」
高峯のあ 「…?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
的場梨沙0 票投票先 →島村卯月
島村卯月2 票投票先 →結月ゆかり
輿水幸子0 票投票先 →結月ゆかり
由嶺名居 天子0 票投票先 →結月ゆかり
ドラゾンビ3 票投票先 →赤馬零児
小早川紗枝1 票投票先 →高峯のあ
神谷奈緒0 票投票先 →小早川紗枝
結月ゆかり4 票投票先 →ユエル
渋谷 凛0 票投票先 →ユエル
高峯のあ1 票投票先 →結月ゆかり
ユエル2 票投票先 →島村卯月
高垣楓0 票投票先 →ドラゾンビ
周防桃子0 票投票先 →ドラゾンビ
赤馬零児1 票投票先 →ドラゾンビ
結月ゆかり は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
高垣楓 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
結月ゆかりさんの遺言                  /二ヽ
                マ/  `ヾ
          。r─‐== ヽ‐--x 、 __
       , イ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/==\
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ-‐ミ、 `Yム
     ,.'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i!.:.:Y /   マ_ノ ノ
.    /:.:.:.:.:|:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:i!.:.:マム_ノノ.:イ.:∧
   /.:/:.:.:.:|:.:.:|ハ.::.:.:.:.:.:.∨:.:.:i!.:.:.:ミ - 彡:.:.:.:.:.:.:∧
.  /.:/:.:.:.:.:.|:.:.:|i ヤ.::.:.:.:.:.∨.:.:.ト、:.:.:.:.i!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
.  ,'.:.:i.::.:.:.:.:il:.:.:.!.ハ:.:.:.:.:.:.:.∨.:.:i!ヤ:.:.:.i!.:.:.:.:.:..|::.:.:.:.:ムゞ
. ,':.:.:i.::.:.:.:.:il.:.:.:从.:∨:.:.:.:.:.:',ヽ.:i! i:.:.:.:i!:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:ム
. ,':.:/.i:.:.:.:.:.:i匕√  ∨:.:.:.:ァx伐芋ミ.:il.::.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.!トム
ノイ マ:.:.:.:.:il、.iァr=ミ  ヽ、.:.:.:i .{r':::::リil:.:.:.:.:.:.:.i.:i!.:.:ハ!リヾ
    ∨:.:.:.ilム.i  心   ` ´ 弋ン.il::.:.:.:.:.:.:.!/! / .j
    ∨.:.:il.:ムj  vソ ,       il.::.:.:.:.:.:.:if マj
     寸!l.:.:ム          .〃:.:.:.:.:.:アj _
       il.:.:.:.:.ヽ、   ─ '  /:.:.:.:.:.:/r≦ニへ
.       i!:.:.:.:.:.:il ≧s。_ _。<izzxァiニニニニニヘ
       ヽy≦7z、-‐‐‐ ! 〉  〈 .!ニニニニニニ厶
.      /ニ >  .〈_。r','ノミ、__y´ i、 ̄\ニニニニム
.    /ニニ≧、 /',  /.:./.:.:.:i!   \_ \ニニニニ!
    \ニニニノ:.:.:.:ム/.:/:/.:.:.:.:il     `'''>ニニニi
      >≧ニ/:.:.:i!///:,'.::.:.:.:.::!l─‐。r≦ニニニニニ!
     ,'ニニ/.:.://il /:.:ァ!l:.:.:.::.!l/´ニニニニニニニノ
     !ニニ/.:.://.:.:/,':.:.:,' !l:.:.:.:.!/___ニニニ>彡
     〈ニニi.:.:イハ:.:/ i.:.:.,' il.:.:.:,'_!_ニニニ≧r≦ニニニ|ヽ
    アムニヘ iニニイ | ',:.:i  i!.:.:/  | ≧s、ニニニニニニ! 厶
    /ニ\;iニニニニニ! .マ.! ! i!ノy  iニニニ>、 ニニニニ:iニ:厶
   ,'ニニニiニニニニ,'  ,  ',〈 ./  !ニニニニi:l≧s。_::iニニ厶
   ,'ニニニニ!ニニニ/ /   〈 y  .',ニニニニニ!lニニニ≧s。_ニ
  ,'ニニニ〈ニニニ,'      〈 イi.iニニニニ:!lニニニニニニ
. /ニニニ/ニニニi       .i ,' ! ',ニニニニilニニニニニニ
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ドラゾンビ 「おはようさん」
由嶺名居 天子 「おはよう」
高峯のあ 「ビゲラパ・サズビ・ギブグ・ギギ」
輿水幸子 「おはようございます!引き続き
不穏な発言が多いゆかりさん投票を続行しました。」
小早川紗枝 「零児はん零児はん

仮に真-真で呪殺だされたところでぐれーらんだむで狼死んでへんかったらおしまいどすえ?」
渋谷 凛 「占い師CO。ユエルさん◯」
赤馬零児 「このフェイズまで島村卯月を残してしまったのは失態だったかもしれないな
ここ二日の発言を見返したが、今の状態では私に彼女の中身は判別できない」
島村卯月 「おはようございます…昨日は初日の投票数から、ゆかりさんに投票しちゃいました…」
高峯のあ 「……あからさまに信用を下げようとしている位置があるならば
…急いで●狙わずとも、占い師に見つけさしてあげるべき。ただでさえⅣ人外と考えると、凛狼じゃなかったら5日目まで残せるから
狩人初日以外は対応できるわよ。 」
ユエル 「ええっと、楓はん? 占いの○かー」
神谷奈緒 「おはよう。占いの初手○噛みか」
輿水幸子 「今度は○噛みですか・・・狩人候補狙いでしょうね。」
周防桃子 「霊能CO 結月ゆかり ○」
的場梨沙 「おはよー楓さんか」
由嶺名居 天子 「占いの○噛みねぇ」
渋谷 凛 「理由
引き続き幽香さん投票者。手応えはあると思うから
ユエルさんの昨日の発言、「何人かは潜伏している」
……狼もだけど、狐の目線でもこんな感じの発言をすると思うんだ。【潜伏する側】だから」
周防桃子 「◇ドラゾンビ 「最終的に幽香に投票したけど、正直票入り二択で少なかった方投票したけど、うーん…… ○かあ」
ちょっと投票理由適当すぎない?狼狙ってるとは思えない投票なんだけど
これドラゾンビとゆかりさんで繋がってる可能性あるのかなって思えてくるね

そしてゆかりさん吊れるのか
残しててもいいと思うんだけどね
卯月さん、のあさん、天子さん、幸子さんか
何と見て吊ったのかな?

◇渋谷 凛 「そこから感じたものを、言うのが卯月の仕事だよ
夜の時間は長いからね」
・・・狂人アピかなにか?真なら信用落としたらいけない場面だと思うんだ
そして狼でもこんな思わせぶりな事言うのはね

どんな意図の発言かきっちり説明してもらわいと今日、偽と決めうって吊る事も考えてもらわないとね」
ユエル 「とりあえず楓はんは占い(仮)の○で、しかも噛まれたとこみると狐ではなかったんやな。」
ドラゾンビ 「赤馬投票理由は、占い師をさっさと疑っておきながら中庸発言している所が変だなあって、どちらかと言えば狐っぽさがあるかな 」
由嶺名居 天子 「マジかぁ >ゆかりん○」
高峯のあ 「…レイジの発言が特殊だとおもった。
……しかし占ってないのね。●でもない」
輿水幸子 「そうですか・・・>ゆかりさん○」
小早川紗枝 「せやからそこまで怖いと思うとらんはず」
神谷奈緒 「今のところ占い切りは10または8人のときで考えてる。●次第ではあるけど
遅い早いで意見あったら遠慮なく言って欲しいかな」
赤馬零児 「狩人が生存しているのであれば問題はない
それに○は残る>小早川紗枝」
赤馬零児 「風見幽香の投票が捨て票にしては中途半端だと言うが、ならばあの投票にはどのような意味があると見る?>小早川紗枝」
的場梨沙 「ゆかりさんは白かあ。う0ん。」
高峯のあ 「……狼って自信、あったの?>幸子&天子」
輿水幸子 「ゆかりさんは狐狼目で投票しました>桃子さん」
赤馬零児 「申し訳ないが、霊能の長文は読んでいる暇はない>周防桃子」
ユエル 「単純に出てる数が少ない以上、残りは潜伏してるしかないなーという確認やったんや>潜伏」
小早川紗枝 「ついでにこれも言うときましょか
正直なところ、幸子はん以外どこも吊ってしまいたいさかい凛はん極限まで残したいってのはあきまへんか?」
ドラゾンビ 「正直裕月ゆかりの印象が良かったからね、たくさん喋っているってのはそれだけわかりやすいってことです、今日の霊能結果見てやっぱりと思うしね>周防桃子」
高峯のあ 「……私はそこを度外視して投票したけど」
渋谷 凛 「零児さんは保留。昨日の発言が真っ当だからね
だから同じくらいドラちゃんも保留したい、ってのは正直な気持ちかな

二人とも主張は違うけど、真っ当だから
嘘はついていない」
島村卯月 「占いの○噛み…なんだか、凛ちゃんが人外に見えてきちゃいます…」
由嶺名居 天子 「自信まんまn」
渋谷 凛 「卯月」
神谷奈緒 「まあゆかりはそうだろうな、って感じだけど」
由嶺名居 天子 「訂正、自信あった訳ではないけど、黒いと感じていた」
島村卯月 「は…はいぃ…>凛ちゃん」
周防桃子 「凛さん、とりあえず昨日の発言は何なのかな?
どんな意図があったのか聞きたいんだけど」
渋谷 凛 「ゆかりさん、そして楓さんが退場したことは『昨日と今日』のこと

卯月が昨日の夜、何を見たか
何を考えたか、それを聞かせて」
的場梨沙 「普通にロールプレイかなって思っちゃった凛の烏月関連>桃子」
ドラゾンビ 「まあ、初手囲いが無いってのはわかったけど、はてさてじゃあ昨日の的場とか或いはユエルが怪しくなるわけですね、この先噛まれないとなると」
輿水幸子 「ひとまずは今日もグレランですか?>共有」
渋谷 凛 「昨日の発言?」
神谷奈緒 「ひとまず早めにグレランとだけ言っておくよ
村は各自現時点でどこが気になるのかを一言でもいいから書いてくれると嬉しい」
赤馬零児 「5吊り5人外で渋谷凛の○が二つか
島村卯月、輿水幸子、由嶺名居天子、ドラゾンビ、小早川紗枝、神谷奈緒、高峯のあ、私で7名
吊りきれる数ではない」
小早川紗枝 「意味なんてあらへんしそもそも捨てるべきでもなかった>零児はん」
ユエル 「でもそこはうちも気になってたんや。RPにしても、役職ない卯月に話振りまくってる上に、意味深なこと言ってるし」
由嶺名居 天子 「PRの一種じゃないの? >桃子、凛」
高峯のあ 「…●吊れるか銃殺出るか以外占い吊りだからそのつもりで
……渋谷狂人? …さすがに今日は吊りたくない、偽に見えたところはあまりないし」
渋谷 凛 「そのままの意味だよ>桃子さん

卯月には考えてもらいたいから
自分の目と耳で集めた情報を元に、それが村アピでしょ?」
島村卯月 「昨日の夜ですか…?私は寝てました…何も見てないです…>凛ちゃん」
ドラゾンビ 「まあこれは囲いを見越して推理している人を撹乱している場合も有るけどね、的場もユエルも気をつけるけど、深追いはドツボ」
神谷奈緒 「別に早めでもないな
占い切りは10ないし8。この感じだと明日か?」
周防桃子 「なんで卯月さんにそんなに絡むのかって事だよ
てっきり占い予告かなんかだと思ったよ
自分が真なら信用とらないといけない立場ってわかってるよね?」
ユエル 「まあうちが卯月投票したのは、そこを穿ってというよりも内容が薄かった寡黙吊りよりなんやけどな」
赤馬零児 「それもそうだな
回答できるならば構わない、元から君のことはそこまで疑っていない>小早川紗枝」
高峯のあ 「……赤馬とむねがない子。
あと桃子の見方もちょっと変」
的場梨沙 「アタシは、同じ初心者枠だし、発言少ない卯月ちゃんとかの絡みなのかなーって印象。>凛と卯月」
渋谷 凛 「私が占えばそれでケリはつくかもしれない
だけど、私はそんな形で終わらせたくない

たとえ卯月が何色であろうと、卯月自身のアピールを見て判断したいから」
ユエル 「せやな、それは同意や。うちも予告かと確認したし。真なら皆を平等に扱わんと」
小早川紗枝 「まあ彼女は凛はんを明確に狼と見定めとったさかい、狩人保護だと息巻いて死んでいったんやろけど
初日からそれをする意味あります?>零児はん」
輿水幸子 「グレラン了解しました>共有
ボクがグレーで怪しいと思っているのは・・・卯月さんあたりですかね?」
由嶺名居 天子 「のあ、卯月は怪しいって程じゃないけど気になってる。零児は占って欲しい位置だと思ってるかな」
渋谷 凛 「それとも、占い師はアドバイスをしちゃいけないのかな?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
的場梨沙0 票投票先 →島村卯月
島村卯月6 票投票先 →赤馬零児
輿水幸子0 票投票先 →島村卯月
由嶺名居 天子2 票投票先 →ドラゾンビ
ドラゾンビ2 票投票先 →赤馬零児
小早川紗枝0 票投票先 →由嶺名居 天子
神谷奈緒0 票投票先 →島村卯月
渋谷 凛0 票投票先 →ドラゾンビ
高峯のあ0 票投票先 →由嶺名居 天子
ユエル0 票投票先 →島村卯月
周防桃子0 票投票先 →島村卯月
赤馬零児2 票投票先 →島村卯月
島村卯月 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
赤馬零児 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
島村卯月さんの遺言 .     〃 /⌒^ヽ
      lトミiノヘ八jミ@
      | (i| ゚ヮ゚ノi|(( 初心者ですが
.       ノ⊂)奔iつ ))  参加させて下さり
     ( ( く/_j」〉))  ありがとうございました!
        し'ノ
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
輿水幸子 「おはようございます。発言が少なく判断材料が少ない以上、
卯月さんは残せないと思い投票しました。」
ドラゾンビ 「おはようさん」
高峯のあ 「…霊能者を怪しいという私はZAPされました。
……しかし票が私に集まらない、どころか0票。ということは私を見ている人に狼はあまりいないのかしら、ね?」
由嶺名居 天子 「おはよう」
渋谷 凛 「占い師CO。ドラゾンビちゃん◯」
神谷奈緒 「おはよう」
小早川紗枝 「指定でもあったんやろか……とは思いたくなりますなあ」
ドラゾンビ 「おはようさん、あ、そこ死ぬんだ」
高峯のあ 「……ドラゾンビが狼ならすごい勇気あると思うから放置でいいと思う
…幸子も、反応と疑問に対する発言があっているから村目。
逆に何も言ってなかったのに「ゆかり狼」って言ってた胸ない子に投票。」
的場梨沙 「おはよう。赤馬さんか。」
ユエル 「よく喋ってた人が死んだ」
渋谷 凛 「理由
◇ドラゾンビ 「初手囲いが無いってのはわかったけど」
        「的場とか或いはユエルが怪しくなるわけですね、この先噛まれないとなると」

1発言目は真っ当、だけどその後に続く言葉が不自然
囲いがない、ということと「この先噛まれない」には何の関連性もないよね?」
由嶺名居 天子 「社長が噛まれるかぁ・・・」
高峯のあ 「……霊能結果はどうかしら?」
小早川紗枝 「一応次点には置いてはあるかな>のあはん」
ユエル 「頼れる村めやったんやけどなー。占い先でもないし、かまれやなー」
神谷奈緒 「うーん、社長噛み
狩人狙いっぽいと言えばっぽい」
的場梨沙 「発言は強かったよね、正直>赤馬」
ユエル 「霊能?」
神谷奈緒 「それで、霊能結果はどうした?」
由嶺名居 天子 「今の完グレが
幸子、ゾンビ、紗枝、天子、のあ」
小早川紗枝 「それで今天子はんって凛はんのことどうおもうとります?
できれば初日の印象がどう変化したかという形で」
ユエル 「納得できるとこも多かったんや>発言強かった」
高峯のあ 「…社長噛みは、灰で強い発言力を持つところでしょう……」
由嶺名居 天子 「霊能?どうかした?」
ユエル 「ええっと、桃子はん、おねむか?」
的場梨沙 「桃子ー?」
ドラゾンビ 「そこが違うとなると、天子や幸子も目をつけないとなあ。
わかりやすく考えると渋谷凛リーダーで寡黙気味逃げ切り かな?」
由嶺名居 天子 「起きろー!」
神谷奈緒 「グレは幸子、天子、紗枝、のあだな
今日占い切りも考えてたんだけど……まずは霊能ー?」
渋谷 凛 「ドラちゃん、1つ聞いていい?」
小早川紗枝 「昨日のやりとりの中で何か危ないものを見つけてしまったんでもなければ
普通灰なんて噛まへんもんやけどなあ」
神谷奈緒 「これ突然死もあるんじゃないか」
ユエル 「今まで灰は避けてたんやけどなー。なんか気が変わることでもあったか>赤馬かみ」
高峯のあ 「もし●ならもう一度グレラン。
○なら占い吊るしかない」
的場梨沙 「ヤバイね、これ。」
ドラゾンビ 「霊能に触れたくないけど、霊能が途中退出だと困るなあ 落ち着いてHNのCNとPASS入れてね」
由嶺名居 天子 「霊能は一旦置いて考察始める」
ユエル 「ええっと、これ、桃子はんが反応無いままやとどうしよか?」
周防桃子 「霊能CO 島村卯月○」
小早川紗枝 「●なら異議あり押して>桃子はん」
渋谷 凛 「ドラちゃんは『私が噛まれない』っていつから思ってたか、ってこと>ドラちゃん
3日目の発言にはそれらしいのがないよね」
小早川紗枝 「あ、出てきた」
神谷奈緒 「ううーん、仕方ない
このまま桃子が出てこないor○結果なら占い吊り
●ならグレラン」
ユエル 「あ、無事やった。せやけど○かー。これ、やばいんとちゃう?」
的場梨沙 「あ、お帰り。びっくりしたじゃに」
由嶺名居 天子 「えー・・・ >霊能結果」
渋谷 凛 「これは私からのアドバイス>ドラちゃん
あなたの考えをキチンと正確に伝えることは、あなた自身のためになるから」
ドラゾンビ 「なにかい? 僕をSG候補にしてる偽濃厚の占い師さん>渋谷 凛」
周防桃子 「別にRPならRPでいいんだけどね
信用とれてるわけでもない占いで●もひけてないのにそんな事する余裕あるのかな?
吊られない、そして噛まれないからって余裕に見えちゃうかな。真ならちょっとこの態度は解せないかな。
真だったとしたら余裕しゃくしゃくだよね凛さん。
これが偽占いが狩人や狐に誘導してるのなら悪いんだけどゆかりさん吊りした所でもあるし、寡黙で残してたら狼って所もある。

今日あたりから凛さん吊りも辞さない感じで行きたいかな。
グレーで気になってるのは幸子さん、のあさん、奈緒さん、ドラゾンビさんかな。
幸子さん、のあさん、奈緒さんは吊逃れしてないゆかりさんを吊りに言ったところだし。
ドラゾンビさんは初日から疑い継続中でもあるよ
周防桃子 「ごめんね、朝になってるの気づかなくて」
高峯のあ 「…私の灰視があっていれば、彼女は偽ね…」
渋谷 凛 「ロケットパンチ?」
的場梨沙 「となると、占いきりかな。了解だよ」
ユエル 「それはちょい真としての信用下げちゃうで―。>気づかない」
小早川紗枝 「◇由嶺名居天子 ◇輿水幸子 ◇高峯のあ

凛はん真の場合のうち視点の3Wなあ……有り得そうと思うんだけど?」
由嶺名居 天子 「占い斬りね、了解したわ」
渋谷 凛 「私はさ、ただ卯月を信じたかったんだよ
私がどうなろうと、それは私の責任だから」
ドラゾンビ 「んで、グレランにするの? 3w濃厚だからさっさと指定の方が良いかな」
神谷奈緒 「それじゃ占い切りだな」
ユエル 「共有どうする?」
周防桃子 「逆に考えるんだ
狼が死んでないし、狐勝ちを考えると狼が自殺してくれるとそう考えるんだ・・・

というかこれ本気でそうしないと駄目かも・・・」
ドラゾンビ 「ああ、占い切り了解」
ユエル 「了解や>きり」
小早川紗枝 「ドラゾンビはんが今ちょっと悪手放っちゃったかなあ」
神谷奈緒 「下で指定してる>ドラゾンビ」
渋谷 凛 「ここはステージだけど、チャンスは誰にでもあるはずでしょう?
だから……」
高峯のあ 「……胸がない子が私、卯月が怪しい。と発言して、
そして卯月の方に投票するのならば、狼はまだ灰にいたと思う。
もう一度、考え直しね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
的場梨沙0 票投票先 →渋谷 凛
輿水幸子0 票投票先 →高峯のあ
由嶺名居 天子0 票投票先 →渋谷 凛
ドラゾンビ0 票投票先 →渋谷 凛
小早川紗枝0 票投票先 →渋谷 凛
神谷奈緒0 票投票先 →渋谷 凛
渋谷 凛8 票投票先 →高峯のあ
高峯のあ2 票投票先 →渋谷 凛
ユエル0 票投票先 →渋谷 凛
周防桃子0 票投票先 →渋谷 凛
渋谷 凛 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
渋谷 凛さんの遺言


              / ̄ ̄\
            /  「  ヽ \
            |  (●)(●) |
            |     |     |     C O O L
            |   __´_  |
            |   `ー'´   |
            ヽ       |-、
           /ヽ     ノ Ⅵ
.          ./ ,..イ|     ∨ j/ー-
          \_ { lノ   ,.ィ/ / \ニニハ:
.          ニ! |〉{ヽ o ´ / ̄/ニ´ニ,ニ',
.          ./ニ{ \|  /_」 /ニ|ニ/ニニ:.
         ,'ニニ!  {ヽイ/  /ニニ{ニ/ニニニ',
.        |/ニニハ 」__:/  /ニニニ∨ニニニニ}
        /ニニニ∨: : {_/ニニニニ∨ニニニニ、
      .{ニニニニ〉 ´ニニニニニニ ',ニニニニ ',
.      ∧ニ、ニニ()ニニニニニニニ/∧ニニニニ',
     {ニ}ニ',ニ||ニニニニニニイニ{::∧ニニニニヽ
     /ニ 〉ニ }ニ,||、ニニニニ´ニニニ{:イ ∧ニニニニ ',
     ,ニニ{ニニニ()ニ∨ニニニニニニ|'  {∧ニニニニ :.
     {ニニ|ニニニ }}ニ 、ニニニニニ }  / 〉ニ´ニニニ}
    /ニニj!ニニニ() ニニ、 ニニニニ|   /´ ̄ニニニノ
   {ニニニ{ニニニ||ニニニニニニニ{  {ニニニニ /
    ,ニニ/,ィニニ/ニニニ {、ニニニ- '´ニニニニ/
    |ニ /イニニ{{ニニニ/ニ \ ̄ニニニニニ /
    |,//ニニニ()ニニ/ニニニ\ニニニニ イ
    /イニニニ //ニニ{ニニニニニ、ニ_> ´
    {ニニニニニ{{ニニニニニニニニ∨ニ!
    ∨ニニニニ})、ニニニニニニニニニ7、
    {ニニニニニ||ハニニニニニニニ__/_: `ヽ、
    /:|:` <ニニ !!: }!ニニニニ>´:ヽ: : : : \: : \
    ,: :.|: : : |: :`:ー'': |:!ニ_>: ´:\: : : : \: : : : \/
   'r-_j: : : |: : : :|: : :{: : : : :ヽ: : : : \: : : : }イ´ ̄
   '   ̄¨ \:_:|__!: _,. .ィ_>:_/ー‐ ' |
  :             ,    {         ;
  :            ,'   |           i
  |            ,'    |
  |        /    :          :
  i        ,     i        ,
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
由嶺名居 天子 「おはよう」
ドラゾンビ 「おはよーさん 」
輿水幸子 「メタな話ですがすいません!昼時間いっぱい急用でPCから離れていました!
投票指示もよく見れずに「グレラン」の文字だけみてしまって・・・!!
本当にすいませんでしたー!!」
高峯のあ 「……紗枝ー天子で2Wならその論は通じるのね。
…なんという孔明の罠」
小早川紗枝 「とりあえず天子はんにはもう一回質問に答えてもらわんとあかんなあ」
ユエル 「GJ? きつねかみ?」
ドラゾンビ 「死体がいないのはどっちだろうね」
的場梨沙 「おはよう、GJか、狐か。さて、どっちだ。」
神谷奈緒 「平和。うん、あたしor桃子噛みGJか灰狐だろうな」
ユエル 「死体なしやね」
輿水幸子 「あれ、死体なしですか!?」
周防桃子 「霊能CO 渋谷凛●

ごめんね、もう今日はいろいろ考えるより朝一で結果貼る事に集中するね
この結果、大事だろうから
生きていたら朝に間に合わせるよ」
由嶺名居 天子 「霊能結果は?」
高峯のあ 「…霊能の色を見せたくなかったか…はたまた…」
神谷奈緒 「さて、桃子は結果頼む」
小早川紗枝 「死体なしの原因自体はなんとでもあるから狩人はん生きとるなら自主性に任せる」
ドラゾンビ 「共有や霊能でGJなら嬉しいけど、グレーでGJだった場合あまり喜べないかな んで占いはやっぱり偽と」
的場梨沙 「なるほど。やっぱり偽だったか。」
輿水幸子 「ですよね>凛さん●
霊能GJ濃厚と見ますよ!」
周防桃子 「狼だったよ、つまり占い初日だね・・・
狂人も行方不明だよ」
由嶺名居 天子 「てことは、
的場、ドラ、ユベルの中に囲いがあるかもってことかしら?」
高峯のあ 「…なるほどね。どこだったか…見てくる必要があるわ>●」
ユエル 「しぶりん●か。うちらもしぶりん切った以上、初日占いってことにするってことやんな」
由嶺名居 天子 「ごめん、ユエルだわ」
小早川紗枝 「それでなんやけど、正直昨日のドラゾンビはんの凛はんへの別れの辞がよくある身内の切り離しに見えて仕方あらへん
そうでないにしてもドラゾンビはんの印象は最悪。」
ユエル 「うちユベルちゃう! それ遊戯王や!」
神谷奈緒 「OK、まだ2Wだし狂狐生きてる可能性も十分あるから○撤廃で指定いれる
意見みたいからしばらく喋ってて。1:30ぐらいには指定する」
ドラゾンビ 「グレーを噛んだ場合、何処だろうね、渋谷凛を見ると高峯のあ投票はこれ噛み指定だったのかなと思う」
輿水幸子 「占い初日の狼―真だとすると潜伏狂人ですか・・・
凛さんに関しては囲いあるとみていいですね!」
高峯のあ 「……見当たらない… 混沌へと過ぎ去ったのね」
的場梨沙 「まあ、となると当然白も関係なくなって、グレー多数と。」
ドラゾンビ 「或いは露骨に変なことやってる幸子さん…… でも僕だったらここ噛まれたら嬉しいかな」
周防桃子 「狩人GJか狐かはわからないけど
GJだったとしてもまだ出てくる場面じゃないと思うな」
由嶺名居 天子 「囲いあるなら、ドラゾンビ>的場>ユエルって印象」
高峯のあ 「……グレーでGJ、とは何かしら?>ドラゾンビ」
ユエル 「占い初日の狼ー真として、出てないのは狼2に狐1,狂人もやな」
小早川紗枝 「今頃になってそれを言い出すんかぁ…
凛はんへの評価がもし天子はんの中で下降の一途だったのならもっと前から見とらんと>天子はん」
ドラゾンビ 「まあ何にせと4吊りあるから2w1狂人1Fでも全部間に合うかな」
高峯のあ 「それは囲いの効力発揮してないと思うわよ>天子
ドラゾンビが凛の結果に対してうんぬんは特に関わってない」
ユエル 「釣り数間に合うならよかった」
輿水幸子 「露骨に変なことって・・・昨日の件についてはさすがに謝罪しましたよ!」
由嶺名居 天子 「グレーなら、幸子>のあ>紗枝かなぁ」
小早川紗枝 「狂人とか気にしてる場合ではないと思う>幸子はん」
神谷奈緒 「指定 ドラゾンビ」
ドラゾンビ 「のあ噛んでこれが起きたなら、素直に天子や的場を疑おうかな、逆に小早川やユエルはどうかしらね」
的場梨沙 「ドラちゃんか。」
高峯のあ 「共有噛みを自然と見てた天子を吊って
……紗枝と○、見極めるという感じ…」
ドラゾンビ 「のあはノイズかな、何にせよよ」
神谷奈緒 「反対意見あるなら早めに頼むよ」
高峯のあ 「だったの、だけれど…」
的場梨沙 「ドラちゃん何かあるかしら。」
ユエル 「理由は?>ゾンビ」
輿水幸子 「そうですね!>紗枝さん
○ぽこぽこ吊ってますし、狼を吊ることを考えないよ!!」
周防桃子 「さすがにこの場面でグレー護衛してGJというのは見れないかな
桃子護衛じゃなきゃ共有護衛でしょ」
ドラゾンビ 「狼CO 高峯のあ噛んで死体が出てません 以上」
由嶺名居 天子 「ドラ吊りは納得」
輿水幸子 「考えないと!!ですwwwもういやですwww」
由嶺名居 天子 「うわぁ・・・」
的場梨沙 「告発……そこか。」
高峯のあ 「偽CO、まぁ狼がひとり死んでいるしね」
ドラゾンビ 「高峯のあでGJしたんだったらしらんがな」
小早川紗枝 「おおきに>ドラゾンビ版」
輿水幸子 「え>狐告発」
神谷奈緒 「OK、吊る」
高峯のあ 「LWになるのならばいいかしら」
ユエル 「狩人CO.霊能」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
6 日目 (1 回目)
的場梨沙0 票投票先 →高峯のあ
輿水幸子0 票投票先 →ドラゾンビ
由嶺名居 天子0 票投票先 →ドラゾンビ
ドラゾンビ6 票投票先 →周防桃子
小早川紗枝0 票投票先 →ドラゾンビ
神谷奈緒0 票投票先 →ドラゾンビ
高峯のあ2 票投票先 →ドラゾンビ
ユエル0 票投票先 →高峯のあ
周防桃子1 票投票先 →ドラゾンビ
ドラゾンビ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
神谷奈緒 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ドラゾンビさんの遺言 それがどうした、僕ドラえもん
神谷奈緒さんの遺言       , _,、‐ " ̄:::゙:丶、
   ,r糸/彡::゙:::::::::ヽ::::、ヽ⌒
   ヾ/ミ:; ;i l i |l i :; ヽ,:!::,::)
    7l::ミ:::ri」━」!Ll」i━L!}
    爪|;:ミ|  ┃   ┃ {、
   j巛ヽ(::;ハ)u       ハ)
  イ::::'j:ヾ)´\  r-┐ ノ
  彳::::::`::::之ゝヾ ̄下ミ}
   )jヾ:::::::/;;::巛:::::し´:::ヾ》
   (:::: ,イ|;;::::| ミ::::☆::;;;; )《
ど、どうも、神谷奈緒や~。あたしと仲ようしたってくださいね?
……わ、笑うなよ! あたしだって似てないのわかってるんだからさー!
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
ユエル 「あら、うち生きてたか」
由嶺名居 天子 「おはよう」
小早川紗枝 「狩人はん今まで生き残ってくれてほんま助かったわ。おおきに。
噛まれ死んでる前提での朝一やさかいに今日も生きとるんなら堪忍やけど。」
周防桃子 「霊能CO ドラゾンビ●

ユエルさん狩人COしましたか
噛まれなければちょっと疑うかなって感じ
まあ狼ならあそこで出る意味ないんでまず狩人でしょう
出る必要なかったと思うので潜伏狂人の可能性もなくはないけど・・・

とりあえずのあさん吊りましょうか今日は
告発が嘘の可能性もあるけど
ユエル 「初日:なし
犠牲者:GM

二日目:しぶりん
犠牲者:響
占い1での護衛は見え見えかもやけどまずは安全牌や。
霊能かとも悩んだんやけどそっかー、共有抜きかー。

三日目:しぶりん
犠牲者:楓
先日の共有抜きを見て、ちょい悩んだんやけど。
今回もひとまずは占い護衛してから身の振り方考えるでー。
占いの白かー

4日目:桃子
犠牲者:赤馬
すまんな、凛ちゃん。どうにもうち、凛ちゃんを信じれんのや。
あと、そういう空気が出てきてたからこれ凛ちゃん護衛しないでも、狼側が疑惑の種として凛ちゃん残すんとちゃうかなあと。
共有か霊能かは迷うたけど、この段階やと共有0にはせん、やろ、なー?
赤馬かー。発言力のある頼れる村っぽかったんやけど

5日目:桃子
犠牲者:なし
ひとまず凛を切った以上、初日真占いで、桃子は真霊能ルートやんな。
それに真偽抜きでもしぶりんへの判定は見ておきたいし。
桃子続投。犠牲は無し。GJと信じたいけど。
狼なゾンビの告発。のあ噛んで死体なし。
うちが霊能護衛やからのあ狐や

6日目:桃子
まあうちが噛まれるかもやけど」
由嶺名居 天子 「進行役がぁ・・・」
的場梨沙 「おはよう、奈緒ちゃんか。」
輿水幸子 「ドラ→狼でのあ狐告発、ユエル→狩人CO霊能GJ
つまり今日はのあさん吊りでしょうか・・・」
高峯のあ 「…おはよう。
偽告発なんて初体験で、のあさんも標準語になってしまうわ」
ユエル 「◇ユエルの独り言 「COタイミングあそこでよかったんやろか」
◇ユエルの独り言 「とりあえずGJしてないことは言っておきたかったし、今夜うちが噛まれたらそれ伝えられへんかったし」
◇ユエルの独り言 「COした以上、うち噛みかなー。もし残すならうちをスケゴやろけど。」
◇ユエルの独り言 「あのタイミングやと、狼が偽狩人COしたとしてもそこ噛まれないとおかしいやらになるし。狐も表出れないよな? 狂人なら出れるやろけど」
◇ユエルの独り言 「そこまでうち出てもおかしくはない、はずや。日記? 残り時間脳都合上だせんかった」」
小早川紗枝 「出るしかあらへんよ。あれが狐噛みであることを証明せなあかんから。>桃子はん」
ユエル 「一応これ、うちが昨日考えてたことや。今日も残されたらこうかなあと」
由嶺名居 天子 「で、今日はどうしようかしら?」
高峯のあ 「…私吊りで2吊りあまり、それが一番綺麗だけど、
……私が狐ならば、今日噛めば良い話じゃない?」
周防桃子 「桃子が指定役なの・・・勘弁してほしいかな
ユエルさんが真狩人なのかちょっと信用できない部分もあるかな」
ユエル 「時間なかったから日記はコピペできんかった>昨日 堪忍な。無論うちを疑って柱でも構わん」
的場梨沙 「のあちゃん吊って、LW探しね。グレーは私、 紗枝はん、幸子、天子か。」
高峯のあ 「……狼にとって、不利になることなんて何もないんだから」
由嶺名居 天子 「私はのあ吊りでも構わないけど」
小早川紗枝 「のあはん吊って残り2回で仕留めるんと違いますん?>天子はん」
ユエル 「(確か偽告発って禁止じゃなかった?」
的場梨沙 「ちょっとあのタイミングはびっくりだなー。ユエルのCOは」
輿水幸子 「LWですね>霊能CO
えっと・・・頭が混乱してます・・・」
周防桃子 「幸子さん、平和は一回しか出てないから
狐噛みしたら霊能のGJなんてないんだよ」
高峯のあ 「…だから、今日は灰吊りでお願い…
……紗枝さんが柱にでてくれるなら、嬉しいんだけど」
高峯のあ 「…冷静に、なりましょう」
ユエル 「理由は書いた通りな。残り30やとあれが精一杯やった>ばりさ」
小早川紗枝 「立派な戦術どすえ。うまく機能すればだけど。>ユエルはん」
高峯のあ 「だれか村人が柱CO→明日私噛ませる
で吊り数が減らない」
的場梨沙 「なるほど、解ったわ>ユエル」
輿水幸子 「すいません、その通りですね・・・>桃子さん
どうにも頭がテンパってしまっていて・・・昨日の発言霊能GJと勘違いしてました。」
高峯のあ 「…死体なしなら私を吊っていい。ユエルが出ているし、そこが噛まれるだろうけど。」
小早川紗枝 「勝ちを捨てる進行を桃子はんが許容するかどうかなのでうちからは何も言わん>のあはん」
ユエル 「堪忍な。うちも枠としては初心者の方やし、それなりには考えたうえやってんやけど>上手く機能すれば」
周防桃子 「ごめん、指定してそこが狼だったとして素直にCOせずに吊られて狐勝ちにさせるのが怖いんだ
だから今日はのあさん吊りでいくね」
的場梨沙 「若干グレーで私が劣るのは、偽占いの○貰いってことかな」
高峯のあ 「…きっと、私を吊れない、と思った人が噛んだのだろうけど…
仕方ないわね…」
由嶺名居 天子 「最終判断は霊能に任せる。とりあえず、何もないならのあに入れる」
輿水幸子 「指定了解しました。」
由嶺名居 天子 「了解したわ」
高峯のあ 「…残り2吊りで狐→狼。村の選択がそうならば、私はそれに流されるだけよ」
的場梨沙 「ただ、当然そこはLWにとってもねらい目だから囲い主張が出るのも当然……だけおd、ドラちゃんが囲いなのよね」
小早川紗枝 「ほな素直に残り2回できっちりといきましょか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
7 日目 (1 回目)
的場梨沙0 票投票先 →高峯のあ
輿水幸子0 票投票先 →高峯のあ
由嶺名居 天子0 票投票先 →高峯のあ
小早川紗枝1 票投票先 →高峯のあ
高峯のあ6 票投票先 →小早川紗枝
ユエル0 票投票先 →高峯のあ
周防桃子0 票投票先 →高峯のあ
高峯のあ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ユエル は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ユエルさんの遺言 うちの遺灰はソシエに届けたってなー
高峯のあさんの遺言 おい右を見ろ→              下を見ろ↓
       下を見ろ↓                  ←左を見ろ
               右を見ろ→                             下を見ろ↓

                        右を見ろ→        下を見ろ↓

↓下を見ろ                ←左を見ろ ↑上を見ろ            ←左を見ろ

       右を見ろ→                                      下を見ろ↓
               ↑上を見ろ                 ←左を見ろ
                       ↑上を見ろ                     ←左を見ろ
右を見ろ→              下を見ろ↓
       下を見ろ↓                  ←左を見ろ
               右を見ろ→                             下を見ろ↓
                        右を見ろ→        下を見ろ↓

↓下を見ろ                ←左を見ろ ↑上を見ろ            ←左を見ろ

       右を見ろ→                                      下を見ろ↓
               ↑上を見ろ                 ←左を見ろ

                       ↑上を見ろ                     ←左を見ろ
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
由嶺名居 天子 「小早川紗枝「それで今天子はんって凛はんのことどうおもうとります?
できれば初日の印象がどう変化したかという形で」

ごめん、見落としてた。凛の印象は最初は真、次の日の夕方には真?ってなり、その後は変わらなかったわ。」
周防桃子 「ユエルさんは今日は吊らない
でも真狩人だと決めうちもしないよ
明日があったらユエルさん吊りも視野に入れて殴りあおうね
潜伏狂人と狼残りなら最終日になっても負けだけど、もうそこまで考えてられないよ」
輿水幸子 「おはようございます。
残り二吊り勝負ですね・・・ボクが怪しいと思うのは
安直ですが囲い疑惑の梨沙さんですかね・・・」
由嶺名居 天子 「おろ?」
的場梨沙 「おはよう。狩人COあったユエルから、か。」
周防桃子 「高峰のあさん ○

一応ね」
小早川紗枝 「凛はんの○というだけで評価を一段階下げたところから灰見を始める気は最初から持ってないから安心していいどす>梨沙はん」
輿水幸子 「ああ、狩人さんが・・・」
的場梨沙 「グレからか。」
周防桃子 「はい、これで明日死ぬのは私だね
最終日頑張ってね!
まあ今日LW吊れればなんでもいいんですけど」
小早川紗枝 「幸子はんは結構自分の想いに素直すぎて動いているとこがあるさかい
彼女単体で見るというのは難しいかなあという印象」
的場梨沙 「グレの総量は変わらないかな。霊脳さんの指示に従うよ」
輿水幸子 「これまでのグレラン投票を見ても別段怪しい、という点は見つからなかったので
もう・・・ボクにはさっぱりです・・・!」
小早川紗枝 「ようやく返答が来たけど
凛はんに疑いがある以上その○なんて自然と疑ってしまうものと違います?>天子はん」
的場梨沙 「アタシとしては、正直アタシ囲いを主張して、最終日にもってく考えるのが順当なのよね。悔しいけど」
由嶺名居 天子 「幸子は一番よく分からない。的場に囲いは無いと思う。紗枝は他人の発言をよく見ようとしている印象」
周防桃子
小早川紗枝 「◇由嶺名居天子 「てことは、
的場、ドラ、ユベルの中に囲いがあるかもってことかしら?」

凛●見ての反応がこれ。あるかもというよりあってほしいように見えたけどなあうちには」
的場梨沙 「だからこっちも安直なんだけど、囲い主張をいまさらやる二人は怪しいかな」
小早川紗枝 「正直天子はんで終わってほしいどす」
由嶺名居 天子 「囲いの前にグレーから見ようとしていたの。 >紗枝」
輿水幸子 「梨沙さんを最終判断におく場合なら、天子さんの方を吊りたいですかね・・・」
周防桃子 「指定天子さん

◇由嶺名居 天子 「てことは、
的場、ドラ、ユベルの中に囲いがあるかもってことかしら?
◇由嶺名居 天子 「囲いあるなら、ドラゾンビ>的場>ユエルって印象」
んー、少し露骨にドラ斬りに来てるのかなこれ?自分がLWとして残るために

由嶺名居 天子 「私じゃ終わらないわ」
的場梨沙 「紗枝は白目だけど、ぶっちゃけ誰も彼も怪しい」
由嶺名居 天子 「COはない。明日は任せた」
由嶺名居 天子 「COなし」
的場梨沙 「天子ね。」
小早川紗枝 「その姿勢じゃあ凛はんが可哀想やわぁ>天子はん」
周防桃子 「ここを怪しいとみたから
外れてたら、霊界で笑ってていいよ
私もすぐいくから・・・

えっ、残すとかないよね?」
輿水幸子 「指定了解しました!」
由嶺名居 天子 「明日のメンバーに期待」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
8 日目 (1 回目)
的場梨沙0 票投票先 →由嶺名居 天子
輿水幸子1 票投票先 →由嶺名居 天子
由嶺名居 天子4 票投票先 →輿水幸子
小早川紗枝0 票投票先 →由嶺名居 天子
周防桃子0 票投票先 →由嶺名居 天子
由嶺名居 天子 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
周防桃子 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
周防桃子さんの遺言 やだな・・・桃子まだ・・・死にたくないよ・・・


         />⌒:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ヽ
.         ′:::::::/::::::::::::::::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨
       /:::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     l:::::::::::イ  ヽ:::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::::|
     |/i ::l!::|、   \::::\::\::::│:::::::::::::::::::::::::::::::l
      |::::llイ \   \::::\_>l:::::::l::::::ハ::::::::::::::∧
      |::从イてぅ    ^≦_\::|::::::|:::/::∧::::::::/::::l
      l::::ハ V::リ   "~てうミl:::::::|/::/:::::ヽ::::::::::::\
      /:::::} //      ∨:リイ:::::::r‐ 、::::::::::\:::::::::::ヽ
     /:::::::::::l   '      /// /:::::::::!⌒ l::::::::::::::::::::::::::::}
.    人::::::::::::\        /:::::::::::| /:::::::::::::::::::::::::/
      )::::::::::::::::ヽ、  -‐  /::::::::::::::lム:::::::::::::::::::::::_ム イ
    イ_ 斗:::::::::\ ≧ <_ /::::::://`ヽ::::::::::::::::::::_ノ
    ̄   ∨ ̄ ̄   / / /:::::::/´    ∨::r< ̄
          〉    Y  } 辷/::::/         ∨
          ゝァ、_ |  ヾ∨イ  /      ∧
.          / ハ l   リ l/         イ l
由嶺名居 天子さんの遺言       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/⌒ヽ `丶/    l
.,,_   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     i   ヘ     .トー‐- , _
 ヽ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{    ,,/    }   /     /
.,,_ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\        /  /     ノ
   ‐t:::;;___::;;..::::-‐_:_;;.ニニニニニニニニニニニー∠_ _,,..-‐‐''
' -_..-‐ニ;;.-‐‐''' : : : : : : : : : : :|: : : : : : :i: |: ヽ//\>:| ,ヘ´゛'.‐-.,__
‐_ィ.|: : : : ::| : : : : : : : : : : : : : :|: : : : : :ヽ|::|: : }: :|: : ::i:',:::::::::::::::::::::::::"-,
::::::.::',: : : : :|: : : : /: : : : : : : :|,:イ: : : : : : j`|tー: ::|: :ヽヽ__,. -‐ ― ' ■踏まれ代行始めました■
::::::::::i: : : : / : : : :{: : : : :/|,イ}:ハ: : : : : /7_,ィV: : |: : ヽ ゝ       ムカついたけど床を踏みにじる勇気が無い、
.,__:|: : : / : : :: j:|: : : ;イ|::/ムィ ヽ\/ テ:} リ/: j: : : :l        大地を踏みしめたいけど踏むための地面が見つからない、そんな時に!
    |: : :/ : : : ::ハ: |: : |〃テ:::}     辷ソっnノリ丶_ノ        踏まれに目覚めた天人たちが一生懸命あなたのために踏まれてくれます!
   /: :/ : : : :/: : Vヽ: |{{ 辷ソ     、/n/{ | |::|ヽ>         モチロン床を用意する必要はありません!
.  /: :/: : : : :/:/|/ n{nn/// (`ーっ { | } } }: ヽ          天人があなたの想う理想の床として無差別に踏まれまくります!
 /:/. : :: :/: : : : :/ / / j ∩ | iー-´イ| !   |: : :|         1時間¥1050~ 24時間営業 年中無休!
/::/: : : :ム_: :_ :{ { { {7 ト U─´/  /: :ノリ
::/: : : : /    \、    ヽ' \::::::{    イ/           踏まれ代行では同時にスタッフも募集しています
: : : : //         \ヽ   `ヽミ}::::::ヽ   |  }           踏まれに興味のあるそこのアナタ!一緒にお仕事してみませんか?
: : / /  ー──  }:ハー    |ノ彡 |    |ニノ           踏まれるだけの快感なお仕事です!
/  l        ...─-}|    | /´|    |ニ|
ー、_|      //r‐ ニ|    | }   |   | |
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
輿水幸子 「おはようございます・・・」
的場梨沙 「おはよう、残ったら、当然かまれるのは其処……で、LWはめぼしはついてるかわよ」
的場梨沙 「紗枝はん?」
小早川紗枝 「ちょっと関係ない話だけど
狼がいじわるな考えを持っていなくてよかったと思う取ります」
輿水幸子 「正直胃が痛いという次元を超えていますね・・・
ボクはどうしたら・・・」
小早川紗枝 「梨沙はんはまず自分がすけえぷごおとであることを考えすぎてるので一旦忘れよか?」
的場梨沙 「アタシの主張というか、LWは幸子ちゃんだと思ってる。」
的場梨沙 「ん、解ったわよ」
小早川紗枝 「幸子はん」
輿水幸子 「はい?>紗枝さん」
小早川紗枝 「◇輿水幸子 「梨沙さんを最終判断におく場合なら、天子さんの方を吊りたいですかね・・・」

昨日こんなこと言うてたけどな?なぜ天子はんなん?」
的場梨沙 「でも、正直あんまわからないのよね。寡黙気味だったという意味では幸子ちゃんと一緒だし」
輿水幸子 「えっと・・・天子さんの方に投票に身内を見てしまって・・・
由嶺名居 天子 2 票 投票先 → ドラゾンビ」
小早川紗枝 「囲いとか一所懸命考えてたようだから梨沙はん残った最終日って結構すとれえとに見れへんて」
的場梨沙 「あ、なんで天子なんだろう。」
小早川紗枝 「あああの卯月はん吊りの日か」
輿水幸子 「もう頭いっぱいいっぱいで、霊能さんが言ってた通りドラを切り捨てたと
思っていたんです!!」
的場梨沙 「卯月ちゃん釣りは正直寡黙気味で、狐だといやだよね……って感じだったけど」
小早川紗枝 「それやったら霊能噛んでそうやけどなあ」
輿水幸子 「卯月さん投票は前に言った通り残しておけないと判断したからです!」
小早川紗枝 「その日とかドラゾンビはんとかわざわざ触る時期過ぎとうし」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
9 日目 (1 回目)
的場梨沙0 票投票先 →輿水幸子
輿水幸子2 票投票先 →小早川紗枝
小早川紗枝1 票投票先 →輿水幸子
輿水幸子 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
輿水幸子さんの遺言           /               \
.                /    /        \ \
        /   /  /              |
.       /   /  /     /     /      |
       :            /     /     ∧    |
       |  :/  |i  /     ___/ |    / 斗‐   |
       | /   」L厶..斗   /|`:|/  / /l|/  / :ーァ'
     ー=彡  /:|く    |: /∨_,厶八/|/xf灯ミ,/|/|_,.>
    <..,,_____  |i ニ=-|/xf灯「`    {少 /  |
        ∨ / |    l八乂 少      . : :   |
       ⌒「  :f |    l\l´´ : : : .    `   l  八
         八|\八  八         ┐  八 ./
              \\  '.       l  ,ノ /   ′
               ∨\ '.「`        イ   /
                /^\ '. 、   √´ /7
           _,,.. く   \ \__,|ノ\厶イ
          /    丶     ____rヘ, -‐┐、
          /        \f´  -‐Y_}- | '.
       |⌒\         〈\   /'.\__ノ∧ '.
       |           ∨〉-く,. |  \∧ '.
       〈     `、     └‐ヘ,___|-'⌒ 「〕 〉, :
       |     \ `、      ∨〉「〕      ∨〉|
       |      \,^Y   '.   ∨〉      ~´}| |
       | /        |   i   |{    /   }| |
       ∨       |   i   |{ 「〕    「〕}| ト、

      ボクはカワイイから噛まれてもしかたないですね!!
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2016/03/08 (Tue) 00:18:03
由嶺名居 天子 「お疲れ様」
神谷奈緒 「お疲れさまー。
狼陣営はおめでとう!」
高垣楓 「は~い、お疲れ様ですよ~」
周防桃子 「引き分け!引き分け!」
我那覇響 「お疲れ様だぞー 」
ユエル 「紗枝はんはじぶんせめんようになー」
横山奈緒GM 「はいお疲れさん! 本日は狼陣営の勝利や!」
輿水幸子 「うぁああああああん!!お疲れ様でしたぁぁぁ!!!」
高峯のあ 「……私残しにしなかったから、赤帯になってしまったわね。
…お疲れ様よ」
小早川紗枝 「うわぁ」
周防桃子 「お疲れさまでした」
ドラゾンビ 「やったぜ お疲れ様でした」
結月ゆかり 「お疲れ様です」
輿水幸子 「ごめんなさい・・・最後の最後にぶれてました・・・
露骨に殴られると怖くて怖くて・・・」
ユエル 「まあ完全に村が音頭とっちゃってそのことに、他誰も反対しなかった時点でどっちか狼さっしやったかもやけど」
我那覇響 「じゃあ 自分は早めに帰るぞー いぬ美たちの餌やりがーーーー 
お疲れ様でしたー」
由嶺名居 天子 「まさか両方とも○で囲ってるとは思わなかった。いや、検討はしたんだよ?」
小早川紗枝 「大丈夫気にしとらんから>ユエルはん」
的場梨沙 「わーい!」
高垣楓 「GMさんから占いを売らないってなった村から
最終日まで行けたのは、よかったんじゃないかしら~(ひっく)」
我那覇響 「奈緒は進行ありがとうだぞ 早く死んでしまってごめんなー>奈緒」
ユエル 「狼はおめでとうなー」
輿水幸子 「二人が向かってきた時点で絶望しかなかったですよ!!」
高垣楓 「あ、そうそう梨沙ちゃんはLW勝利おめでとうね~(ぱちぱち)」
横山奈緒GM 「んー、ドラゾンビに関しては吊られる日の○やし結構ギリギリやから囲いかと言われると微妙やで>天子」
神谷奈緒 「○連だったし2囲いもありそうではあるけど、卯月が霊能○結果だった上で梨沙囲いをどこまで見られるか、だよなぁ
あたしが残ってても幸子村うちからの紗枝梨沙2択外してた気がする」
小早川紗枝 「ドラゾンビはんが露骨に梨沙はんすけえぷごおとにする発言出してたのが逆に行っちゃったかなあこれ」
ドラゾンビ 「楓や赤馬噛む前にユエル探しだす仕事しなきゃいけなかったのに(´・ω・`)
ほぼ置物でごめんちょ(´・ω・`)」
高峯のあ 「…3人は、傍観位置に1人でる流れが主……
だいたい説得とかめっさ迷ってる人以外には通用しないから…」
渋谷 凛 「おつかれさま
頑張ったね、梨沙。幸子。それに紗枝も


                 _ ..... -===::....... _
              ...:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::>.、
              /:/.:.:.:.::.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:!:ji:.:.::.:.:.::.:\
            /:.:./:.:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:|l ji:.:.:.:.:.:.:.::.:.:..
           ′;.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:リ ji:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:',
          .:.::.:.:.:.:.:.ji:.:.:.:.:.:.:ji:.:.:.:.:.:.::./_ ji:.:.:.:.:.::|jl:.: jl:..
          .:.:.:.:.:.:.:.:.:ji:.:.:.:.:.:.:.l!:../}/}/_ ` !:.:.:.ル:-ji : jl:∧
         .:.:.:.:.:.:.:.:.: jl:.:.:.:.:.:.:.|!/,ィ乍芯、 }:/  _И/:.:.∧
         jl:.:.:.:.:.:.:.:.:杁:.:.:.:.:.:jl k. 弋.rリ     ィ笊㍉:.:.:.:.|
          jl:.:.::.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:..:.:.jl  ` ^~     弋リ ,{:.:.:.: jl
         i!:.::.:.:.:.:.:.rヘ:.:.:.:.:.:.:.jl          ,  :.:.:.:. jl
         l!:.:.:.:.::.:.∧rji:.:.:.:.:.:.jl             .:.:.:.:. jl
           ji:.:.:.:.: |!:.:.:Ⅵ:.:.:.:.:.:.jl       ー   /:.:.:..: jl
          I:.:.:.:.:.:ji:.:.:.:.:ji:.:.:.:.:.:.jl:jl         イ :.:.:.:.: jl
         ,:.:.:.:.:.:.:ji:.:.:.:.:ji:.:.:.:.:.:.jl:.j〕=-   __ /: jl:.:.:.:.:.::jl
         .:.:.:.:.:.:.:.:ji:.:.:.:.:ji:.:.:.:.::.:jl:.jl    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::jl
        ,:.:.:.:.:.:.:.: ji:.:.:.:.:ji、:.:.:.:.:j|:jl.    ′.:.:.:.:..:/ ::.:.::.:.::.jl
.       /:.:.:.:.:.:.:.:/∧:.:.厶ヘ:.:.:.:jl    ,:.:.:.:.:.:.// ∨ :.:.:.:jl
      /:.:.:.:.:.:.:.:.;.‐= ∨:,   ∨∧     \_:.彡′ .∨:.:.:.jl
.     /:.:.:.:.:.:.:.:./   ∨:,   ∨:∧    `ー-----∨:.:.jl
     /:.:.:.:.:.:.::.:.;.     }:.;.   ∨:∧            ∨:∧
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{       }::;    ∨:∧   と  ̄ ̄ \.∨:.∧
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.: j|     ,:.リ.  ;!.  ∨:∧  r 二二二 _ 丶:.:.:∧
.  /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:..jl.    /:;′ ji  __∨∧__≧=…―    ∨:.:∧」
由嶺名居 天子 「>楓
20点。これ飲んで出直しなさい つ「鬼殺し」」
ユエル 「アンタは可愛いなあ。>幸子絶望 ほら、なでなでしたるでー。元気だし。あめちゃんもあげるで!」
高垣楓 「んー?今回あんまり狩人位置って関係ないと思いますよ~>ドラゾンビさん」
輿水幸子 「はいはい、中身はばれてますよ>凛さんもといできない夫さん」
渋谷 凛 「幸子、時間は大丈夫? 卯月はもう帰ったから、無理はしないでね>幸子」
神谷奈緒 「幸子はあたし的にはすごく村だったからありがたかったよ」
横山奈緒GM 「ドラゾンビに○を出した日はほぼ凛吊りが決まっとった
囲いはどっちかっちゅーとユエルまでの位置に該当すると思うで」
輿水幸子 「うわーん!!>ユエルさん」
的場梨沙 「スケープゴートしか狙われる目が無かったから逆に言うと、其処を必死にアピールすれば逆に信用もらえるかなって思ったのよ」
渋谷 凛


     / ̄ ̄\
   /  「  ヽ\
   |  (●)(●)|
   |     |     |   ……チッ
   |   __´_  |
   |   `ー'´  |
   >     ∩ノ ⊃
  (  \ / _ノ |
   \. ”  /_|  |
    \_/__ /」
高垣楓 「それは、ちょっと早苗さんにプレゼントしないとですね>天子ちゃん」
高峯のあ 「……私の仮想狼は天子ー紗枝だったわ。パーペキね」
小早川紗枝 「回答自体は納得行くものであったんやけどなあ
ドラゾンビはんのことを忘れてもう一度見直せてたら投票はできとったかもとは思う>幸子はん」
由嶺名居 天子 「>凛
その顔はやめてwwww本当にやめてwwwwww発言が出来なくなるwww」
ドラゾンビ 「一番怖かったのは小早川狩人で高峯護衛の時だけだった、ユエルならそんな余裕ないけど、小早川だったら普通にやれたかなって」
ユエル 「よしよし。一人でよう頑張ったな>幸子 」
輿水幸子 「奈緒さんにそういわれるとありがたいです・・・
序盤グレランで残る→終盤怪しまれるのパターンが黄金化していて・・・ぐすん」
ドラゾンビ 「上段4人? 的場が仲間だった時点で全員真っ白でどーしようかと……」
的場梨沙 「只管隠れて隠れてちょこちょこ最終日近くなればはつげん増やす作戦でした」
渋谷 凛 「初手の共有噛みも、◯の位置も、投票先も。全部が狼からの演出さ
今回はたまたまうまく行った、だがいつもこううまく行くとは限らない

だから面白いだろ、狼も村も」
由嶺名居 天子 「私ってそんなに狼の臭いしてる?」
輿水幸子 「ちなみにボクの中身ばれてました?>できない夫さん
頑張って中身隠したつもりですけど!!」
小早川紗枝 「堪忍な。それもこれも全部あの未来から来たとか言い張っている青狸が悪いんや。
幸子はんはなんも悪くない(ぎゅっ」
高垣楓 「そうですねー
どの陣営になっても、楽しさってのはありますね(ひっく)>凛ちゃんという名のできない夫さん」
周防桃子 「のあさんは残した方がよかったんですかね?
のあさん吊りしたのは狼指定しても吊逃れしない可能性もあると思ったからです
狩人COなければともかく、もう狩人COもできませんし
人外確定すれば後は吊順だけと狼が諦める可能性もありますし

指定して反応しない→よし、村だろうという間違った判断しそうでもあるかな?と思っちゃった。」
渋谷 凛 「◇由嶺名居 天子 「>凛
その顔はやめてwwww本当にやめてwwwwww発言が出来なくなるwww」


     / ̄ ̄\
   /     「 \
   |      ( ●)
   |        |
   |      __´ノ
   |      `ーソ
   >     ∩ノ ⊃
  (  \ / _ノ |
   \. ”  /_|  |
    \_/__ /」
渋谷 凛
     / ̄ ̄\
   /        \
   |        |
   |        |
   |        |
   |        ノ
   >     ∩ノ ⊃
  (  \ / _ノ |
   \. ”  /_|  |
    \_/__ /」
ユエル 「まああそこで紗枝はんに殴られたら、投票したくなるのも分かるしなあ。ばりさん方も幸子殴る気でいたようやけど、上手いこと殴るのさえはんに譲って影にかくれてたわー」
横山奈緒GM 「LWになってる時点で残す意味はないで>桃子」
ドラゾンビ 「1-1-2の占い偽とかきっつい展開よねしかし 2CO両偽の場合より情報でないもん」
渋谷 凛
     / ̄ ̄\
   /        \
   (●)      |
   |        |     中身とか考えたことないし?>輿水
   `_      |
   ー'´      ノ
   >     ∩ノ ⊃
  (  \ / _ノ |
   \. ”  /_|  |
    \_/__ /」
結月ゆかり 「まあ、私から言えることはなにもないので落ちておきますね
お疲れ様でした」
輿水幸子 「ボク、17人村で占い初日率が高いのはなぜなんでしょうか・・・
(8回中3回占い初日)」
的場梨沙 「残して、私が釣られたら、狐が買っちゃう>桃子ちゃん」
高垣楓 「あの場面吊っていいですよー>周防さん」
由嶺名居 天子 「あの遺言見た日本当に大変だったんだからね!? >凛」
ユエル 「おつかれなー>ゆかり」
渋谷 凛 「あ、首攣りそう……」
輿水幸子 「ふえーん!!>紗枝さん
ボク、次こそ頑張ります!(卯月さんリスペクト)」
高垣楓 「お疲れ様ですよ~>ゆかりさん」
渋谷 凛 「遺言すらも村を惑わすための武器とする、それが狼よ>天子」
的場梨沙 「紗枝はんが幸子さん疑ってたの確認したので、もう脇でハイエナしてた」
神谷奈緒 「のあさんは吊って問題ないな」
高垣楓 「こきゃってしちゃいたい、くすっ(満面の笑顔)>凛ちゃん」
輿水幸子 「ひどい!>できない夫さん
せっかくボクは初日時点でそっちを把握していたのに!!」
由嶺名居 天子 「いやいや、あれ打ったの前日でしょ?狼関係ないからね? >できない凛」
渋谷 凛 「狼を希望すればいいじゃない(ニッコリ>輿水

初心者村なら、誰かが初心者をサポートするために狼を希望するからオススメだろ」
ユエル 「水飲んで反対側のばすんやー!>しぶりん」
小早川紗枝 「最悪でも引き分け確保できるのを取るか、それともすっきり2回で間違えたらしゃーないと考えるかやな
どちらも不正解ではない>桃子はん」
周防桃子 「天子さん>狼の臭いしてる?

そこまで強く疑ってませんでしたが、だからといってあの4人の中から誰か一人だと・・・うーん誰だろ?って感じですね。
普通に考えたら里沙さんがそりゃ占いに囲いされてますよねって感じではあるんですが霊能を噛みに来てないから凛さん狼を隠すのもしていないのでまよっちゃいました」
渋谷 凛
    / ̄ ̄\
  /  「  ヽ \
  |  (●)(●) |
  |     |     |    この村は希望制、あとはわかるな?>天子
  |     、_|     |
  |   'ー=-'  |
  ヽ       /
   ヽ     ノ
    /    く
    |     \」
ドラゾンビ 「狐希望じぇんじぇん通らない(´・ω・`)」
神谷奈緒 「それじゃ、あたしは帰るよ。相方の響はありがとなー
お疲れさま。しかし狐希望から共有に飛ばされるなんてな……」
小早川紗枝 「のあはん残しを宣言した瞬間にうちが柱に出るさかいそれはないな>梨沙はん」
的場梨沙 「凛のアドバイスが大きかったかな」
輿水幸子 「ええ、あなたとかそういう人ですよね!>できない夫さん(狼希望)
あなた狼は確信してましたよ!!(ドヤァ)」
横山奈緒GM 「あんま希望メタ言うのはよろしくないでー」
ユエル 「奈緒もお疲れやでー」
輿水幸子 「ボクも狐希望でした(
狐人気ですねぇ・・・」
由嶺名居 天子 「村人やると大体後半まで残るから、何か怪しいオーラでも出てるのかと >桃子」
赤馬零児 「お疲れさまだ、仕方がないさ」
渋谷 凛 「ハイエナでもいいさ、場の流れに乗ればいいからな>的場

だがお前さんが的場梨沙なら、次はもっと雄々しく果敢に攻めるといい
そう、さながらハイエナの皮を被ったチワワのように」
的場梨沙 「凛が偽と見せるように動くといってから、もう早いうちから凛偽を断定しつつ動いてた感じ。結果囲い疑惑が薄れてて嬉しい」
ユエル 「うちは狩人希望でばっちり狩人やったわ―。希望してなった以上はと気合入れたけどとりあえず働けて何よりや」
輿水幸子 「ああ、それと村の途中で急用とはいえゲームから離脱してすいませんでした。
今後はこんなことがないように気をつけますので!」
小早川紗枝 「狐を残すというのはすなわち狼も吊りませんって言ってるようなもんやし」
赤馬零児 「しかし自分が希望していた役職が初日というのは、少々来るものがあるな」
横山奈緒GM 「……まぁ、当人たちがほとんど気にしてないならええかな 希望確実に通したいなら村人希望すれば通るで」
ドラゾンビ 「しかし希望役職制度なのに容赦なく役職奪いに来る初日はなんなんでしょう(´・ω・`)」
由嶺名居 天子 「>ドラゾンビ
私も埋毒者希望してるんだけど、なかなか通らないのよねぇ・・・」
渋谷 凛 「     \    \     ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    /   /
        \   \   /:::::::::::::::::::___ト、|\::::::ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \ /   /        /
        \    ` /::::::::::::::::::>  '   \{ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧=ー     /
             γ´`Y:::::::::/              ゛`ー\:::::::::::::::::::::::::::::::\    /
           / r、 :}:::::ア                   \\::::::::::::::::::::::: rヽ /
            / ./  ソ:::/    `゙マ::「     }        ` `゛ヽ::::::::::::厶
――――    __{ {  /:::/      __ マ::,     }'      ノ´       /::ヘ{´
         i}ー=:〉::', r /:::厶.:ァ     ヒリヾ:、__  }    /        /:/     _______
______マ:::/:::く_ノ::::::::/       `ー′`ー='  /    __    /:/   _____
        V ::: /:/::::/           ― ― -  / ノー=≦ニミ /´ 
         ,rヘ:::/:::r≪_             /`ー、ヒリ 〉 r     チワワのように!!!!!
      ,./  〉 {´  ´              /    ゛
     //   /  xく;     , __   ⌒`    ノ         /
   /    ,i{   }マ/、  /r `く>.   "´      ,      \ \  \
        ', i }! マ/,  ’, {   ` <>ーァ リ     /         \ \  \
      /   ,  |! マ/、 ヾ 、___    厂 ,′               \ \  \
    /      ,     ’,   ` - 、 `ー― ′   xく             \ \  \」
ユエル 「それじゃうちもこのあたりで落ちるさかい、みな、おおきになー」
ドラゾンビ 「:::::::::::/           ヽ::::::::::::
:::::::::::|  ば  じ  き  i::::::::::::
:::::::::::.ゝ か   つ   み  ノ:::::::::::
:::::::::::/  だ  に  は イ:::::::::::::
:::::  |  な。       ゙i  ::::::
   \_         ,,-'
――--、..,ヽ__  _,,-''
:::::::,-‐、,‐、ヽ. )ノ      _,,...-
:::::_|/ 。|。ヽ|-i、      ∠_:::::::::
/. ` ' ● ' ニ 、     ,-、ヽ|:::::::::
ニ __l___ノ     |・ | |, -、::
/ ̄ _  | i     ゚r ー'  6 |::
|( ̄`'  )/ / ,..    i     '-
`ー---―' / '(__ )   ヽ 、
====( i)==::::/      ,/ニニニ
:/     ヽ:::i       /;;;;;;;;;;;;;;;;

>由嶺名居 天子」
高峯のあ 「……(別にグレランでも)いいんやで?」
高垣楓 「まあ・・・四条のGMってよく役職もってちゃうから…」
輿水幸子 「それが希望制というものです(自重しない初日)>ドラさん
別に役もっていくのはいいんですけど、占いだけはカンベンしてください!!」
小早川紗枝 「不測の事態ならどうしようもあらへんよ
まあ気をつけるに越したことはないけど>幸子はん」
渋谷 凛 「こっちも占い初日は噛みとかでアピールしたから許してクレメンス」
高垣楓 「しょうがない場合もありますからねー
気をつけれることなら気をつけて不測の事態なら
仕方ないでいきましょう~>幸子ちゃん」
周防桃子 「占い取った奈緒さんには失望しました
カロリーを取らせるのやめます」
横山奈緒GM 「前も言ったかもやけど、GMから役職決定してかつGMは役職希望できないから役欠け率は役職希望村と普通村も同じやで、とだけ」
小早川紗枝 「初日はんは神様やさかい>ドラゾンビはん」
ドラゾンビ 「ワンチャンス幽香占い師有るのかなって感じもしてた 」
渋谷 凛 「さて。的場は最終日まで連れて行った。次は」
高峯のあ 「……狐希望とっちゃって悪いわね。占いCOしたかったんだけど勇気がでなかったわ。
できてたら囲わない限り明るい世界だったんだけどね…」
横山奈緒GM 「どっちかってーと美奈子が悲しむで?>桃子」
由嶺名居 天子 「>ドラゾンビ
喧嘩売ってるのかぁ?
                      -――――--     _
                _ -=ニニニニニニニニニニ=-</ ̄ ̄ ̄\
                  _ -=ニ/   |-=ニニニニニニ=-----\__ /
             ̄ \/    /_  -=ニニニニニニニニニニニ=- _             ̄ \_
        --/      Y _ -=ニニニニニニニニニニニニニニニニ=-         /      \ ヽ
       /  '     _ -=ニニニニニ=-.: :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. -==ニニニニ|       人  (    \|
          人  (/-=ニニニ=- :. :. :.|:. :. :. :. :. :. :. :.:|:. :. :. :. :. \-=ニニ/       '///,'\⌒)⌒   \
     __|    /-=ニニニ/:. :. :.:.|:. :. :| : : |:. :. :. :. :. :.|:. : : : : : :|:. :. -=ニ/      /////// \ :. ヽ    |
   / 人  7-=ニニニ/:. :. :. :. : |:. :. :.\:.{:. :. :.|:. :. /:. :. :.|:. :. :|:. :. :.|_/      ////////// ヽ:.:.|    |
  /_ /   7-=ニニ /:. :. :. :. : i: `ト------:. :. :. ー/―:. /:. :. /:. :. :/    ____/////////// : : |   /
     |   '-=ニニ ':. : | : : :{:. :. |:.斗==ミ\:. :. /:.斗=ミ:. イ:. : ,:. :. :. /    \_   \////、: : : :.:|   |
     |  , -=ニニ/:. :. :|:. :. :.\:.{   o   ⌒  o ̄ ノ:./:. :. /     ( ̄ ̄    \'   〉: : :.:|   |
     |  /-=ニニ,:. :. :. :|:. :. :. :. :\´¨¨¨¨¨    , ¨¨¨´ イ:.  ̄:. :|      ( ̄ ̄       ',   i: : : : 、   |
     |/|-==ニニi:. :. :. :|:. ――:. :.ノ            |i: :. :. :. =ミ  /  ̄        i  \: : : \ |
.       ―― :. :. :. :.|:. :. :. :./ :{   | ゝ   __     八:. :.|:. :.):. :.))(_ イ/\      |        ̄ )'
           i:. :. :.:人:. :. :.(:. (:.ノ  \/ ∨ ∨ノ   ,:. :. :. : |<_彡'  ///////\      |        /
           |:. :. :. :. :. 、:. :. :.¨个       ̄   /:. :. :. :. |:. :. :.\ / ̄ \///|:.ヽ   
           |:. :. :\:. :. \:. :. :. :.、 >     イ:. :. :. :. :. : |―\ :. / ̄\ ∨-:. : |    ',  \
  ―――、    |:. :. :. :. 〉――、:. :. :. \\ `¨「―=ミ、:. . :. : : \   /  / ∨':. :. :. |        }ヽ
/:. :./ ̄ヽ:     |:. :. :. :/     \:. :. :. \  ̄\ |\\:. :. :. :. :. :. /  /  / ̄ ̄ 、       i  /: i
:. :. i     V     ':. :. :./         \:. :. :. \_/斗=≠<:i\:. :. :. /  /  /'     |     |__彡: /
:. :. |        / :. :. /        |  〉:. :. :. :.\人:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:=:. :/  /  /:.\ _ |     |―=<
:. :. :. :―――=彡:. :. :. {/     \ 〉〈:i:i:|:. :. :. :. :\|O/|\:i:i:i:i:i/  /  /:. :. :.i//= |     |:. :. :. .:\
、:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. /        V  \|:. :. :. :. :. : |'//|:i:i:i\ /  /  /:. :. : 人/=, ∧     |:. :. :. :. :. :
   __/:. :. : /          |   |:. :. :. :. :. : |O/|:i:i:i:i:i/  /  / : : /( /=7         |i:. :. :. :. :. i
      /:. :. :. :/               |   /:. :. :. : : : /|'//|:i:i:i /  /  /:. /|==| |=人        从:. :. :. :. /
渋谷 凛 「               __, , ,,-- --、_      ハ
           , -' ´::::::::::::::::::::::::::::::`'‐、  /::::::ヽ
     _______ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`y:::::::/
 r'ニ二----、ン::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ン
  _/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
  / :::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
 / :::;イ/:::::::::::;イゝ;::::ヽ、:::r、_::ヽ、,ハ、ィヽr、::::::::::::::::::i
 l ://///:::::/i:l:ハ`ヽ::::ヽヽ、ヽ__>==--ヽ、i::::::::::::l
 l::{ {{ {:ト;:::::lr'リr、_L__ヽ、_ヽ_f´ ;rr''´j`t-、 }ミ:r‐‐ゝ
 レ' リ リ ヽ::f´"「{``トト、 }`‐{ ッ'゙{ ゝ辷ソ ノ レ'/こi`}
       t-iヽ{ ゞ;;;ソ l ̄ゝ,  ー‐ '´ ノ (_,ノ ノ
       ヽゝ、`ー'"、_   `ー ---‐'´r'´ _,/
         `弋‐‐'´  _,-‐‐‐-、 /⌒゙i弋;ゝ       >輿水
           ヽ、  ヽ,   ノ f    !____
             `ニ=、_____,,∠_{   }___:::ヾヽ
             ゙、:::::::r:::r'´::::::「` ノ/ `、__::゙ヽ
            r‐'´}:::::::ト-ヘ;;;;;;;;;ト 、_/      `}::{
             ノi:/`フ´ _ン‐‐‐く  /   /   ゙‐}
           ,イ:<_::;ィ/ r'´     〈  ,ィ'  / ./
           f::::r‐'´〈 廴_,,,-‐''ー‐‐辷、_,ィ'´ _,ノ
         /:::::/ヽ、::::V/::/::::::::::::::::::::::` ´`フ
        /::::;;;〈:::::::ヽ;///:::::::::::::::::::::::::::/
         〈 ィ'´_;;;〉::::::r':::/::::::::::::::::::::::::::::K」
輿水幸子 「親に怒鳴られてもうゲーム中半泣きでしたよ・・・;;
最近人狼しすぎて夜更かしするな!と・・・」
周防桃子 「仕方ないよ、幸子さん
不測の事態はあるときはあるし」
ドラゾンビ 「実際この希望制で埋伏毒役職が入っとるの不思議よね」
輿水幸子 「チェンジで>できない夫さん」
高垣楓 「ああ…それは、ちょっと自重したほうがいいのかもw<親に怒られた」
由嶺名居 天子 「初日のGMが占い持っていったので幸子のファンになりません」
小早川紗枝 「……それは現実の生活のほうをどうにかしよか>幸子はん」
ドラゾンビ 「22だとそんな感じになるんだっけ?」
渋谷 凛 「時間に余裕のある村に行くんやで>輿水
10時開始だとどうしてもな

※やる夫村や早苗鯖の初心者村は21時開始です」
高峯のあ 「作戦
→ リアルを大事に
  ガンガン逝こうぜ

……我慢も必要よ。お休みなさい」
輿水幸子 「はい、流石にちょっと自重します>夜更かし」
的場梨沙 「凄い楽しかったわよ、ありがとう。最終日まで残れて、次もがんばるよ」
周防桃子 「美奈子さんも連帯責任だよ
私も、ごめんね
もっと見る目を鍛えないと・・・」
赤馬零児 「この時間帯で夜更かしか」
由嶺名居 天子 「了承を勝ち取ってやってます >親」
輿水幸子 「はい、それではそろそろ流石に失礼します・・・
本当にお疲れ様でした!次はいつになるかわかりませんが、
今度もよろしくお願いしますね!!」
横山奈緒GM 「初期設定で毒追加が入っとるから埋毒も希望入るんよなー」
周防桃子 「幸子さん、それは仕方ないよ
もうねよ?私も寝るよ」
由嶺名居 天子 「埋毒選べば村人になれます」
小早川紗枝 「あくまでもお遊戯やからな

てれびげえむは1日1時間まで!とかいうのと同じ。」
渋谷 凛 「狼の最終日ってのはいいもんだろ>的場

いずれお前さんが誰かを最終日へ送り出す役割をやってくれるかもしれない、
その時のLWは俺かもしれない

あるいは俺の最終日へのプランをぶち壊す村陣営がお前さんかもしれない
その日を楽しみにしているだろ、またな?」
周防桃子 「それじゃ、お兄ちゃんお姉ちゃんお休みなさい                           ト 、
                      , - ''''. .''ナ. .'ー-. 、
                   /: : : : : : : : : : : : : : : : ` 、
                    /´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
                i':: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、 : l  i
               ィ: : : : : : : イ:l!: : : : : ヽ: : : :ヽ: : : ,: :j ', l
              /: : : : : :i: : :! ',::ゝ : : : : ::、: : : i:: :: ::y': :ゝ,
                i/ !: : : ::j|: :il| ゝ: ヽ : : : jゝ、: :!: : : : ,: : : :` 、
                { |: : : ::l ! ト.,._ ` リ,ム斗.''´ヽ!: : : : i: : : : : :ヽ
                  !: : : ::!. ,r'f'5、      ァf'5ェ、!:: : : ::l:: : : : : : )
               ' J:: : : ::ヽ' 弋リ     弋リ ケノ:: : ::j: : : : : :/
                〉:: :: : : ::',//  ,    ///ゝ、_ ,ノ: ::!、: : : ::ン
                .〈:: :: : : : ::ゝ         ,<: : : : : :リ i、ヾく
                ` っンゝ、_`  、'ヽ _ イ" J: : : r´  j ン
                  !     ノ ー ニチ=チ''´ ` ナ´`   !
                      ',     !^ ー , _ ., ‐´`j     ト
                     ,.-t    j}`.ー .._, - '´ j.ミ、 _,ィイ_
               f ( _ {ミミュyソ} rー ' ´    {ミミシ彡イ\ `ヽ
        ,.―― 、 !   !ミミミヾjH― 、,- ¬'`´=ニシf  ` ーチ ― ,, _
          {         ン’   |` ー ´ ヽニ_ニニニ_ニ.j’  / !     .ノ      ゛ ヽ
      .r―'_.     / ソ  r'!     ',〉>o<〈.r' !   ′,'   .イてヽ _/" ̄`
_..r- "{ .i^\     /    /  i      「ー^ー7  .l   !、   .!  (
___ r¬J.  \  i    ./ r ´ !       ',-,    !.  ! ' 、ノ   ヽ,__
            \_..,/ j"^ヽ,j         ∨     !  !    ' 、  __  ` ,ー ,
               r 〈_Y>  !    ゝ  ',      l _ . ュ〉´    n  /- ,  `' 、
` ー ,, _        _ , ム ´  `^ーj     ' , i     !´ ー'`ー'、   ノ亠 ´    ' ,  ヽ」
小早川紗枝 「おつかれさん。最後の最後にぶれてほんま堪忍な>幸子はん」
由嶺名居 天子 「またね。今度は了承を勝ち取っていらっしゃいな >幸子」
由嶺名居 天子 「おやすみなさい。いい霊能だったわ >桃子」
ドラゾンビ 「ちなみに渋谷凛さんがおらんかつ僕がリーダーになった時は全潜伏で霊能噛んであーだこーだしてたかな~ 良いリーダーがいるってのは良いもんだ」
渋谷 凛 「こいつは的場だけじゃなく、全員に言えることだな
アイドルは外に出れば9人の仲間と48人の敵がいるという、その全てを倒して頂点を掴みとるのだ」
横山奈緒GM 「それじゃあお疲れさまや!
今週の村予定は火曜日・木曜日の定期公演、土曜日の鍋村……はやるんやったかな、GMの都合が合えば
と言う事で四条劇場、ご贔屓にお願いしますー!」
由嶺名居 天子 「戦わなければ生き残れない! >凛」
ドラゾンビ 「1CO狐と毛」
由嶺名居 天子 「戦っても生き残れない? >凛」
渋谷 凛 「◇ドラゾンビ 「渋谷凛さんがリーダーで良かった」



         ,ィ.:.:.:.: ̄ ̄丶、
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.       /.:.:.:.:.:!.:.:.:|ヽ.:.:.:.:.\.:.:ヽ
      /.:.:.-‐/.:.:!.:|┼+:ト、:.:..',.:.:.:.
     ,イ.:/.:.:,イ.:./j/ jハ! I.:.:.:i.:.:.:.:|
    ∠.:/.:.:,ィX:::::::::,ィ=X|.:.:.:|.:.:.:.:|
     7.:.:.:〈 ヒソ:::::::::::ヒソ  〉乂.:.:.:\_
     /.:.:.:.:.|:::::::::::、:::::::::::::::jへ.:.:\ゝ
    ム.:.:.ァ|   _    _/≧一'
     j/jヘ  ヽ /  ,イ.:.:r=`'
         ` ーァ‐'´  | ̄
         _z‐ァ}   /¨iー―-ュ
       // |  __ / ヽ........../:ヽ
      人..⌒> .「  ,イへ___>./!.!..l
      |....\..\|/,_」 /....../......!.!..|
      Уf⌒ヽ√^ ̄ヽ.../...........!.!..i
      /.....〉//ヘヘ  /゙.....|............!.!...ト、
     〈.....ゝ、_/ У `┘......|............!.!......〉」
小早川紗枝 「梨沙はん見てるとうちが初めて狼で勝利した時のこと思い出さずにはいられへんなあ
もう3年以上も前の事になるけど」
的場梨沙 「おつかれさまー」
高垣楓 「未央ちゃんwwww」
由嶺名居 天子 「初めての時とかもう覚えてないのよね・・・」
小早川紗枝 「未央はんは舞台があるから忙しいと違いましたっけ?>凛はん」
的場梨沙 「いやあ、やっぱ楽しい。最終日っていいね」
高垣楓 「それでは、お疲れ様ですよ~」
由嶺名居 天子 「実は凛の格好をした未央ちゃんだった?! >紗枝」
渋谷 凛 「それじゃ、お疲れさんだ
勝っても負けても最終日はいいもんだろ、次は占い師を吊った上で最終日に行こう(レッスン2)」
小早川紗枝 「その台詞が出てくるようなら、梨沙はんの未来は明るいかなあ」
ドラゾンビ 「1CO狐溶けチキチキ狩人探し大会とかでまたお会いしましょう 同村村建てGM仲間のお二方 今日はありがとうございました!! お先失礼します!!!」
由嶺名居 天子 「それじゃあ私も失礼するわ。また遊びましょう
          ,.x≦至至至至至ミx{ / j// /
 \    ,ィ幺圭圭圭圭圭圭圭圭ミx/ / ノ____
   ヽ__ -‐ミ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭炒       _
  ヽ/ /   γ⌒寸圭圭≫'''" ̄:::::::::::::::`≪圭ア     __/_/
 \{ {    { (  ノ≫''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`く     _/_/
 ⌒乂   __ノミ≫'":::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::i::::::::i::::::ヽ  / /
 "⌒{至至≫":::i:::::::::::::::::::::i::::::::l::{:::::i::::::i::i:::::}::::}:::У''7"}\
   ,ィ圭ア:::::::::::::{:::::::i:/::i::::::i::::::::トヘ::::i::::::}::}::ノ;;ィ"7;:;:ノ イ  Y
  ィ圭7::::/::::l:::::λ:::::l:::::l::::八::::::i  \::::j::/ <__{;イ _l   i
  圭7::::::i::::::l:::::::::゙、:::{:::::l::::::::ヽト|  ヽ/ >―-/;:;:;}  {、  i
  圭j:::::::i::::::i:::::::::::::゙、゙、:::i::::::l::::ハ  ヽノ  -‐ ニ{:;:;:ノ-‐   i
   {::::::i:::::::i:::::l::::l:::::トヽ:l::::::l:::::::}   ) へ_  j;/:;:}、 {   }
   i:::::::i::::l::l:::::l::::l::::l:ハ}::l:::::l:::l::j  メく,,,,_ ー{:;:;:ノ '「   !
    !::::::::::l::l::::::l::::l:::l::ノ::::::::::l::jノ   ) `ヽ /λ;λ /!  j
    }::::::}:::i::i::::::l::::i:::i::::::::::rl^ト  _  `\⌒ー-Y;:;∨-、  ノ
    j:::::;::::/⌒V::゙;::::::::::n l l l  /-、 ̄::::::{`<__{;:;:;:} i /
   ノ:::/::/    V::゙、::::::l l l l ト、l__ `{:::::人 ヽ ``ー┼-イ|
   /:::/::/    弋:::ヽ::l  ⊂┐ヽ }⌒"ヽ::::\ ゙、  r\__ヽ_
 /::::::::/      \::::l   } ト、)┴、 {::::::::::\゙、 l    lヽ ヽ_
 ::::::::::::/           ヽl    }::ヽ弋~}::::::::::::::ヾl     j   ̄ヽ ヽ
 :::/::::/           l   __ノヽ:::}llllト、 >:::::::ト:}i  __ ノ      ̄
 :/::ノ         }   l " l::::::::ト:jlllllL(∨i::}:::::j ノ l   l
 {::\        j  l   i::!::::j ノll0lL〕 }:l::::/ /l   l
 ::::::::::\ い     /   l   i::l::/ 〔jlllllll〔  l::::/ /|  l
小早川紗枝 「ちょっとそれは初心者のきゃぱしてぃを越えてるでしょうに>凛はん」
的場梨沙 「というか、ほかの鯖のルールがよくわからないから此処しかいないけど、ほぼほぼ参加してるという。上手くなりたいのよね」
渋谷 凛 「◇高垣楓「凛ちゃんもどきの白長饅頭」



         ,ィ.:.:.:.: ̄ ̄丶、           ,....::::´ ̄ ̄:::`ヽ、
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.       /.:.:.:.:.:!.:.:.:|ヽ.:.:.:.:.\.:.:ヽ       /:::::::::::::::::::/::::::::::|:::::::::::::.
      /.:.:.-‐/.:.:!.:|┼+:ト、:.:..',.:.:.:.     ./::,::::::::::::/:/|::::::::::::}ヽ:::::,::::::.
     ,イ.:/.:.:,イ.:./j/ jハ! I.:.:.:i.:.:.:.:|   ..'::::|:::::::|::-/-|::::::::::/-∨::|:::::|
    ∠.:/.:.:,ィX:::::::::,ィ=X|.:.:.:|.:.:.:.:|   |:::::|:::::::|::/_{:::::/__ Ⅵ::: ト
     7.:.:.:〈 ヒソ:::::::::::ヒソ  〉乂.:.:.:\_  |:::::|:::::::|  ○`¨  ○ : }::::::| ':,
     /.:.:.:.:.|:::::::::::、:::::::::::::::jへ.:.:\ゝ  .|:::::|:::::::|     ,   {ノ::::::| |
    ム.:.:.ァ|   _    _/≧一'   |:::::|:::::::|、     __    人 ::: | |
     j/jヘ  ヽ /  ,イ.:.:r=`'   .|:::::{:::::::|:::>  __,..イ:::::|::::::| |
         ` ーァ‐'´  | ̄        .|:::八:::::|::イ{ ト、_/!ヽ-、::: |::::::| |
         _z‐ァ}   /¨iー―-ュ   |::::::: 〉::|ニ{_ヽ /_}ニ、:!::::イ,ノ
       // |  __ / ヽ........../:ヽ ..|::|::/ニl:|ニニ{ ,介 |ニニ}::/リ
      人..⌒> .「  ,イへ___>./!.!..l ..|::|:{ニニリニニⅥ: }/ニニ/ニ!
      |....\..\|/,_」 /....../......!.!..| /イ::|ニニニニニ∨ニニニニ}」
渋谷 凛 「ニュージェネレーションズの未来は明るい」
小早川紗枝 「周子はんの実家で売ろう>白長饅頭」
渋谷 凛 「http://alicegame.dip.jp/sanae/info/shared_room.php



          / ̄ ̄\
        /  「   ヽ
        |   (●)(●)i   村に入る時はテンプレを見て、内容が理解できればOK
        |      |   |
        |    __´_ |   アイマス村の外にもアイマスの魅力を広めていいのよ?
        |    `ー'´ }
        ヽ        }   ___________
         ヽ     ノ    | |             |
     ___/.    く    | |             |
     | | /  .,      ヽ   | |             |
     | | /  /       |  | |             |
     | | |  丶nnn   ¦  |_|___________|
      ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_」
渋谷 凛
          / ̄ ̄\
        /     「\
        |      ( ●)
        |        |   (なお、未だに「やらない夫」と間違われる模様)
        |      _´
        |      `ー    (知名度……)
        ヽ        }   ___________
         ヽ     ノ    | |             |
     ___/.    く    | |             |
     | | /  .,      ヽ   | |             |
     | | /  /       |  | |             |
     | | |  丶nnn   ¦  |_|___________|
      ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_」
小早川紗枝 「梨沙はんは他に好きなことってあります?」
的場梨沙 「好きなこと?」
小早川紗枝 「何でもええよ。そしてそれを上手くなろうと思った時にどうした?>梨沙はん」
的場梨沙 「只管経験! だからいっぱい参加してる」
由嶺名居 天子 「他人の意見に耳を傾けて、参考に出来るところはして、無理そうなら頭の片隅。それを繰り返せば、自然と体が覚える >梨沙」
小早川紗枝 「そっか。
だったら後は参加して感じたことを大切に積み重ねればええよ
わからんことは聞けばいいし今日みたいにすごく引っ張ってくれる人がいるならその人の真似事から始めてもいいし」
由嶺名居 天子 「私はその場その場で色々考えられないから、脊髄反射安定」
渋谷 凛 「 |
 | ̄ ̄\
 |  「   \
 | ( ●)(●)   (聞いたりするのもええんやで……)
 |    | |
 |   __´_ノ    (英語で言うと実践・アンド・エラー)
 |   `ー'´}
 |      }
 |     ノ
 |    ヽ
(⌒ー─' )」
由嶺名居 天子 「とにかく皆に意見や疑問を投げかければ優しい人が答えてくれる」
小早川紗枝 「一人でやる遊びと違うからね
いろんな人がいる。そこからどれだけ盗みだそうとできるかどすえ?」
的場梨沙 「うん、じゃあちょっと聞いてみようかな。ちょっとお時間まだ大丈夫かしら」
渋谷 凛 「|                     ≡三| ̄ ̄\
 |                  ___   ̄ ̄ ̄
 |              ≡三 | 「   \
 |          _____  ̄ ̄ ̄ ̄
 |____ ≡三| ( ●)(●)|
 |    |  |      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |   __´_ノ
 |   `ー'´}
 |       }
 |    ノ
 |    ヽ
(⌒ー─' )」
由嶺名居 天子 「もう笑わない・・・笑わないわ・・・w」
小早川紗枝 「たまに怖いお兄さんお姉さんにこっぴどくいじめられるかもだけど
そこでぷっつんってならなければいくらでも強くなれる」
由嶺名居 天子 「この鯖の人たちは皆優しい印象」
小早川紗枝 「饅頭切り分けてもろうてるだけやってあれは>天子はん」
由嶺名居 天子 「的場さん、質問どうぞ」
渋谷 凛 「渋谷さんの格好をして格好悪いことをしたら渋谷さんのイメージが悪くなるからな……
クールビューティーのイメージを崩さないために努力しているのよ、これでも」
的場梨沙 「狩人騙りも考えてたんだけど、いまいち日誌の書き方わからないのよね」
的場梨沙 「初日
無理よ。

二日目桃子
霊脳を守らない理由はないかなって感じよ。
なので、此処守り。

3日目 桃子
共有噛みねぇ。
そこで灰を狙う理由がないって事は、占いは狼ってことかしら。
霊脳は真を見て、此処を守るよ。

4日目 桃子
楓さん噛み。うーん、占いの白噛み?
占いから○貰ったけどいまいち信用しきれないのよね。
とはいえ、何処も怪しい位置で、共有か。霊脳。
まあ、霊脳かな。

5日目 桃子
発言が強い赤馬狙ってたのね。
意外とはいえ、まあ頼れる人だったし痛いのよね。
私がかまれないのも不思議だけど、此処で占いの色を見ないのはよくない。
霊脳継続。


6日目 桃子
占い黒。まあ、予想したけど。
狐告発、最後の狼って事で、釣れば終わり。
これで結果でるなら、次は共有かな。」
由嶺名居 天子 「>できない夫
キャラ崩壊まっしぐらな天人も見習って欲しいわね」
的場梨沙 「一応、今日はこんな感じ」
小早川紗枝 「(遺言さえまともならいつでもくーるびゅーてぃーなんやけどなあ…)」
由嶺名居 天子 「【1日目】 護衛:なし 死体:第一犠牲者
理由:ふぅ、今日もいい天気♪

【2日目】 護衛: 死体:
理由:

【3日目】 護衛: 死体:
理由:

【4日目】 護衛: 死体:
理由:

【5日目】 護衛: 死体:
理由:

【6日目】 護衛: 死体:
理由:

【7日目】 護衛: 死体:
理由:

【8日目】 護衛: 死体:
由嶺名居 天子 「参考がてら。ここに、護衛成功なら「護衛成功」って入れるようにしてる」
小早川紗枝 「「いつ」「誰を」「なぜ」

がちゃんと分かるように書かれてれば慌てて書いたように見えへん限りは心配することあらへんで>梨沙はん
渋谷 凛 「http://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/index.php?%BC%ED%BF%CD#BGD301

 |
 | ̄ ̄\
 |    「 \
 |    (●)
 |       |    (隙あらばwikiをねじ込んで行くスタイル)
 |     __´ノ
 |    `ー
 |       }     必要な情報(『護衛先』・『護衛成功の有無』・『護衛した理由』が記載されていればいいのよ
 |     ノ
 |    ヽ
(⌒ー─' )」
由嶺名居 天子 「普段の私よりもしっかりした理由書いてらっしゃる・・・」
的場梨沙 「なるほどー。ありがとう」
渋谷 凛 「自分が日記を読む側の立場になるとモアベター」
的場梨沙 「ユエルが出てきたし、あえて騙る必要性ないから、もう素直に潜伏勝ちを狙う幹事でした」
小早川紗枝 「理由サボっていいのは初手呪殺があって占いずっと護衛してましたって時ぐらいやからなあ

というかこれだけ書けてればとりあえず合格じゃないんどす?」
渋谷 凛 「長過ぎる日記は内容を理解するのにも時間がかかるしな
あと見た目が美しくない




2夜 護衛:桃子
㍑㌘㌧㌦㌫㌻㌣㍑㌧㍍㍑㌍㌻㍉㍊㌦㍑㌢㌔㌦㌫㌻㌍㍑㌶㌃㌧㌘㌢㌔㌦㌍㌻㌣㍑㌔㌦㌍
㍑㌶㌔㍍㌃㌶㌣㌻㌻㌣㌍㌘㌘㌻㍍㍊㌻㌻㍉㌣㌶㍍㌔㌔㌻㍉㍍㌔㍗㍍㌢㌔㍑㌶㌔㌍㍑㌔
㍉㌣㌦㍑㌃㌧㌘㌶㍗㌣㌫㌔㌘㍑㌘㌧㌦㌫㌻㌣㍑㌧㍍㍑㌍㌻㍉㍊㌦㍑㌢㌔㍉㍊㌔㌦㌦㍑
㌦㌫㌻㌣㍑㌧㍍㍑㌍㌻㍍㌔㌶ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\㍑㌢㌔㍉㍊㌦㍑㍑㌢㌔㍉㍊㌦㍑㍍
\ ㍍㍑㌍㌻㍉㍊㌦㍑㌍㌻㌶. |  3行でまとめろ  |㌔㍗㍍㌢㌔㍑㌶㌔㌍㍑㌔㍗㍑ /
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\_______/ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                           ∨      (゚д゚ )
                          <⌒/ヽ-、__ノヽノ |
                        /<_/____/ < <」
小早川紗枝 「まあ狩人騙りは保険みたいなもんやさかい
ないよりはあったほうが何か使えるかもという感じのね」
的場梨沙 「了解ありがとう。」
小早川紗枝 「昔なあ…4-1で占い潰す進行になったからという理由で共有はんにべったり付いた狩人はんがおってな…

あの時の日記はひどかった」
由嶺名居 天子 「>できない凛
日本語でおk」
渋谷 凛 「そうそう。自分の参加したログを見るのが一番だけれど
他人のログや、物語で見るのもいいものよ


yaruo.wikia.com/wiki/汝は人狼なりや%3F

 |
 | ̄ ̄\
 |    「 \
 |    (●)
 |       |    (隙あらばやる夫スレをねじ込んで行くスタイル)
 |     __´ノ
 |    `ー
 |       }
 |     ノ
 |    ヽ
(⌒ー─' )」
渋谷 凛 「ジュワ! ジュワワワ! ヘアーッ!>天子」
的場梨沙 「ありがとー! 色々学んでみるわね。それじゃ、アタシもねるわ。おやすみなさい」
由嶺名居 天子 「個人的にはログより動画のほうが理解し易い」
由嶺名居 天子 「>できない凛
ここではリントの言葉で話せ」
渋谷 凛 「俺達はAAとスレを読んでくれる人がいなくなると死ぬからな……」
由嶺名居 天子 「おやすみー、また遊びましょう >的場」
由嶺名居 天子 「単純に楽しみながらログ見るのも好きよ」
小早川紗枝 「よく職工とかだと「師匠の技を盗め」なんてことがあったりするけど
実際うちらも上手い人や強い人からあれこれ吸収してこうやって今みんなの目の前に立ちはだかっとるという感じかなあ」
小早川紗枝 「おやすみー>梨沙はん」
渋谷 凛
          / ̄ ̄\
        /   「  \    ゾグガザ オユッグリデキバギジンソグアタリババ
        |   ( ●)(●)   (動画だと「ゆっくりできない人狼」シリーズは好きだな)
        |      | |  
        |     __´_ノ
        |     `ー'´}
        ヽ        }   ___________
         ヽ     ノ    | |             |
     ___/.    く    | |             |
     | | /  .,      ヽ   | |             |
     | | /  /       |  | |             |
     | | |  丶nnn   ¦  |_|___________|
      ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_
由嶺名居 天子 「ついでに言うと、私まだバリバリの初心者枠だからそんなに偉そうなこといえないのよね・・・」
由嶺名居 天子 「見てるわよそれ >ゆっくりできない人狼」
由嶺名居 天子 「「焼き払うべき村」でよく検索かけて動画探してる」
渋谷 凛
          / ̄ ̄\
        /  「   ヽ
        |   (●)(●)i
        |      |   |  100回吊られるまではみんな初心者よ>天子
        |    __´_ |
        |    `ー'´ }   1000回吊られたら経験者を名乗っていいわ
        ヽ        }   ___________
         ヽ     ノ    | |             |
     ___/.    く    | |             |
     | | /  .,      ヽ   | |             |
     | | /  /       |  | |             |
     | | |  丶nnn   ¦  |_|___________|
      ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_」
由嶺名居 天子 「吊られはするけど噛まれないんですよ・・・」
渋谷 凛 「8000回過ぎた頃からもっと恋しくなる
1億と2千回経ってもあ・い・し・て・るゥ~」
小早川紗枝 「同じ村で戦ったという事実の前には初心者も修羅も関係あらへんよ
気づいたことや伝えたいことはどんどん言ってほしい>天子はん」
由嶺名居 天子 「他の鯖でやると人外率高いし、ここだと噛まれないで残されるし・・・」
渋谷 凛 「噛まれたかったら体中にハチミツを塗って夜通し立っていればいいのよ
10回に1回は噛まれるわ」
由嶺名居 天子 「誰か私を噛んでください。今年に入って一度も噛まれてないんです」
由嶺名居 天子 「この前それやったら巫女に舐められたわ >凛」
小早川紗枝 「それな、狼側の都合もあるから噛まれないことだけをもって悩むのはちょっと違うかな」
由嶺名居 天子 「ちなみに今の目標は、2日目開始時に溶ける狐に出会うことです」
小早川紗枝 「うちもな、最後まで残されて吊られてばかりの繰り返しに悩んでた時期があってな
その時教えてもらった言葉があるんやけど」
由嶺名居 天子 「人外大好きオーラが出ていると勝手に解釈してる >紗枝」
由嶺名居 天子 「どんな言葉ですか?」
渋谷 凛 「噛まれたものは、村人としての務めを果たせたことを誇ればいい>天子

だけど噛まれなかった者は、噛まれた者や吊られた者が辿りつけなかった明日を頑張ればいいのよ
その3日目は、誰かが生きようとしても生きられなかった3日目なのだから」
由嶺名居 天子 「深いなぁ・・・ >凛さん」
小早川紗枝 「噛まれる村人になるよりも最終日に生きて狼を殴り倒せる村人になれ」
渋谷 凛 「その時小早川に言ったのが


 \                    /
   \  丶       i.   |      /     ./       /
    \  ヽ     i.   .|     /    /      /
      \  ヽ    i  |     /   /     /
   \
                                  -‐
  ー
 __           わ た し で す           --
     二          / ̄\           = 二
   ̄.            | ^o^ |                 ̄
    -‐           \_/                ‐-

    /
            /               ヽ      \
    /                    丶     \
   /   /    /      |   i,      丶     \
 /    /    /       |    i,      丶     \」
由嶺名居 天子 「なるほど、いい言葉ですねそれ >紗枝」
高峯のあ 「…霊界で勉強するとか、通説あるけど
…結局は最終日まで生き残るのが一番力になるのよ」
小早川紗枝 「ああこれやこれ。海老沢はんって人の名言集の一つらしい。

http://ebsw.blog84.fc2.com/blog-entry-332.html」
渋谷 凛 「     *      *
  *     +  うそです
     n ∧_∧ n
 + (ヨ(* ´∀`)E)
      Y     Y    * 」
小早川紗枝 「スネークはんからもろたんやけどこれ>凛はん」
由嶺名居 天子 「え、そうなの? >紗枝」
由嶺名居 天子 「間違えた、>凛」
由嶺名居 天子 「貴様ぁぁぁぁぁぁ!私の驚きを返せ!! >できない凛」
高峯のあ 「…皆、生き汚く生きていきましょ…zzz…」
渋谷 凛 「俺が何を言ったか自分で覚えているわけがないだろう!>天子
その場その場で適当なことしか言ってないんだから!」
小早川紗枝 「諦めとき。できない夫はんはこういう性格やさかい>天子はん」
渋谷 凛 「そんな、褒めても何も出ぇへんよ……?///>小早川」
小早川紗枝 「さらっとのあはんが真理を突き抜けて行きよった…」
渋谷 凛 「噛まれる狐は格が違った」
小早川紗枝 「死んでしまっては何もできへんからね
生きてるこの瞬間にどれだけやりきれるか。それでも及ばんときは潔く負けを認めよか」
由嶺名居 天子 「さて、そろそろ本当に寝ないと母が部屋に来る。では、またいずれ」
渋谷 凛
    / ̄ ̄\
  /   「  \  ホジホジ
  |   ( ●)(●)
  |      _|  |     そもそも村に来る理由の半分は
  |    mj |_ノ     自分の好きなキャラをアッピルするためだしなぁ
  |   〈__ノー'}
.  ヽ  ノ  /  }      今回は島村がいたからこのチョイスだけど、あとスレでしぶりん使いたいし

由嶺名居 天子 「って思ったけど、もうちょっと居るわ」
小早川紗枝 「あのエミネムはんも言うとるしな。「最後まで立ち上がっていたんが正義や」って。」
渋谷 凛

    / ̄ ̄\ ´-
  /   「  \`
  |   (●)(●)    なのでみんなもっと好きなアイドルの色んな魅力をアピールしてくれると嬉しい
  |       | |
  |     __´_ノ
  |     `ー'´}
  ヽ   .   }
.    mj~i
   〈__ノ
   ノ   ノ

            / ̄ ̄\
          /  「   \     ここはアイマス村なのだから
          |   ( ●)(●)
         _|__     | |
       /   \   __´_ノ
 /⌒⌒⌒/ ..:::::::::::.. ヽ `ー'´}
 |  |  | { .::::::●:::::  }    }
 |  |  |  \ ::::::::::::::/
 ヽ ヽ ヽ   `ー一'´」
渋谷 凛 「最後にこの言葉を贈ろう

睡眠は心と身体の栄養です。いいね?>天子」
小早川紗枝 「(アカンこのシミ何度拭いてもとれへん…)」
渋谷 凛 「俺はこれから幸子とオーロラを見る系の仕事があるから、これにて(ダッ」
小早川紗枝 「幸子はんにも言ったことやけどほんま現実は大事にしてな?」
由嶺名居 天子 「昨日みた某リプレイ動画で、「プレイヤー全員が自陣営のために動いていることは承知の上だから、お互いのことを尊重してやっている」みたいなこと言ってて、かなり感銘受けた」
由嶺名居 天子 「大丈夫!普段は寝るの2時ぐらいだし、明日の朝は予定ないし >紗枝、凛」
小早川紗枝 「もにたあの前で事切れてしまわれては悲しいからな
元気に殴りあうためにウチラは集まっとるんやって」
由嶺名居 天子 「まぁ、今日は二人の心配を受け取ってもう寝るわ。おやすみー」
小早川紗枝 「体育の授業でドッジボールやるとして
相手を怪我させようと変化球投げる人はおらへんのと一緒」
由嶺名居 天子 「zzz」
由嶺名居 天子 「はーい…zzz」
小早川紗枝 「お開きかな。ほんまいい子ばかり集まりよってからに……
うちも負けてられんわな。今日は負けたけど。」
小早川紗枝 「ほな皆さん長丁場おつかれさんどした。またどっかであった時はよろしゅうな」
渋谷 凛 「|
 | ̄ ̄\
 |  「   \
 | ( ●)(●)
 |    | |
 |   __´_ノ    それにしても輿水め
 |   `ー'´}
 |      }    えらい厄介な村人ポジになりやがって……恐ろしい子!
 |     ノ
 |    ヽ
(⌒ー─' )」
渋谷 凛 「| 彡
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |」